慰安婦問題について、いろんな報道: ファルージャ奪還「完了」イラク軍発表、戦闘継続も。 イラク、ファルージャ中心部を奪還=ISに打撃-イラク治安部隊。ファルージャ奪還作戦、ISISの抵抗で激戦に。その他関連。

Translate

2016年6月26日日曜日

ファルージャ奪還「完了」イラク軍発表、戦闘継続も。 イラク、ファルージャ中心部を奪還=ISに打撃-イラク治安部隊。ファルージャ奪還作戦、ISISの抵抗で激戦に。その他関連。

25日、イラク・ファルージャで作戦に従事するイラク軍側の車両(ロイター)
16日、イラク中部ファルージャに展開するイラク治安部隊(AFP=時事)
ファルージャ中心部で、笑顔でVサインを示すイラク兵=17日(ロイター)

ファルージャ奪還「完了」 イラク軍発表、戦闘継続も
2016.6.26 22:43 産経フォトニュース
【カイロ共同】イラク軍は26日、
過激派組織「イスラム国」(IS)が支配していた
中部の要衝ファルージャの奪還を完了したと発表した。
事実であれば、対IS作戦で大きな成果。
ただISはイラク西部から北部にかけて
広大な地域で活動を続けており、
ファルージャを含む
西部アンバル州でのISとの戦闘は当面継続しそうだ。

 奪還作戦にはイスラム教シーア派の民兵組織も加わり、
米軍などが空爆支援した。
イラク軍高官は26日、国営テレビで、
ファルージャの全域を制圧したと述べ
「戦闘は完了した」と語った。
 国連によると、
5月下旬に開始されたファルージャ奪還作戦に伴い、
8万5千人以上の住民らが避難を強いられた。

ファルージャ中心部を奪還=ISに打撃-イラク治安部隊
【カイロ時事】イラク治安部隊は
17日、首都バグダッド西方にあるファルージャ中心部の
行政庁舎が集まる区画を
過激派組織「イスラム国」(IS)から奪還した。
イラクとシリアで劣勢が続くISにとって、大打撃となる。
 連邦警察のジャウダト長官はAFP通信に「区画の解放は、
国家の支配権回復の象徴だ」と語った。
中心部進撃の際、
ISが強く応戦することはなかったという。
 治安部隊は、米軍主導の有志連合の支援を受け、
5月下旬にファルージャ奪還作戦を開始した。
ISが交戦から逃れようとする住民の動きを封じて
「人間の盾」にするなどしたため、慎重に作戦を進めていた。
 ファルージャは2014年1月からISに支配され、
バグダッド一帯で繰り返されるテロや
襲撃作戦の出撃拠点になっていた。
治安回復を目指すイラク政府にとって、制圧は大きな戦果だ。


2016.6.17 19:40 【イスラム国(IS)】産経ニュース
イラク軍が要衝ファルージャ中心部を奪還
【カイロ=大内清】イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」
(IS)に対する軍事作戦を展開するイラク軍は
17日、西部アンバール県の要衝ファルージャ中心部の
政府庁舎をISから奪還したと発表した。
IS側は戦闘員の大部分を
ファルージャ市外に退却させたとみられる。
 イラク軍がファルージャ全域を奪還すれば、
ISの最重要拠点である北部モスル攻略に向けた
大きな弾みとなる。ただ、ファルージャでは
シーア派主導の中央政府に不満を持つ
スンニ派部族の影響も大きく、
完全な平定にはなおも時間がかかると予想される。
 イラク軍は5月、シーア派民兵や
親政府的なスンニ派民兵と連携し、
ァルージャ奪還作戦を開始。
IS側はこれに抵抗する一方、
戦闘から逃れる避難民にまぎれ込ませる形で
戦闘員の脱出も進めていた。
イラク軍によれば、政府庁舎周辺での戦闘で
IS側から大きな抵抗はなかったという。
 ISをめぐっては隣国シリアでも5月以降、
ロシア軍を後ろ盾とするアサド政権軍や、
米軍主導の有志連合からの支援を受ける
少数民族クルド人勢力などが、
北部のIS拠点ラッカへ向けて大規模な軍事作戦を展開。
これによりISは、イラク、シリアにまたがって広げてきた
支配地域の維持が難しくなってきていると指摘されている。
【イスラム国(IS)】ヤジド派への「ジェノサイド」認定
4人死亡か 「これまでで最も深刻な失敗」
【イスラム国(IS)】拠点港をISから奪還 リビア中部で政府勢力
【イスラム国(IS)】産油量が激減 報酬半額で戦闘員の離反続出

イラク軍がファルージャの奪還に向けて軍事作戦を実施=イラク国防軍

(CNN) イラク軍が中部ファルージャの奪還に向けて
開始した作戦は31日、過激派組織
「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が同市南郊で激しく抵抗し、
死者が出る激戦となった。
イラク軍幹部が匿名でCNNに語ったところによると、
軍の部隊は夜明けとともに同市へ突入する計画だった。
これに対してISISの戦闘員は車を使った自爆やロケット弾、
狙撃銃などで反撃した。
同幹部はイラク側に死者が出たと述べたが、
具体的な人数は明かさなかった。
激戦の現場となったのは、ファルージャ南方で
イラク軍とISISを隔てる
最後の一線となっていた農村ヌアイミヤだった。
ISIS側は、イラク軍がファルージャ南部へ攻め込むのを
阻止したと主張。兵士少なくとも25人を殺害し、
軍車両6台を破壊したとしているが、
CNNは真偽を確認できていない。
イラク軍のマリキ大将は30日、国防省が公開したビデオを通し、

軍がファルージャを包囲したと発表。
軍部隊はイラク空軍と有志連合の上空援護を受け、
同市中心部へ攻め込む段階に入ると宣言していた。
これにともない、市民が戦闘に巻き込まれる危険性も増大している。
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の報道官によると、
市中心部ではISISが数百世帯の住民を
「人間の盾」にしているとの情報もある。
UNHCRにはまた、
激しい砲撃で住民が死亡したという報告も入っている。
UNHCRによると、奪還作戦が始まってからの1週間で
600世帯余り、約3700人の住民が退避したものの、
市内に残る推定5万人が危険にさらされている模様だ。
イラクではファルージャと北部モスルの2都市が
※本信の原文は、
でご覧いただけます。

【2016年6月1日 バグダッド(イラク)発】
イラク中部の都市ファルージャなどで
戦闘が激化していることを受け、現地で活動する
ユニセフ(国連児童基金)・イラク事務所代表の
ピーター・ホーキンスは以下の声明を発表しました。
* * *
ユニセフは、ファルージャをはじめ
イラク国内全土で暴力が激化するなか、
極度の、そして増大する危険に直面している
子どもたちの保護について懸念しています。
首都バグダッドから西に60キロにある町、
ファルージャにおける軍事作戦の開始以来、
町から避難できた家族はほとんどいません。
大半の家族が2つのキャンプに移動し、
その他の家族は身内や親せきの家に避難しています。
町には少なくとも2万人の子どもたちが取り残されていると
ユニセフは推定しています。
報告によると、食糧や医薬品は底を尽きかけており、
きれいな水も不足しています。
子どもたちは、戦闘のための強制的な徴用、
厳重な保安検査、家族との別離のリスクに直面しています。
徴用された子どもたちは、武器を持ち、
おとなの戦争に参加して闘うことを強要される中で、
自分の生活や未来が脅威にさらされる経験をします。
ユニセフはすべての当事者に向けて、
ファルージャに取り残された子どもたちを守り、
町からの避難を願う人々に安全な経路を提供し、
避難している人々に
安全で守られた環境を提供するよう求めます。
* * *
■ご参考:イラク・アンバール県に関するデータ
 (2016年5月31日 ユニセフ・イラク事務所発)
今年3月以来、アンバール県で
避難を余儀なくされた人々:6万人
(うち約半数が18歳未満の子ども)
アンバール県で実施中の軍事作戦により、
現在も避難生活を送っている人々:推定3万人
5月20日以来、ラマディ地区とファルージャ地区で
避難している人々:推定1万人
ファルージャ市内に取り残されている人々:推定5万人
5月にアンバール県で実施された
即応ミッションを通じて支援を受けた人々:3万6,638人
さらに詳しい情報は、下記、
ユニセフ・イラク事務所発の最新報告書をご覧ください。
http://uni.cf/1TWuVsH
* * *
■ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、
すべての子どもの権利と健やかな成長を促進するために
活動する国連機関です。現在190の国と地域※で、
多くのパートナーと協力し、その理念を様々な形で
具体的な行動に移しています。
特に、最も困難な立場にある子どもたちへの支援に
重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、
すべての子どもたちのために活動しています。
http://www.unicef.org/
※ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する
34の国と地域を含みます
※ユニセフの活動資金は、すべて個人や
企業・団体からの募金や
各国政府からの任意拠出金で支えられています

■日本ユニセフ協会について
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、
先進工業国34の国と地域にあるユニセフ国内委員会のひとつで、
日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、
ユニセフ活動の
広報、募金活動、政策提言(アドボカシー)を担っています。
ISからファルージャ奪還に大攻勢 イラク政府軍
BBC News Japan 2016/05/31
イラク軍、IS支配のファルージャに進攻
Iraq forces push into streets of IS-held Fallujah


ファルージャ解放に向け、イラク軍が数日中に作戦を開始すると明言

イラクのアバディ首相は、首都バグダッドの西で、
過激派組織IS=イスラミックステートが2年以上にわたって
支配を続けるファルージャを奪還するための軍事作戦の開始を宣言し、
イラク政府軍は、住民が避難する経路を確保しながら
慎重に作戦を進めるものとみられます。
イラクの首都バグダッドから西におよそ50キロ離れたファルージャは、
イスラム教スンニ派の住民が多い地域で、過激派組織ISは
国家の樹立を一方的に宣言する前のおととし1月から、
2年以上にわたって支配下に置いています。


アバディ首相は現地時間22日の夜、
イラク政府軍の司令官らと共にテレビで演説を行い、
「ISに対して大きな勝利を収めるときが来た」と述べて、
ファルージャ奪還に向けた軍事作戦の開始を宣言しました。
作戦には、イスラム教シーア派の民兵や
地元のスンニ派のグループなども加わるということで、
これに先だってイラク政府軍は、ファルージャの住民に対し、
ISの戦闘員と区別できるよう白い服を身につけ
避難の指示に従うよう伝えています。
しかし、ISはこれまで住民を厳しく監視して、
いわゆる「人間の盾」として利用してきたうえ、
戦闘の過程で住民を殺害する可能性も指摘されています。
住民を巻き込まない形で街を制圧することは容易ではないとみられ、
イラク政府軍は、住民が避難する経路を確保しながら
慎重に作戦を進めるものとみられます。


イラク、ファルージャ解放作戦開始を宣言 住民に退避要請
2016.05.23 Mon posted at 09:06 JS CNNニュース
(CNN) イラクのアバディ首相は23日未明、
過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」に支配されている
中部ファルージャの解放作戦を開始すると宣言した。
首都バグダッド市内にある統合作戦司令部から
国営テレビの生放送を通して発表し、
治安部隊が住民を安全に退避させると述べた。
イラク軍報道官は22日のテレビ番組で
「ファルージャの解放作戦が数日中に始まる」と述べ、
住民に安全な退避路へ向かうよう呼び掛けていた。
統合作戦司令部によると、
市内には通行証となるビラ数千枚が空からまかれた。
ファルージャは

イスラム教スンニ派が多数を占めるアンバル州に位置し、
イラク戦争でも2回にわたり激しい戦闘の舞台となった。
2014年1月からISISに支配されている。
国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」は先月、
ファルージャで民間人がISISに退避を阻止され、
占領の長期化による食料不足や
物価高騰で飢えに苦しんでいると警告していた。
イラク治安部隊とシーア派民兵の統合組織
「人民武装軍団(PMU)」は21日、
30世帯の住民を無事に退避させたという。
市外へ逃れられない住民には、
自宅に白旗を掲げるよう指示が出された。
軍は避難を希望する世帯に対し、緊急回線で
電話または文字メッセージを送るよう呼び掛けている。
図で見る「世界に広がるISISの脅威」


12月27日、イラク軍は、中西部アンバル州の州都ラマディで
過激派組織「イスラム国」との戦いに勝利した、と宣言した。
ラマディは、首都バグダッドの西方に位置する要衝で、
イスラム国が5月に支配下に置いた。
写真はイラク国旗を掲げる兵士(2015年 ロイター)

カーター米国防長官は28日、
イラク軍が過激派組織「イスラム国」(IS)に
支配されてきたイラク中部の要衝ラマディ解放を宣言したことについて、
IS掃討作戦における「重要な前進だ」と評価する声明を発表した。
 カーター氏は、米軍など
有志国連合の支援を受けたイラク治安部隊が、
IS撃退への「能力と意気込み」を示したと称賛。
地元の地上部隊を育成して
戦闘を担わせるオバマ政権の戦略は機能しているとの考えを示した。
その上で「ISとの戦いは終わりには程遠い」と指摘し、
米軍は支援を続けると強調した。
 カーター氏は今年5月にISがラマディを制圧した際、
「戦う意思を見せなかった」とイラク側を批判。
「われわれは訓練や装備は提供できるが、
やる気を与えることはできない」と苦言を呈していた。(共同)

U.S. supporting Iraqi fight to retake ISIS stronghold
CNN 2015/12/22 に公開

イラク軍が要衝ラマディに進攻、中心部奪還へ
2015.12.23 Wed posted at 09:44 JST CNN
(CNN) 過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が
支配しているイラク西部の要衝ラマディ中心部の奪還に向け、
イラク軍が22日、同市内に進攻した。
作戦完了までには2~3日かかる見通しだという。
イラク軍兵士とイスラム教シーア派民兵で構成する部隊が
22日午前、ユーフラテス川の支流を渡り、
ラマディ南東部の地区へ攻め込んだ。
イラクで昨年からISIS拠点を空爆している米軍主導の
有志連合が仮設の橋を建設し、上空から作戦を援護した。
有志連合の報道官を務める米軍大佐は
「この展開に勇気づけられている」と語る一方、
イラク軍がラマディを解放するには
しばらく時間がかかるとの見方を示した。

ラマディはイラクのスンニ派人口が集中するアンバル州の州都で、
バクダッドからの距離も約110キロと近いことから、
戦略的に重要な都市と位置付けられてきた。
5月に入り、激しい戦闘の末
ISISに制圧され、数万人の市民が避難した。
イラク軍が撤退した後、米国のカーター国防長官は
イラク軍部隊に「戦う意志」が欠けていたと批判し、
アバディ・イラク首相らの反発を招いていた。
カーター長官は10月、議会に対ISIS戦略を示した際に
3つの重点として、特殊部隊による急襲作戦、
ISISが「首都」と称する
シリア北部ラッカとともに、ラマディを挙げていた。

イラク軍当局者は、22日の作戦で
ISISの戦闘員少なくとも20人を殺害し、
車両十数台を破壊したと述べた。
イラク側の死者には言及しなかった。
イラク国防省の当局者2人が語ったところによると、
ISISは市民を「人間の盾」にしているため、
民間人の安全への懸念から
作戦の進展が遅れる可能性もあるという。
イラク軍は先月以来、ラマディ市民に進攻を予告し、
避難を呼び掛けるビラを散布していた。
しかし市民らは、ISISによる監視強化や
脅しのために「逃げ出すのが難しい」と訴えていた。
イラク軍は22日、西部アンバル県の主要都市ラマディの中心部を
過激派組織「イスラム国」から奪還するための作戦を始めた。
国営テレビなどが伝えた。
 ラマディは今年5月、「イスラム国」が制圧。
首都バグダッドとシリア国境を結ぶ要衝で、
奪還すれば「イスラム国」にとって大きな痛手となる。
過激派組織IS=イスラミックステートが支配してきた
イラク西部の拠点都市、ラマディ­の奪還作戦を続けるイラク政府軍は、
住民に対して72時間以内に避難するよう呼びかけ­ていて、
奪還作戦が近く重要な局面を迎えるのではないかという見方が出ています。
イラク西部、アンバール県の拠点都市ラマディは、
ことし5月以降、過激派組織ISの支­配下に置かれたあと、
イラク政府軍が奪還に向けて大規模な軍事作戦を行い、
これまでに­中心部を除く広い地域を奪還しました。
こうしたなか、イラク政府軍は20日、
ラマディ上空からビラをまいて住民に対して、
7­2時間以内に避難するよう呼びかけたと発表し、
奪還作戦が近く重要な局面を迎えるので­はないかという見方が出ています。
ラマディは、シリア国境から首都バグダッドに至る
幹線道路が通る戦略上の要衝で、イラ­ク政府軍が奪還できれば、
ISにとっては大きな打撃となります。
しかし、ISは中心部­で住民を人間の盾にして
立てこもっているとの情報もあり、
政府軍が完全に奪還できるか­どうかが大きな焦点になっています。
イラク・ラマディ、バグダッド、タカダム空軍基地

2015/06/11 10:39共同通信
【ワシントン共同】オバマ米大統領は、
過激派組織「イスラム国」が先月制圧した
イラク中西部アンバル州の州都ラマディの奪還に向け、
イラク治安部隊への作戦指導を強化するため、
最大450人の米兵をアンバル州に追加派兵することを承認した。
戦闘には従事しない。ホワイトハウスが10日、発表した。
 ラマディは首都バグダッドにも近い要衝。
米国とイラク政府は、当面の奪還目標を
北部の大都市モスルからラマディに変更、戦略修正を余儀なくされた。 
 国防総省によると、アンバル州のタカダム空軍基地に米軍拠点を設置。
イラクの米兵数は計3550人となる。 


西部アンバル州と首都バグダッド周辺地区を結ぶ橋


14日、イラク中西部ラマディで砂嵐の中、
過激派組織「イスラム国」の攻撃から
庁舎を守ろうと戦う治安部隊(AP)
過激派組織「イスラム国」は15日、
イラク中西部アンバル州の州都ラマディに進撃し、
地元政府庁舎を制圧して同組織の旗を掲げた。
ラマディ全域を制圧する勢いで、
イラク政府にとって大きな打撃。ロイター通信などが報じた。


2015年4月8日水曜日
... に出すべき情報では…米国防長官、米中央軍を批判。
モスル、メソポタミア文明の遺産を次々と破壊。
イラク軍、4月にもISIS主要拠点奪回へ 2万5千人投入。
「なぜ敵に軍事計画を教えたのか」
イラク北部モスル奪還予告を糾弾 マケイン氏。

2015年2月11日水曜日
【朗報】クルド人部隊、ショベルカーを改造した手作り戦車でISILを撃破!!


慰安婦問題について、いろんな報道: イスラム国、子供ら ...
2015年2月06日

30日にはこの近くで車を使った自爆テロがあり、
イラク軍兵士 少なくとも3人が死亡した。
米軍は30日もモスル近郊で空爆を実施し、 
ISの建物や車両を破壊したと発表した。
米軍がイラクで続けている空爆は、これまでに計115回に達した。

慰安婦問題について、いろんな報道: 日本人1人が中国軍艦船で ...
2015年4月07日
モスル、メソポタミア文明の遺 産を次々と破壊 黒服の男が
ハンマーや電気ドリルで粉々に 「イスラム国」が映像公開。
イラク軍、4月にもISIS主要拠点奪回へ 2万5千人投入。
「なぜ敵に軍事計画を教えたのか」 イラク北部モスル奪還予告を ...

慰安婦問題について、いろんな報道: イスラム過激派組織 ...
2015年2月01日
生来の決意作戦)により、イラク北部のモスルにて
死亡または負傷したとの報道がなされたが、11月13日に
イスラム国からバグダーディー本人による音声メッセージが公表され
生存が確認された。負傷後は、治療を受けるためシリアに移動したと ...

慰安婦問題について、いろんな報道: 「イスラム国」:交換目前で ...
2015年1月24日
声明は、期限を「1月29日の木曜日、
(イラク北部)モスル時間の日没. (日本時間の同日深夜)」、
場所を「トルコ国境」と指定している。
後藤さんらをめぐる殺害警告では、これまで起点をはっきりさせず
「72時間」「24時間」. といった期限が定め ...

0 件のコメント:

コメントを投稿