慰安婦問題について、いろんな報道: 【沖縄全戦没者追悼式】沖縄戦71年、恒久平和誓う 知事、米軍属事件に言及。「帰れ!」「本当にそう思っているのか」 今年も首相に罵声やヤジ。

Translate

2016年6月23日木曜日

【沖縄全戦没者追悼式】沖縄戦71年、恒久平和誓う 知事、米軍属事件に言及。「帰れ!」「本当にそう思っているのか」 今年も首相に罵声やヤジ。

「平和の礎」で刻まれた名前に触れる遺族
=23日午前、沖縄県糸満市の平和祈念公園
国立沖縄戦没者墓苑で献花に向かう安倍首相。
右奥は沖縄県の翁長雄志知事
=23日午前、沖縄県糸満市の平和祈念公園
沖縄全戦没者追悼式に参列するケネディ駐日米大使
=23日、沖縄県糸満市の平和祈念公園

(2016/06/23 11:52) テレ朝ニュース
平成28年 沖縄全戦没者追悼式 琉球新報

沖縄戦71年、恒久平和誓う
沖縄県は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦で
命を落とした20万人以上の
犠牲者を追悼する「慰霊の日」を迎えた。
71年前のこの日、
沖縄戦の組織的戦闘が終結したとされる。
最後の激戦地となった
同県糸満市摩文仁の平和祈念公園では、
恒久平和を誓う「沖縄全戦没者追悼式」が営まれた。
翁長雄志知事は平和宣言で、
元米海兵隊員の軍属が逮捕された
女性暴行殺害事件に言及、
米軍基地負担の軽減を求めた。

追悼式には遺族のほか
安倍晋三首相やケネディ駐日米大使らも出席した。
 平和宣言で翁長氏は「悲惨な戦争体験が、
平和を希求する沖縄の心の原点」と強調。
今回の事件を受け
「県民は大きな衝撃を受け、不安と強い憤りを感じている」
と指摘した。
戦後71年を経ても沖縄に広大な米軍基地が存在するとして、
在日米軍の法的地位を定める日米地位協定の
抜本的見直しとともに
「海兵隊の削減を含む米軍基地の整理縮小」
の実現を要求した。
 翁長氏の後にあいさつした首相は
「卑劣極まりない凶悪な事件。非常に強い憤りを覚える」と表明。
「米国とは地位協定上の軍属の扱いの見直しを行うことで合意し、
詰めの交渉を行っている」とした。
 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を
「唯一の解決策」とする政府の姿勢を翁長氏が
「到底許容できるものではない」と批判したのに対し、
首相は言及しなかった。

沖縄県糸満市の平和祈念公園で23日に開かれた
沖縄全戦没者追悼式では、出席した安倍晋三首相に対し、
先の大戦末期の沖縄戦で亡くなった
戦没者への「慰霊」とは全く関係のない罵声が飛び交った。
 首相はあいさつで、沖縄県にある米軍基地の
負担軽減に引き続き取り組む考えを示したが、
会場内から「本当にそう思っているのか」とヤジが飛び、
首相があいさつを終えると、
「帰れ!」との怒鳴り声もあった。
また、沖縄県うるま市の女性会社員が元米兵に暴行、
殺害された事件に言及した際には、
「お前がやったんだろ」と意味不明な罵声も飛んだ。
 しかし、こうした怒声は数回あっただけで、
首相があいさつを終えて退く際には
少なくない拍手が送られた。
前回平成27年の追悼式でも、
「さっさと帰れ」「嘘を言うな」などの罵声が上がった。
翁長知事やシールズも登場 「反政権」「反米」色濃く

6月23日は71年前の沖縄戦が
終結したとされる日です。
 (久田友也記者報告)
 23日午前に式典が始まった平和祈念公園です。
沖縄県糸満市は71年前、多くの県民が命を落とした
沖縄戦最後の激戦地でした。
戦没者24万人余りの名前を刻む平和の礎には
朝早くから、手を合わせる遺族らの姿がありました。
 平和の礎を訪れた人:
「水もなくて食べるものもなくて、今の若い方は幸せ」
「(曽祖父母は)南部で逃げながら
どこで亡くなったかも分からない。お骨も、もちろんない」
 平和の礎の前で取材をしますと、
「拾われなかった遺骨の上に街ができ、
私たちは平和に生活させてもらっている」という
遺族の言葉が印象的でした。
この後、式典では翁長知事が「平和宣言」で
元海兵隊員が女性を殺害したとされる事件にも触れ、

0 件のコメント:

コメントを投稿