慰安婦問題について、いろんな報道: 【東京都知事選挙】在特会の桜井誠前会長が出馬表明 「トランプに負けぬナショナリズムを」 パチンコ規制も主張。桜井誠氏 出馬表明会見。香山リカ氏 反天連のカウンター街宣に遭遇し「悔しい」と被害者になったそうです・・・。反日の大江健三郎氏「米演説は露骨なウソ」と総理を呼び捨てにして罵倒。韓国中央日報記事他、関連。

Translate

2016年6月29日水曜日

【東京都知事選挙】在特会の桜井誠前会長が出馬表明 「トランプに負けぬナショナリズムを」 パチンコ規制も主張。桜井誠氏 出馬表明会見。香山リカ氏 反天連のカウンター街宣に遭遇し「悔しい」と被害者になったそうです・・・。反日の大江健三郎氏「米演説は露骨なウソ」と総理を呼び捨てにして罵倒。韓国中央日報記事他、関連。

【東京都知事選挙】桜井誠氏 出馬表明会見
NIPPON CHANNEL03 2016/06/28 に公開 2016/06/29(水) 13:00

2016.6.29 16:42 2 【東京都知事選】産経ニュース
舛添要一前知事の辞職に伴う都知事選
(7月14日告示、31日投開票)で、
「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の前会長、
桜井誠氏(44)が29日、都庁で記者会見し、
無所属で立候補することを表明した。
桜井氏は
「米国のトランプ氏に負けないナショナリズムを掲げる」
と訴えた。

 桜井氏は7つの公約として、
都内在住の外国人への生活保護費支給を停止し、
受給者を日本国民に限定する▽都内の不法残留者を
4年間で半減させる▽日本人に対して行われる
反日ヘイトスピーチ禁止条例の制定-などを表明。
舛添氏が進めていた韓国人学校の増設については
「中止」し、代わりに保育所を建設して
待機児童ゼロを目指すとした。
 また、パチンコに対しては「違法賭博」と断じ、
営業時間の短縮や
新規出店を認めないなどの対策を講じると主張。
ギャンブル依存症の患者には心療内科などを受診させ、
社会復帰をサポートするとした。
桜井氏は「今の日本は間違った方向に進んでいる。
日本に対して牙をむくような民族がいれば
断固として処断する。
国民、都民のために
戦う知事が一人くらいいてもいい」と述べた。
 桜井氏は平成18年12月に結成された在特会の会長を務めた。
26年にはデモで民族差別をあおるヘイトスピーチ問題をめぐり、
橋下徹大阪市長(当時)と面談。激しい言葉で応酬した面談は
わずか10分弱で終わった。
同年、会長退任と在特会からの退会を明らかにした。


時事通信 (2016/06/29-15:38)
 舛添要一前東京都知事の辞職に伴う都知事選
(7月14日告示、同31日投開票)で、
「在日特権を許さない市民の会(在特会)」の元会長、
桜井誠氏(44)が29日都庁で記者会見し、
無所属で立候補する意向を表明した。
舛添前知事が進めていた
韓国人学校への都有地の貸し出し中止などを訴えるという。 

聞いただけを要約(間違いがあるかもしれない)

・桝添批判
・自公批判、安倍・山口の名をあげて
・選んだ都民批判

7つの公約
1.生活保護は日本人だけ。外国人の生活保護を停止
2.不法残留者を4年で半減
3.反日ヘイトスピーチの禁止、一条校の学校であっても監視していく
4.総連、民連への課税強化
5.パチンコは違法賭博、営業店の時間短縮、新規出店の抑制
6.韓国学校建設の中止→待機児童0
7.コンパクト五輪

Q.ペンネーム ※朝日新聞社記者より
A.不破はPN、不破に聞け


■Q.ヘイト問題
ヘイトしたとは思っていない
反日教育している方が悪い

■Q.出馬目的(政治には興味ないと言ったはず)
現在も政治には興味がない
出馬の面々を見ていると、誰がやっても同じ。
だから、あえて自分が出る

朝鮮大学校を暴いていく
京都の朝鮮学校への抗議も理由があった



桜井誠氏vs香山リカ
【日侵会】反天連カウンター街宣in原宿
2015/12/23 sencaku38
※映像中の2014は2015年の間違いと思われます

〈12・23 反天皇制運動連絡会集会 
●敗戦70年の象徴天皇制を考える
安倍政権とアキヒト天皇制〉という集会を
東京の千駄ヶ谷区民会館で行った。
v  これに対し、日本侵略を許さない国民の会が、
近くでカウンター街宣を行った。
カウンター街宣の現場に精神科医の香山リカが通り、
そこで同会とやり取りが発生した。
香山氏は、20日に東京・新大久保で行われた
嫌韓デモのカウンターにも参加している
それから3日後、こうして反天連のカウンターと出くわした様子を
香山氏は連続ツイートしている。
〈仕事場にひとりで向かう途中、偶然ヘイト街宣に出くわした。
和服の女性たちが
「あ~、カヤマ先生?リカちゃーん」と私に気づいた。
まわりもすぐに反応。
仕切るものはいっさいない中で10分ほどだが対面〉

〈悔しい、はしゃいでるけどひとりじゃ止められない〉

〈20人の男女から「オバサーンこっち向いてー」
「バカ女ーイエーイ」
との声を一身に浴びながら現場離れました。
神宮前の閑静な住宅街に朗々と響きわたるヘイト街宣。
カウンターいないのでレイシストたちは得意満面。悔しい〉

 そのうえで、「国賊」「反天連」などと掲げた
プラカードを持つカウンターの人々の写真をツイッターで公開した。

 反天連は、毎年8月15日にも靖国神社に向けてデモを行うが、
その時にも「行動する保守」の側がカウンターを行っている。 
◆あるデモ団体から暴言を受けたと明かした香山リカ氏のTwitter
ありがとうございます。
20人の男女から「オバサーンこっち向いてー」
「バカ女ーイエーイ」との声を一身に浴びながら現場離れました。
神宮前の閑静な住宅街に朗々と響きわたるヘイト街宣。
カウンターいないのでレイシストたちは得意満面。
悔しい。 twitter.com/hideki_imamura…
2015/12/23 12:48

香山氏によると、その団体は20人ほどの男女で
「化粧しろ、口角あげろよ」「バカ女ーイエーイ」と罵ってきたという。
また、香山氏は「うるさいよ、帰れよ」
と反撃を試みたが、効果はなかったようだ。
この事態に、香山氏は相手団体を「レイシスト」( 差別主義者)と呼び、
「神宮前の閑静な住宅街に朗々と響きわたるヘイト街宣。
カウンターいないので
レイシストたちは得意満面。悔しい 」とつづっている。
香山氏はツイートに画像を添付している。
画像には団体のメンバーと思しき人々や、
日の丸と思われる旗が写っているが、あるユーザーが
「肖像権の侵害になるのでは?」と問いかけると、
香山氏は「ヘイト街宣するレイシストの肖像権を守れと言うなら、
ヘイト被害者の人権や生存権を守れと
彼らに言ってやってください」と突っぱねている。
憲法記念日に開かれた憲法集会で発言する作家の大江健三郎さん
=3日、横浜市西区

2015.5.3 20:30更新
【憲法記念日】2/3 3/3ページ)
「すべて安倍のせい」と
護憲派が横浜でスパーク
大江健三郎氏「米演説は露骨なウソ」
香山リカ氏「憲法使い切ってない…」
憲法記念日の3日、各地で改憲、護憲両派の集会が開かれた中、
横浜市西区の臨港パークでは
「平和といのちと人権を! 
5・3憲法集会~戦争・原発・貧困・差別を許さない~」
(実行委員会主催)が行われた。
会場には作家の大江健三郎さんら
護憲派の人々が3万人以上集結(主催者発表)。
それぞれが安倍晋三首相を批判し、集団的自衛権反対を訴え た。
 司会を務めたのは、女優の木内みどりさん。
「いろいろなグループの思いは同じではないかもしれないが、
憲法を守りたいという気持ちは一緒です」とまくしたてた。
 作家の雨宮処凛さんは
この暑い中、
熱中症で誰か倒れたら全部安倍のせい
と最初から“戦闘モード”。
貧困問題と 戦争の親和性を主張し、
「戦場に行くのは貧しい人たち。(集団的自衛権行使で)
命を使い捨てられるような人が国内からも
生み出されるのではないか。
経済や 何かのために
人の命が犠牲になる社会を止めたい」と訴えた。

次いでスピーチした大江氏は、
安倍首相が4月29日に
米上下両院合同会議で行った演説に対し
「あまりにも露骨な嘘。
だが(日米両国で)はっきりとした拒否の言葉が
述べられることはなく、
それをどうひっくり返すかが大きな問題だ」と断じ、
会場からは大きな拍手が起こった。
安倍首相が夏までの
安全保障関連法案の成立に決意を示したことにも
「安倍は日本の国会で
(そのことについて)はっきり述べて、
われわれ日本人の賛同を得たことはない」と強調した。
  大江氏はさらに、この日配布されたパンフレットに書いてある
「私たちは、『平和』と『いのちの尊厳』を基本に、
日本国憲法を守り、
生かします集団的自営 権の行使に反対し、
戦争のためのすべての法制度に反対します」
というメッセージを自身の考え方の根本にあると紹介。
「自分がこれだけ大勢のみなさんの前で
語るのはこれが最後」と語った。

 憲法学者の樋口陽一東大名誉教授は、
盟友だった俳優、菅原文太さんの
「政治には2つの役割がある。ひとつは国民を飢えさせないこと。
もうひとつ、絶対に戦争をしないこと」という“遺言”を引き合いに出し、
「今の政治は憲法が目指してきた方向と何から何まで正反対の方向に
日本を引っ張ろうとしている。
憲法を壊し、自由闊達な言論を貶め、彼ら政治勢力自身の先輩政治家が
作り上げてきたはずの
戦後史そのものをないがしろにしている」と糾弾した。

作家の沢地久枝さんは「私は安倍晋三とその周りにいる政治家、
それから軍需産業でもうける経済人たちに絶対反対。
安倍という人はアメリカに行って、 国会にもかけず、選挙民にもかけず、
アメリカと約束をまた結んだ。
あの人は平和とか命とか大事な言葉をあんなに汚くした。
政治家としては珍しい。
私たちは 今、あの人を引きずり下ろしてやりたいと思う」
と感情をあらわにし、
「戦後70年間、日本は戦死者を1人も出していない。
こんな国はないんです。
この次の段階になったとき、戦後70年間戦死ゼロできた歴史が
切り替えられた年が2015年だった、
とならないようにがんばっていく」と結んだ。
参加者からは「そ の通りだ」「アホ政権!」などの声が飛んだ。
※宇都宮健児の自宅を訪れて辞退を迫ったのは澤地久枝だった

 精神科医の香山リカさんも「私たちはこの憲法を変えるどころか、
まだ使い切ってもいない。
今の憲法さえ使いこなせていない政権に憲法を変える資格はない」
と持論を展開した。
 集会には民主党の長妻昭代表代行、共産党の志位和夫委員長、
社民党の吉田忠智党首ら野党幹部も登壇し、
「戦争立法反対の一点で協働し、安倍政権のたくらみを
必ず打ち破ろうではありませんか」(志位委員長)と共闘を呼びかけた。
 生活の党と山本太郎となかまたちの山本太郎共同代表も飛び入り参加。
「政府の面を被った人間たちが根底から覆そうとしているこの憲法、
何が何でも守りましょう」と叫んだ。

保守速、【サヨク悲報】民主党の長妻代表代行、 護憲集会で
日本共産党の志位委員長と手を繋ぐことを拒否(画像・動画)。
渋谷区議「ナチスガス室」発言 本人謝罪せず 議長がおわび 。
松島法相うちわ配布問題 民主党、東京地検に刑事告発へ

本『水死』 
1994年にノーベル文学賞を受賞した
作家・大江健三郎氏。
60年の文学人生を決算する「晩年の作業」にあたる
長編作品『水死』を最近、韓国内で出版した。
(写真=中央フォト)

検索キーワード「中央日報」に一致する投稿を関連性の高い順に表示
2014年7月28日月曜日
中央日報の火病再発! 
今度は日本には天皇が二人いたと
意味不明なことで反日記事 ・・・ 中央日報

【BOOK】慰安婦冷遇する日本、その根っこは天皇制
中央日報…大江健三郎「日本政府の謝罪、充分ではない」(1) 
2015年04月01日10時24分 (
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
 『水死』    大江健三郎著、パク・ユハ訳、  
出版:文学ドンネ、452ページ   価格:1万5000ウォン
「日本軍の慰安婦は、天皇制までその根っこがつながる
日本社会の男性中心主義が招いた女性差別の結果だ。
犯罪行為があったとみている。
だが日本政府は十分に謝罪したとは思わない。
しっかり謝罪しなければならない。
それを拒否するのは女性を軽視することだ」。 
  ノーベル文学賞の受賞作家である
日本の大江健三郎氏(80)が、 慰安婦問題について
徹底的に謝罪しない日本政府を叱責した。
日本社会の精神的な求心点である
天皇制まで取り上げながらだ。

  2009年に長編小説『水死』の韓国出版に合わせて3月13日、

ソウル西橋洞(ソギョドン)のカフェで開かれた記者懇談会の席。
大江氏は日本国内の代表的な良心的知識人らしく、
小説の話よりもデリケートな政治イシューに先に触れた。
彼は前日に開かれた
延世(ヨンセ)大学創立130周年記念フォーラムでも
日本政府に対し苦言を呈した。
この日の懇談会でその事に言及して
「戦争に反対する平和憲法を直そうとする
安倍政権の動きに反対する」と話した。
「20年以内に核兵器を使う
大きな戦争が起きそうにないという点で世の中は
希望的だが安倍政権は周辺国の平和のために
やっていることがない」と批判した。

  新作はこうした批判的知識人としての

大江氏の姿勢がそのまま感じられる作品だ。
小説の主人公はさまざまな面で
大江氏に似たような小説家、長江古義人だ。
彼の悲劇的な家族史、
古義人の作品世界全体を演劇化しようとする
女性演劇人ウナイコに近づく
受難などが小説の中心素材だ。
だが結局、小説が問題視するのは
残酷な敗戦につながった日本の曲折した近代、
ウナイコを犠牲の羊に転落させる
日本社会の根深い女性差別の慣行などだ。
大江氏は日本の現 代文学の礎を築いたことで
評価されている作家・夏目漱石(1867~1916)の
代表作『心』に盛り込まれた軍国主義的な要素、
靖国神社の参拝行為まで小説の挿絵として動員して
日本社会の「非正常性」を問題にする。

  天皇制が議論されるのは、

古義人の父である長江先生の死に関するミステリーを
暴く部分からだ。極右指向の長江先生は、
負けることが明 らかな戦争を続ける
日本帝国に絶望したあげく、
とんでもない考えを抱いた若い将校らと共に
戦闘機を利用して天皇が暮らしている
帝国の首都を自殺爆撃する計画を立てる。
偉業直前に将校は引き返すが長江先生は蜂起計画をあきらめず、
ちょうど集中豪雨で洪水になった隙間を利用して
村を離れようとしたが水死してしまう。
問題は父親が船に乗って出て行き、
急流に巻きこまれて死ぬかも知れないという
事実を古義人がぼんやりと察しながらも
父親を救う行動をとれなかったと いう点だ。
その経験は古義人の心の中で
消すことのできない罪の意識として残り、
一生彼を困らせる。
古義人はどこまでが
真実でどこから幻想なのか曖昧な夢を繰り返し見る。 
 大江氏は「私としては本格的にノンフィクション的な
告白をした初の作品」と説明した。
実際の自身の父親をモデルにしたことを示唆したものだ。
自分の父親が戦争時期に極右主義者であり、
どういう形であれ悲劇的な最後を迎えたという話だ。
彼はその一方で
「20代初めから最近まで書いた
これまでの作品を再び読んでみると、
どの部分がフィクションでどの部分が
ノンフィクションなのか明らかでない部分が
多くて驚くほどだ」と話した。
それでも100%ノンフィクションとして
読んではいけないという注文だ。
  皇居爆撃という設定が韓国の読者の立場としては

破格的に感じられるという質問にも、
大江氏はよどみなく答えた。

  「一部からは天皇に対する『不敬小説』だという指摘も受けた。

小説で主人公の父親が蜂起を計画した時期は、
日本本土に対する空襲などで
破滅が避けられないと思われた頃だった。
長江先生が自爆テロで一緒に死のうとした天皇は、
日本の伝統を象徴する存在だ。
そのような面で長江先生はいっそ死を選択して
新たな秩序を模索した極右的な天皇主義者だ」。

  大江氏は自

身の文学人生を大きく3つの時期に分けて説明した。
1957年、20代初めに登壇して
30歳になる前までが第1期、
戦後の世の中をどのように生きるべきか悩んだ時期だ。
「持って生まれた感覚をそのまま生かさず
想像力を発揮して客観的な作品を書いた」とした。

  20代後半に

長男の光氏が障害を抱えて生まれた頃が第2期の開始だ。
30代後半までの10年間余り
子供を中心に生活する人生自体を
小説の主テーマとした時期だ。
だが小説が過度に作家自身の話に似せた
日本特有の私小説的性格だという批判を受けた。

  第3期は40第以降これまで依然として

私小説的カラーが残っており子供について
書く場合も多いが、
再び小説の客観性を回復しようと努力した時期だ。
国家主義指向の小説家・三島由紀夫の割腹自殺を批判して
天皇制問題に対する文を書くなど現在の大江健三郎の姿が
鮮やかになったのが大方この時期だ。

  そんな大江氏の小説履歴を一言で要約しろと言うならば、

新たな人生の悩みが近づいてくるたびに
逃げずに正直に対面しようとしたという点を
挙げることができるかもしれない。
今回の小説の主人公の名前「古義人(コギト)」は偶然にも
方法的懐疑主義哲学者デカルトの有名なラテン語の命題
「私は考える。ゆえに存在する」の中の
「私は考える」に該当するコギトと発音が同じだ。
現象に対する思考のひもを放さないという
意志を反映したネーミングだというと
行き過ぎた解釈であろうか。

  大江氏は

「小説の執筆は昨年で終えた。
これからは普段から関心があるテーマについて
もう少し明瞭な文を書きたい。
どうしても集会での発言原稿やエッセイが多くなるようだ」と述べた。
重厚で鋭い彼の小説に魅了された愛読者としては、残念な事だ。 

【取材日記】
日本の経営界が皮肉った韓国の早期退職」 
中央日報2015年03月30日09時53
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
27日、韓国経営者総協会関係者らはうろたえた。
日本の経済団体関係者の質問を受けてだ。
この日午前に
国際労働機関(ILO)日本側代表団が経総を訪れた。
代表団は日本経団連と連合の関係者で構成された。

  この席で経団連関係者は、

「韓国では52歳でほとんど退職するというが本当か」と尋ねた。
実退職年齢が52~53歳という
国際機関に報告された韓国政府の雇用資料を
根拠とした質問だった。彼は
「52歳なら最も旺盛に活動する年齢だ。企業の立場では
核心中の核心であるはずなのに、
そんな人たちがみんな出て行っても
企業が運営できるのか」と尋ねた。

  日本の経営陣の考えでは50代こそ業務の円熟期で、

会社に最も大きく寄与する労働者だ。
30代の熟練過程と40代の業務執行過程を経 て、
50代にはこれまで積み重ねてきたノウハウと検証された
業務能力を基に組織を創造的に指揮し、
優れた知恵を発揮する時期だ。
後輩を教え業務の方向を定めるのも50代の役割だ。
そんな人たちがみんな年齢を基準として退職することが
日本の経営陣の立場では理解できないということだ。
「リストラや定年は
生産性や能力がしっかり検証された状態で決められ
執行されているのか」という企業の人材運用に関する
原初的な質問を投げかけたわけだ。

  予想できない質問に

経総関係者たちは冷や汗をかいたという。
事実韓国には
還暦になればリタイアする年齢という慣習が根付いている。
農業や労働集約的な肉体労働時代に形成された観念だ。
もちろん大切にするという良い意味も内包している。
しかし寿命が延び知識労働が主流の時代には合わな い。
韓国企業は変化に
素早く対処しグローバル競争を勝ち抜いてきた。
ところが人材運用だけはまだこうした慣習に
縛られているのではないかと
日本の経済団体関係者が悟らせたわけだ。

  だからと低成果者までかばおうというのではない。

同じかごに腐ったリンゴまで混ぜておけば
企業と労働者のどちらにも影響が出る
高年俸の中高年低成果者ならさらにそうだ。
それでも年齢を基準として50代を
一気に退職させる企業の慣行は
雇用市場の健全性のためにも望ましくない。
昨年金融圏をはじめとする
相当数の企業が年齢により一律的にリストラし、
今年大規模新規採用をする
二律背反的な人材運用をどのように説明できるだろうか。

  あるテレビ局の独身中年の

友達探し番組の出演者の平均年齢も52歳だ。
彼らをめぐり老いたとか、
いまは休む年齢だと話す人はほとんどいない。
年齢が労働の鎖になる慣行を
企業が先に破ることも労働市場の構造改革ではないか。
  キム・ギチャン雇用労働専任記者

0 件のコメント:

コメントを投稿