慰安婦問題について、いろんな報道: 【2016参院選】谷亮子氏 生活からの参院選不出馬表明 今後は与野党問わず「柔軟対応」。山本太郎氏、“なかまたち”となかま割れ? テロ非難決議を棄権  自民参院幹部「全く理解できない…」。山本太郎の絶対平和主義は合理的である

Translate

2016年6月9日木曜日

【2016参院選】谷亮子氏 生活からの参院選不出馬表明 今後は与野党問わず「柔軟対応」。山本太郎氏、“なかまたち”となかま割れ? テロ非難決議を棄権  自民参院幹部「全く理解できない…」。山本太郎の絶対平和主義は合理的である

谷亮子氏(撮影・酒巻俊介)
今後は与野党問わず「柔軟対応」
生活の党と山本太郎となかまたちの谷亮子副代表(参院比例)は
9日、国会内で記者会見し、改選を迎える今回の参院選に
同党から出馬しないと表明した。
すでに小沢一郎代表に不出馬を伝達した。
他党からの立候補の可能性については、
与野党を問わず「お話があれば柔軟に対応する」と述べ、
政治活動の継続に含みをもたせた。

谷亮子氏、生活から不出馬
生活の党の谷亮子参院議員(比例代表)は
9日、来月の参院選に出馬しない意向を記者団に表明した。
野党の比例統一名簿の実現が見通せず、
再選は困難と判断したことが理由と説明している。
 谷氏は3日に不出馬の意向を小沢一郎代表に伝達。
慰留されたが固辞した。
谷氏は記者団に「政界引退も選択肢の一つだが、
政治家を続けたい気持ちはある」と述べ、
今後の国政選出馬に含みを残した。
 谷氏は柔道家で、2000年のシドニー五輪、
04年アテネ五輪で金メダルを獲得。
10年参院選比例代表で旧民主党から初当選し、
小沢氏とともに離党した。
女子柔道の日本代表として5大会連続でオリンピックに出場し、
金メダル2個、銀メダル2個、銅メダル1個という
輝かしい実績を持つ谷亮子参議院議員。
2003年にプロ野球の谷佳知選手(当時はオリックス・ブルーウェーブ、
現在はオリックス・バファローズに所属)と結婚後は2児の母となり、
10年には参議院選挙に初当選、政界に活躍の場を移している。
 そんな亮子の不倫疑惑を「週刊現代」(講談社)、
「女性セブン」(小学館)など複数のメディアが報じた。
現在、佳知と亮子は別居状態にあり、都内の自宅には
佳知に代わって30代のイケメン秘書が出入りし、
子供の幼稚園への送り迎えなどもしているという。
佳知は、所属チームのある関西での同居を求めているが、
亮子は聞く耳を持たず、結婚指輪を外しているどころか、
今回の噂を喜んですらいるという。
亮子の振る舞いについて、芸能関係者が語る。
「亮子は12年にも、
当時の男性秘書と不倫関係が報じられました。
独身時代には柔道の吉田秀彦選手や
競輪の十文字貴信選手などとも噂になっており、
意外と色恋沙汰は尽きないタイプなのです。
しかし、議員になって2度も不倫疑惑を報じられるというのは、
良識を欠いているといわれても仕方がない。
現役時代のストイックさは誰もが認めるところですが、
思春期からすべてを柔道の稽古に費やしてきた分、
大人になって恋愛の味を知ってしまったのかもしれません。
また、今回の記事が出る前には、
亮子サイドの関係者とみられる人間が、
佳知に悪い噂がないか嗅ぎ回っていたとの情報もあり、
自身のスキャンダル打ち消しを図っていたとすれば
泥仕合の様相を呈してきます」
 亮子といえば、家族について
黒い噂がささやかれたこともあった。
10年に一部週刊誌で父親が保険金詐欺に関与して逮捕され、
保釈中に暴力団賭博にかかわり
再逮捕されたことなどが伝えられたのだ。
また、週刊誌の記者が同氏の取材中に
恫喝まがいの発言を受けたともいわれている。
そんな亮子の存在について、柔道関係者は語る。
「今、日本の柔道界は大ピンチです。
12年のロンドンオリンピックでは男子が史上初の金メダルゼロ、
女子も松本薫選手の1個だけという散々な結果に終わり、
かつての威信は見る影もありません。
13年には、女子柔道の選手15名が指導陣による暴力と
パワーハラスメントを訴えるという前代未聞の事態が起きて、
社会問題になりました。追い打ちをかけるように、
今年1月には日本を代表する
柔道家の斉藤仁さんが亡くなってしまい、
求心力が弱まっています。
女子柔道界の一番の功労者が
亮子なのは疑いようがありませんが、
議員になってからの活動は不透明な上、
これではイメージダウンもいいところでしょう。
実際、著書などを通じて柔道界の改革を訴えている、
バルセロナオリンピック銀メダリストの溝口紀子さんや、
全日本柔道連盟女子強化委員の山口香さんのほうが、
現場に貢献しています。
最近は、元男子日本代表監督の篠原信一さんが
バラエティ番組で人気を集めており、
柔道界のイメージアップが期待されていたところでしたから、
今回の報道に関係者の間では落胆が広がっています」

「秘書の仕事の範囲内」と信じるファン
 度重なる不倫騒動に、
過去の身内の不祥事までついて回る亮子。
彼女の現役時代からのファンはこう語る。
「政治家とスポーツ選手の夫婦であれば、
お互いに多忙なことは想像がつく上、
夫が関西の球団でプレーしているのですから
別居は普通の選択でしょう。
一般のサラリーマンでも、
単身赴任はそんなに珍しいことではないと思います。
それを、いかにも亮子さんだけを悪者のように報じるというのは、
いかがなものでしょうか。
亮子さんは一流のアスリートですが、
政治の世界ではまだまだ新人です。
秘書の方が通常よりも広い範囲の世話をすることもあるでしょう。
“路チュー”など決定的なシーンもないわけですから、
決めつけるのは早計だと思います」
 亮子はいまだにこの不倫騒動について、何も語っていない。
現役時代はキレのいい技を連発して
相手を投げ倒してきた亮子だが、
いつまで静観の構えを続けるのだろうか。
(文=編集部)


2015.2.6 20:24更新 【イスラム国事件】
山本太郎氏、決議棄権で釈明 
「日本に責任ないのか?」「テロとの戦いに巻き込まれる」
2/4ページ3/4ページ4/4ページ
「生活の党と山本太郎となかまたち」
代表の山本太郎参院議員は
6日、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」が
日本人を殺害したとする事件を「断固非難する」と決議した
参院本会議を採決直前に退席、棄権した理由について、
記者団に「事件の検証がない」などと説明し、
自らツイッターに動画を公開し た。
詳報は次の通り。
  ◇
(冒頭、カメラに向かって山本氏が話し始める)
「いま(参院本会議で採決された)テロ決議案に対して、
採決のボタンを押さずに退席したということで、
全会一致という中で僕だけ退席をしたという状況で、
記者の皆さんが
いらっしゃっている状況を皆さんにお伝えします」

 --退席した理由は何か
「この全てに反対だというわけではない。
このテロ決議案全てに対して問題があるとは
思っていない。最初から6行目あたり
(注:イスラム国のテロ行為を非難した部分など)までは、
自分自身でもその部分は賛同する。その後段の段階で、
やっぱり納得いかない部分というか、
足りない部分があるんじゃないかと自分の中で 思った」
 「どういう部分なのかというと、
今回の事件の検証というのを文言として
入れていただきたいということを
議運(参院議院運営委員会)のほうにも伝えて、
代わりになる文言というか、という状況だったが、
それが反映されなかったという部分が一つある」
「事件の検証もどうして必要なのかというのは、
もう言うまでもないと思うが、
今回の邦人の人質の殺害という部分に関する検証。
それだけでなく、どう してIS(イスラム国)という集団が
ここまで巨大化したのかということに関して、
日本はそこに責任はないか、と。
要は(2003年に始まった)イラク戦 争、
大量破壊兵器を保持しているといわれていた
イラク戦争に対して、日本もその戦争の片棒を担いだと。
ふたを開けてみて、どうだったと。何も出てこなかっ た」
 「そのイラク戦争が終わった後の10年間、日本政府、
日本社会というものは、
イラクの再建というものに対してコミットしてきたか、 と。
イラクでは日常的に人々が虐殺されるような、
IS以外にも今のマリキ政権によっても
虐殺されるような状況がずっと続いていたと。
空爆もされていたと。 イラク政府からも。
そんな生活がずっと続いている中で、
われわれは社会として、政治としても
そこに目を向けてきたのかと」
 「このISとい う土壌を生んだ責任の一端という部分には、
やはり検証が必要だろうと。
イラク戦争からの総括というものも含めた
今回の事件のことも含む検証というものが
十分になされなければいけないだろうと。
その文言を短く入れたいということだったが、
それはかなわなかったと」「そして、それだけじゃなく、
この文章は、この決議案に対する英訳文も必要だと思った。
英訳文も一緒につけて出すべきだと。
というのは、やはり事の 発端、人質事件、
拘束された日本人が殺されるという引き金を引いたのは、
やはりこの翻訳の問題という部分も出てくると思う。
国会でも取り上げられているが、皆さんご存じの通りだ。
そういうところのボタンの掛け違いであったり、
そういうものをなくすためには、
やはりこれとともに英訳されたものを
同時に出すべきではないかという提案をした」
 「そして、もう1点あるが、この文章(決議)の後半にある、
ヨルダンをはじめとする関係各国。
確かに日本政府というか、対策本部的なものを
ヨルダンに置かせていただいたという部分はあるかもしれないが、
実際ヨルダンは、もうすでにISによるパイロットの処刑、
その部分に関しても空爆というものを始めるというような
状況に至っている中で、
このヨルダンを支持しますという状況になった場合に、
よりテロとの戦いという部分に、
この国が巻き込まれてしまう可能性があるんじゃないかと。
そういう意味で、関係各国ということに
とどめるということはできないだろうかという話だった」
 「この3点だ。
1つは、この事件の検証およびイラク戦争に対する総括であったり、
過去を振り返っての総括という部分が文言と して必要じゃないかと。
もう一つは英訳したものが必要じゃないかと。
もう一つは特定の国名を記すことによって、
有志連合というところと距離がとれなくなるんじゃないかと。
すでに事実上、有志連合に入っているという状況にされているが。
ホンマに国内でテロを起こさないという
強い思いがあるならば、距離をとる必要は
あるのではないかという考えだ。
賛同はできないということで退席をしたということになる」

--反対ではないということか
「反対というわけじゃなく、
先ほど言った通り冒頭から6行目に至るまでの
テロ行為というものに対しての 非難というものは同感であると。
そうではなく、やはり後段の部分に対して、
やはり足りない部分があるのではないかと。
賛成はしかねると。
その文言は、提案 としてはこちらから出させていただいている」
(山本氏は記者とのやり取りを終え、カメラに向かって話し出す)
「こういう理由 があったとしても、
テロ決議に反対したということは『あいつはテロリストだ』
という話になっていくのだろうが、これはすごい大事な部分だ。
テロ資金の規正法とか、先の国会でも
いくつかテロに関連する法律がドンドンあがっていったが、 
それに僕は反対した。テロってすごい
水戸黄門の印籠みたいに、これを出したら
『お前ら黙れ』となるが、もちろんテロ行為は
許せないし、そのことに対しては、
もちろん非難することも重要であり、そうならないような
対策をするべき だが、テロという名のもとに、
やはり国をコントロールしやすくなるような
法律づくりがもう裏で始まっているということだ。
これはすべてリンクしていること というふうに考えないと、
本当にドンドン首しまっていくし、
表現の自由なんて、とてもじゃないけど守れないなあということだ」
 「僕が今日 席を立ったということだけでも、
議場の中はちょっと、『なんなんだ-』みたいな
非難の声とか挙がっていた。
でも結局、昨日出された法案(決議案)というのは
与党からのものだ。
結局、与党を応援という…、だからそういう不都合なこと、
この事件に関する検証であったりとか、
イラク戦争にさかのぼっての検証、総括というのは
やりたいわけではないから。その文言を入れたくないのだ。
だとしたら、いったい何のための決議なんだって話だ。
本当にテロをなくそうとしてい るのか、と」

自民参院幹部「全く理解できない…」
2015年02月06日16:25  
「生活の党と山本太郎となかまたち」代表の
山本太郎参院議員が6日に参院本会議で
行われたイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の
テロ行為を非難する決議の採択を欠席した。
同党の主濱了、谷亮子両参院議員は賛成し、
「なかま割れ」となった。 
山本氏は本会議には出席したが、押しボタン式の採決前に退席した。
退席理由について記者団に
「事件の検証について決議文に盛り込まれていない」などと述べた。
 決議はイスラム国が日本人2人を殺害したとされる事件を非難し、
中東諸国への人道支援拡充やテロ対策の強化などを政府に求める内容。
発議者には主濱氏を含め全11会派から議員が名を連ね、
採決に参加した231人全員が賛成、全会一致で採択された。
 山本氏はこれまでツイッターで人道支援の中止を求め、
記者会見では事件の原因を
「安倍晋三政権の外交政策の失敗」と述べていた。
同党は規約で、国会の採決に党議拘束をかけないことを明記している。
 自民党の吉田博美参院国対委員長は記者会見で「全く理解できない。
全会一致でやろうと生活にも事前に話をし、了解を得ていた。
内容に疑義があれば調整したのに」と批判した。
【イスラム国事件】参院決議棄権の山本太郎氏が強弁
 「テロ土壌を生んだ日本の責任に検証を」 ヨルダン明記も批判
【イスラム国事件】山本太郎氏、決議棄権の理由を
ツイッターに投稿 「日本に責任ないのか?」
「テロとの戦いに巻き込まれる」-
山本太郎氏のテロ非難決議棄権 民主・榛葉氏
「決議の意味、分かっているのか?」 連携見直しも…
「山本太郎」読みたくない? テロ非難決議で会派読み上げ省略
【名言か迷言か】「小沢一郎」はどこへ行くのか
【日本の議論】落日感じる「小沢王国」 
異例の3日間お国入りで何とかご祝儀?
 「しがらみもこれが最後」

【西田昌司】理解不能、ISIL非難決議で退場した山本太郎議員
[桜H27/2/6] SakuraSoTV

2015.2.6 13:20更新
カテゴリ法/政治 池田信夫 blog
山本太郎の絶対平和主義は合理的である 
経済学で合理的(rational)というのは、
価値判断を含まない「無矛盾」という意味だが、
この意味でテロ非難決議を棄権した山本太郎は合理的だ。
すべての戦争を否定する立場を徹底すれば、
テロにも殺人にも報復せず、
人道支援もしてはならない。
日本国憲法は交戦権を否定しているのだから、
中国が攻めてきても反撃せず、降伏することが正しい。
福田恆存の政治評論は、いま読むと常識的でつまらないが、
むしろ彼が懸命に批判した「護憲派」の主張がおもしろい。
1979年に『文藝春秋』に掲載された論文
「新『新軍備計画』」で、森嶋通夫はこう主張した。


万が一にもソ連が攻めてきた時には自衛隊は毅然として、
秩序整然と降伏するより他ない。
徹底抗戦して玉砕して、その後に猛り狂うたソ連軍が殺到して
惨澹たる戦後を迎えるより、秩序ある威厳に満ちた降伏をして、
その代り政治的自決権を獲得する方が、
ずっと賢明だと私は考える。(強調は引用者)

こ れは福田も認めるように、論理的には一貫している。
完全な非武装中立を貫くなら、
戦争しないで降伏するしかなく、それが正しいのだ。
ソ連や中国の支配下に 置かれても、
相手も人間だから話せばわかる。
戦争でたくさん人が死ぬよりいいじゃないか――という論理は正しい。
真ではない仮定にもとづく結論は
つねに真なのだ(対偶を取ればわかる)。
問題は、相手が話せばわかるかどうかである。
ISが話せばわかる相手なら、人質は解放されたはずだ。
つまり平和主義の人々の議論には、
すべての人間は相互理解できるという
暗黙の仮定が置かれているのだ。
これは検証可能な命題であり、明らかに真ではない。
今回の事件は、その反証である。
しかし何とかとハサミは使いようだ
小沢一郎氏はぜひ山本の絶対平和主義を宣伝し、
戦後のリベラルが何を錯覚してきたかに気づかせてほしい。
それが彼の政治家としての最後の仕事だろう。

人質事件の非難決議を採択、 テロ許さない意思示せた
 =菅官房長官。警察庁、警備局長を本部長とする
「国際テロ対策推進本部」設置。
【菅原出】「イスラム国」のターゲットになった日本。
首相官邸に半旗掲揚=後藤、湯川さん殺害で。
「犯人を追い詰めて法の裁きにかける」 安倍総理。
捜査本部を早く設置すべきだった、高橋洋一。
ISIL、後藤・湯川さん人質事件。
警察庁「国外犯」規定で捜査指示。

0 件のコメント:

コメントを投稿