慰安婦問題について、いろんな報道: 皇太子ご一家 神武天皇陵参拝へ。トンガ公式訪問中の皇太子ご夫妻、国王の戴冠式に出席される。皇太子さま、サウジにご出発 国王死去でご弔問へ。サウジのアブドラ国王死去

Translate

2016年7月14日木曜日

皇太子ご一家 神武天皇陵参拝へ。トンガ公式訪問中の皇太子ご夫妻、国王の戴冠式に出席される。皇太子さま、サウジにご出発 国王死去でご弔問へ。サウジのアブドラ国王死去


皇太子ご一家 神武天皇陵参拝へ
毎日新聞 2016年7月14日 00時14分)
 宮内庁は13日、皇太子ご一家が21日に同庁が管理する
神武天皇陵(奈良県橿原市)を参拝されると発表した。
学習院女子中等科3年の愛子さまの参拝は初めて。
ご一家は京都市上京区の京都大宮御所に宿泊し、
22日は京都御所などを見学して帰京する。【高島博之】


皇太子ご夫妻 トンガ国王戴冠式などに出席
7月4日 11時38分
南太平洋の島国トンガを公式訪問している
皇太子ご夫妻は、国王の戴冠式(たいかんしき)と、
それに続く昼食会に臨まれました。

皇太子ご夫妻は日本時間の4日朝、
トンガのツポウ6世国王の戴冠式が行われる
首都ヌクアロファの教会に到着されました。
モーニング姿の皇太子さまとベージュのロングドレスの雅子さまは、
日本とトンガ両国の勲章を身につけ、
報道陣に笑顔で会釈しながら教会に入られました。
戴冠式には、トンガの王族をはじめ、南太平洋の国々の首脳や
一般の市民らおよそ1000人が参列しました。
はじめに参列者が起立して拍手で迎えるなか国王と王妃が入場し、
続いて聖歌隊による合唱が行われました。
皇太子ご夫妻は、国王の近くの席で式の様子を見守られ、
聖職者が国王の頭に王冠を載せると、教会の鐘が鳴らされて
参列者から大きな拍手が送られました。
戴冠式は1時間余りで終わり、国王夫妻に続いて、
皇太子ご夫妻が教会から出てくると大きな歓声が上がり、
ご夫妻はにこやかに手を振ってこたえられていました。
このあとご夫妻は、近くの王宮で催された昼食会に臨まれました。
昼食会は神聖な場所とされる王宮の前庭に設けられたテントの中で行われ、
ご夫妻は、王族らが並ぶテーブルで、トンガの皇太子らと
和やかにことばを交わして交流を深めらていました。

トンガ公式訪問中の皇太子ご夫妻、国王の戴冠式に出席される
07/04 07:21 FNNnewsCH
トンガを公式訪問中の皇太子ご夫妻は、日本時間4日午前6時ごろから、
首都ヌクアロファで、国王の戴冠式に出席されている。
国王ツポウ6世の戴冠式は、日本時間の午前6時ごろから、
王室にゆかりのある首都ヌクアロファの教会で始まり、
皇太子ご夫妻は、各国からの招待客やトンガ政府関係者など、
およそ1,000人とともに参列された。
2年2カ月ぶりの外国公式訪問となる雅子さまは、3日にトンガ入りしたあと、
歓迎夕食会などへの出席を見送り、戴冠式に備え、
ホテルで体調を整えられていたという。
戴冠式は、1時間半ほどで終了の予定で、引き続き、ご夫妻は、

教会からほど近い王宮へと移動し、昼食会に出席されることになっている。
一連の祝賀行事のうち、療養中の雅子さまは、負担を考慮し、

戴冠式と昼食会にのみ参列され、それ以外の行事は、
皇太子さま単身で臨まれる予定。  

トンガ王国(トンガおうこく)、通称トンガは、南太平洋に浮かぶ
約170の島群からなる国家で、イギリス連邦加盟国である。
オセアニアのうちポリネシアに属し、サモアの南、フィジーの東に位置する。
首都は、ヌクアロファで、最大の島トンガタプ島にある。

ポヒヴァ・トンガ首相と握手を交わす安倍総理大臣(写真提供:内閣広報室)
トンガ王国   日・トンガ首脳会談
平成27年5月23日
本 23日,午後4時28分から約15分間,
安倍晋三内閣総理大臣は,第7回太平洋・島サミット(PALM7)出席のため
福島県いわき市滞在中のサミュエラ・ アキリシ・ポヒヴァ・トンガ王国首相
(Hon. Samuela ‘Akilisi POHIVA, Prime Minister of the Kingdom of Tonga)と
首脳会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。
1 安倍総理大臣から、トンガ初の民間出身首相としての就任に
祝意を表明するとともに、トンガ王室と日本の皇室の関係と同様、
政府間の連携も含めた両国関係を緊密化していきたい旨述べました。
また、東日本大震災の際の支援への謝意を改めて表明し、
力強く復興するいわき市において、太平洋島しょ国との新たなパートナーシップの
幕開けにふさわしいサミットを開催できたことへの謝意を示しました。
さらに,埠頭整備のた め約33億円の資金協力を行う考えを表明し、
トンガの持続可能な開発を引き続き力強く支援していく旨述べました。

2 これに対し,ポヒヴァ首相から,初めての訪日で力強く復興する福島の人々の
暖かい歓待に心を打たれた旨述 べるとともに,成功に終わったPALM7への
高い評価が示されました。
また,教育,漁業,貿易,スポーツ等幅広い分野で日本との協力を強化したいとの
意向が示されました。

3 さらに,両首脳は,気候変動,国連安保理改革等の国際社会における
課題及び協力について意見交換を行いました。 
関連リンク  第7回太平洋・島サミット(PALM7) トンガ王国
サウジアラビアに出発するため東宮御所を出られる皇太子さま
=25日午前、東京・元赤坂の東宮御所(鴨川一也撮影)
国王死去でご弔問へ
皇太子さまは25日、
23日に死去したサウジアラビアのアブドラ国王の弔問のため、
羽田発の政府専用機で同国の首都リヤドへ向けて出発された。
政府特使の福田康夫元首相も同乗した。 
宮内庁によると、皇太子さまは王宮を訪れ、王室関係者に弔意を示される。
ご滞在は約6時間で、26日午後に帰国される予定。

CNN Japan - ‎2015.01.23 Fri posted at 09:53 JST
(CNN) サウジアラビア国営テレビは23日、
アブドラ国王が死去したと伝えた。90歳だった。
新国王にはサルマン皇太子が即位する。
国営サウジ通信は数週間前、
アブドラ国王が肺炎のため入院したと伝えていた。
アブドラ国王は2005年8月に即位した。
国内では改革派とみなされ、強硬派の聖職者らと対立することもあった。
即位以来、自由化を推進し、
オイルマネーの一部を教育や
インフラ関連の大規模プロジェクトに投資してきた。
しかし一部の保守派の抵抗に遭い、
女性の権利向上へ向けた取り組みなどは進展していない。
サウジアラビアはアブドラ国王の下で国際テロ組織アルカイダの撲滅に乗り出し、
「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の掃討を目指す
有志連合の中でもアラブ諸国を主導する役割を果たしている。

検索キーワード「皇太子」に一致する投稿を関連性の高い順に表示

検索キーワード「サウジアラビア」に一致する投稿を関連性の高い順に表示
2014年12月17日水曜日
原油安が経営圧迫 米シェール企業が破綻。
【国家の自立】石油利権とロシア潰し、
インテリジェンスと日本制圧[桜H26/12/1] 。 
ニュースの教科書編集部 OPECが
原油価格暴落にもかかわらず、減産を見送った背景。

0 件のコメント:

コメントを投稿