慰安婦問題について、いろんな報道: 【帝国の慰安婦裁判】誤った認識で若者が日本に敵意」被告の韓国教授。明治学院大准教授、慰安婦関連本の韓国語版を出版 朴裕河氏の著書「帝国の慰安婦」を批判。著者の朴教授、給料が差し押さえられる「全く予想していなかった」。「帝国の慰安婦」朴教授が無罪主張 ソウル地裁で刑事裁判の初公判。韓国地裁 朴教授に賠償命令、朴教授は控訴する方針。その他関連。

Translate

2016年8月30日火曜日

【帝国の慰安婦裁判】誤った認識で若者が日本に敵意」被告の韓国教授。明治学院大准教授、慰安婦関連本の韓国語版を出版 朴裕河氏の著書「帝国の慰安婦」を批判。著者の朴教授、給料が差し押さえられる「全く予想していなかった」。「帝国の慰安婦」朴教授が無罪主張 ソウル地裁で刑事裁判の初公判。韓国地裁 朴教授に賠償命令、朴教授は控訴する方針。その他関連。

公判のためソウル東部地裁に入る朴裕河・世宗大教授=30日(共同)
自身の著書「帝国の慰安婦」に対する批判書の出版記念行事で
発言する朴裕河・世宗大教授=1日、ソウル(共同)

2016.8.30 17:31 【「帝国の慰安婦」裁判】産経ニュース
「誤った認識で若者が日本に敵意」 被告の韓国教授
慰安婦問題に関する著書「帝国の慰安婦」で
元慰安婦らの名誉を傷つけたとして名誉毀損罪で
在宅起訴された朴裕河・世宗大教授の公判が
30日、ソウル東部地裁で行われた。
朴氏は出版の目的は「日本擁護ではない」とした上で
「誤った認識で若者が(日本に)敵意を抱き、
韓日関係が悪化するのを座視できなかった」と述べた。
 1月から続いた公判準備手続きを終え、
30日から本格審理が開始。検察は冒頭陳述で、
朴氏が慰安婦と日本軍の関係を「同志的」などと表現した
一部記述について「虚偽事実で名誉を傷つけた」と改めて指摘した。
 弁護側は「帝国主義とは何かを考察した書籍。
資料に基づいており、名誉毀損は全くない」と主張した。
 裁判長は、問題とされた記述が
実際に名誉毀損や虚偽に当たるかどうか、
虚偽の場合は朴氏が
虚偽と認識していたかどうかなどを争点として整理した。
検察側は、存命中の元慰安婦の
証人申請を検討しているとも説明した。(共同)
元慰安婦が現金支給に反対「死ぬまで闘う」
【「慰安婦」日韓合意】韓国側、現金支給「大きな意味」
日韓の和解を模索した著書「帝国の慰安婦」を批判した、
鄭栄桓・明治学院大准教授の著書
「忘却のための『和解』」がこのほど、韓国で翻訳出版された。
ソウルで1日開かれた記念行事には朴氏も招かれたが、
出席者が朴氏をやゆするなど険悪な雰囲気が漂った。

 鄭氏の著書は、朴氏が史料を恣意的に解釈し
日本の責任を過小評価したと批判。
日本在住の鄭氏は1日の行事に日本からネット中継で参加し、
「朴氏が評価されたのは
日本が望む慰安婦イメージを提供したからだ」と述べた。
朴氏は
「日本の責任を否定したい人々が評価してくれたのではない」
と反論したが、
鄭氏の支持者が多い会場からはあからさまな失笑も。
 今回、鄭氏は訪韓を試みたが韓国政府は朝鮮籍の
同氏の入国を不許可。支持者らは抗議声明を出した。
鄭氏は過去に渡韓歴があるが、
2008年からの保守系の李明博政権以降、
入国できていない。(共同)
表記の公算 7月策定へ

初公判のため、ソウル東部地裁に入る
朴裕河・世宗大教授
初公判を終え、報道陣の質問に答える
朴裕河・韓国世宗大教授

2016.2.16 19:20 【「帝国の慰安婦」問題】 産経ニュース
著者の朴教授、給料が差し押さえられる
「全く予想していなかった」
【ソウル=名村隆寛】慰安婦問題の学術書「帝国の慰安婦」で、
元慰安婦らの名誉を毀損(きそん)したとして
在宅起訴された韓国の朴裕河(パク・ユハ)世宗大教授の給料が、
差し押さえられたことが16日、分かった。
 支援施設「ナヌムの家」で共同生活を送る
元慰安婦9人が起こした別の民事訴訟で、
ソウル東部地裁が先月13日、朴氏に総額9000万ウォン
(約870万円)の賠償を命じた判決を受けたもの。
判決後、原告らはソウル西部地裁に対し、
朴氏と勤務先の世宗大を経営する学校法人を対象に
債権(賠償金)を差し押さえるよう申し立てた。
同地裁は今月、申し立てを認め、
世宗大に給与の差し押さえを伝えた。
 朴氏は産経新聞に対し、
「給料の差し押さえは15日に
(大学側から伝えられて)知った」と答えた。
今月から賠償金の支払いが終了するまで、
給与の一部が差し押さえられる。
朴氏は「全く予想していなかった」と述べ、
何らかの圧力がかけられている状況を説明した。
 朴氏は自身のフェイスブックで
「『ナヌムの家』の目的は、
『帝国の慰安婦』著者の朴裕河教授の反論
修正 : 2016.02.15 07:16 ハンギョレ新聞

「帝国の慰安婦」朴教授が無罪主張 ソウル地裁で初公判
ソウル=東岡徹 2016年1月20日13時35分 朝日新聞
著書「帝国の慰安婦」で元慰安婦の名誉を傷つけたとして
在宅起訴された韓国の朴裕河(パクユハ)
・世宗(セジョン)大教授(58)に対する初公判が
20日、ソウル東部地裁で開かれた。
朴教授側は「本は名誉毀損(きそん)とは関係ない。
慰安婦問題の解決を模索するために書いた」
などとして無罪を主張した。
 この裁判について、朴教授側は
19日、ソウル東部地裁に「国民参与裁判」を申請した。
日本の「裁判員裁判」に似た制度で、無作為に選ばれた
20歳以上の韓国の国民が「陪審員」として裁判に参加し、
有罪か無罪の評決を出し、有罪の場合は量刑も討議する。
ただ、陪審員の評決や意見に拘束力はなく、
裁判所はこれらを参考に判決を出す。

 ソウル東部地裁は昨年2月、元慰安婦が
名誉を傷つけられたとして
「帝国の慰安婦」の出版禁止などを求めた仮処分申請に対し、
34カ所を削除しなければ出版を認めないと決定を出した。
今月13日にも元慰安婦が朴教授に対し慰謝料を求めた訴訟で、
総額9千万ウォン(約880万円)の支払いを命じる一審判決を出している。
今回の公判も同じソウル東部地裁で行われることから、
朴教授は国民参与裁判を申請したという。

 裁判長は20日の公判で、
「国民参与裁判」を適用するかについては
検察側の意見などを踏まえて結論を出す考えを示した。

 起訴内容によると、1993年の河野談話や国連の報告書などで
慰安婦は「性奴隷に他ならない被害者と認められる」とした。
しかし、朴教授は著書で、慰安婦について
「自発的に行った売春婦」などと書いていることから、
「虚偽の事実」で公然と元慰安婦の名誉を傷つけ、
学問の自由を逸脱したとした。
これに対し、朴教授は「自発的に行った売春婦」という表現について、
「日本の慰安婦否定論者の主張を引用して書いただけで、
私がそう主張しているわけではない」と反論している。
旧日本軍の従軍慰安婦問題を扱った著書
「帝国の慰安婦」で元慰安婦らの名誉を傷つけたとして、
名誉毀損罪で在宅起訴された朴裕河・世宗大教授の初公判が
20日、ソウル東部地裁で開かれた。
 朴氏は19日、日本の裁判員裁判に近い
「国民参与裁判」の実施を申請。
地裁は20日にも、実施の適否を判断する可能性がある。
 元慰安婦らが2014年6月に朴氏を刑事告訴し、
ソウル東部地検が15年11月に在宅起訴した。
地検は慰安婦と日本軍を「同志的関係」などとした
一部記述について「虚偽事実を記載し、
公然と被害者の名誉を毀損した」と指摘した。
 朴氏は「検察側の解釈には誤読、曲解がある。
名誉を傷つける意図はない」として無罪を主張する構え。
在宅起訴を受け日韓の有識者は
「学問の自由が侵されつつある」などとする抗議声明を発表。
地検は起訴の発表資料で、学問などの自由は
「秩序維持や公共福利のため必要な場合
(一定の範囲内で)制限できる」としている。(共同)
在宅起訴された韓国の朴裕河・世宗大教授の刑事裁判をめぐり、
韓国社会が揺れている。
14日に予定された初公判は延期となったが、
検察当局の司法判断には韓国メディアからも非難の声が上がる。
韓国に根付く「反日病」に変化の兆しはあるのか。

韓国地裁
朴教授に賠償命令 「帝国の慰安婦」名誉傷つけ
毎日新聞 2016年1月13日 20時40分

(最終更新 1月13日 22時32分
旧日本軍の従軍慰安婦問題を扱った韓国書籍
「帝国の慰安婦」で名誉を傷つけられたとして、
元慰安婦らが著者の朴裕河(パク・ユハ)・世宗大教授に
計約2億7000万ウォン(約2650万円)の
損害賠償を求めた訴訟の判決で、
ソウル東部地裁は13日、一部表現が
元慰安婦らの名誉を傷つけたと認定、
朴氏に計9000万ウォン(約885万円)の支払いを命じた。

 原告側は書籍中、慰安婦と日本軍が
「同志的関係にあった」などとした記述を問題視。
判決理由で裁判長はこうした表現が
「原告らの社会的評価を低下させ、人格権を侵害した」と指摘し、
中傷の意図はないとの朴氏の主張を退けた。(共同)

「帝国の慰安婦」著者に賠償命令 地裁「人格権を侵害」
ソウル=東岡徹 2016年1月13日19時28分 朝日新聞
韓国の朴裕河(パクユハ)・世宗(セジョン)大教授が
慰安婦問題について書いた著書「帝国の慰安婦」で
名誉を傷つけられたなどとして、元慰安婦9人が
1人当たり3千万ウォン(約295万円)の慰謝料を求めた訴訟で、
ソウル東部地裁は13日、朴教授に対し、1人当たり1千万ウォン、
計9千万ウォン(約880万円)の
支払いを命じる判決を出した。朴教授は控訴する方針。

 判決は、慰安婦の募集や慰安所の設置、
運営に旧日本軍が関与したことは国連人権小委員会の
様々な報告書や
1993年の河野官房長官談話などで認められると指摘した。

 そのうえで、慰安婦について「性奴隷と変わらない生活を強要され、
人間としての尊厳と価値を抹殺された被害者に該当する」などと認定。
原告側が問題とした34カ所の表現のうち、
「自発的に行った売春婦というイメージ」といった10カ所について、
「本人の選択で慰安婦となり、経済的対価を得るために
売春をした人だと暗示している」などとして、
名誉毀損(きそん)に当たると指摘した。
「基本的には軍人と『同志』的な関係を結んでいた」
などの22カ所については、原告の人格権を侵害したと判断し、
いずれも賠償責任を認めた。
こうした表現は「学問の自由の限界を逸脱し、
不法行為が成立する」とした。
残る2カ所についてはどちらにも該当しないとして退けた。

 朴教授は判決について、「承服できない。
控訴する」と語った。「自発的に行った売春婦」という表現について、
「日本の慰安婦否定論者の主張を引用して書いただけで、
私がそう主張しているわけではない」と反論。
「軍人と『同志』的な関係」とした部分については、
「大日本帝国の一員として動員されたという意味で、
日本に謝罪と補償を求める理由が明確になる」と述べた。

 朴教授は名誉毀損の罪でソウル東部地検に
在宅起訴されている。(ソウル=東岡徹

2016.1.12 18:09 2
「帝国の慰安婦」著者がワシントンで講演
【ワシントン=加納宏幸】慰安婦問題を扱った書籍
「帝国の慰安婦」をめぐり在宅起訴された
著者の朴(パク)裕河(ユハ)・韓国世宗大教授が
11日、ワシントンのシンクタンクが開いた日韓関係に関する
シンポジウムで同問題に関し、
「政府の声を唯一の声とせず、ナショナリズムを
人々の利益に優先させないことが重要だ」と述べ、
学術的立場からの冷静な議論を呼びかけた。

 朴氏は、かつて日本が設立した
アジア女性基金から60人の元慰安婦が
「償い金」を受給したと指摘。
韓国人の多くがこうした事実を知らないと述べた。

 また、強制的に慰安所に連行されたわけではなく
兵士を支援したと証言した元慰安婦の存在を挙げ、
「韓国ではメディアが一方向で特定の見方に迎合する傾向にあるため、
このような声や見方は韓国人には聞き入れられない」と嘆いた。

 その上で、朴氏は昨年12月の慰安婦問題に関する
日韓合意を踏まえ、日米韓などの研究者による
諮問機関を設けて事実の究明に取り組むことを提案した。

一方、慰安婦問題で日本を糾弾してきた
米コネティカット大学のアレクシス・ダデン教授は
慰安婦問題を「日本による国家的な性奴隷制度」とし、
日本政府が韓国政府に
慰安婦像の撤去を求めていることを非難した。
また、昭和天皇の戦争責任にも言及した。

 朴氏はシンポジウム後、記者団に
「米国でこの問題に関心を持っている方は
(支援)運動側に関心を持ってきたので、
私の議論には批判的なのだろう」と指摘。
学者同士の議論がより重要になると強調した。
【「帝国の慰安婦」在宅起訴】韓国に突きつけられた学問、研究の自由

ka-海外の報道の変化, NYT, pa-パク・ユハ,
te-帝国の慰安婦, yu-ユ・ヒナム
新年あけましておめでとうございます。

昨年は、最後の最後に大きな出来事がありました。
日韓が慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」に合意。
これについては、
まだこの後、一つか二つ小波乱があるかもしれません。

やや地味なニュースではありますが、
ノリミツ・オオニシ以降、慰安婦問題について
かなり偏った報道を繰り返して来たニューヨーク・タイムズが、
12月になり『帝国の慰安婦』を巡る韓国の騒動に絡み、
初めて(?)慰安婦問題に関して
真っ当な・・・あえて言えば「正直な」記事を掲載しました。
この記事は、現在密かに他の欧米メディアに
影響を与えつつあるのではないかという気がしています。
また、アメリカの反日運動家にも
インパクトを与えたらしい気配もあります。

昨年の教科書の国定化
パク・ユハ教授の在宅起訴というニュースで、
国際社会の韓国を見る目も変わって来たようです。
この記事にもありますが、日本も韓国も
どっちもどっちという目で見られ始めたようです。
敵失というわけでもないでしょう。
韓国政府にも言い分はあるはずで、
要するに、
日本の場合と同じく欧米メディアの無知もあるのでしょう。

それでも、日本にとっては棚からチャンスが降って来たようなもの。
少しずつですが、状況は好転しています。

論争の韓国の「慰安婦」物語、
激しい反発を呼んだ大学教授
ニューヨーク・タイムズ 2015.12.18 [原文]
2013年に朝鮮人「慰安婦」に関する本を出版した時、
この本がどのように受け止められるか
「少々不安だった」とパク・ユハは書いている。

結局のところ、この本は戦時性奴隷についての
「常識」に真っ向から挑戦する物だった、と彼女は言う。

しかし、反発がこれほどとは、彼女ですら考えていなかった。

今年の2月、韓国の裁判所は、
パク氏の『帝国の慰安婦』に関して、
虚偽の事実で元慰安婦の名誉を毀損しているとして
34箇所の改訂を命じた。
パク氏は、韓国では広く日本の植民地支配による
被害と歴史の正義の神聖なるシンボルとみなされている
老婆たちの名誉を毀損したという理由で、
刑事裁判の被告にもなっている。
彼女は何人かの
慰安婦自身からも名誉毀損で訴えられている。 

慰安婦たちは、パク氏が日本文学の教授を務めている
ソウルの世宗大学からの追放を要求している。
他の研究者たちは、彼女を戦争犯罪に関する
日本の弁解人だと言っている。
ソーシャルメディアでは、
彼女は「裏切り者の親日派」とされている。

「彼らは慰安婦の他の面を見せたがらないのです」
穏やかな語り口調の彼女は、
支援者の一人が経営する物静かな街角の喫茶店での
最近のインタビューで語った。
「そんなことをすれば、彼らは問題を希釈化し、
日本に免罪符を与えることになると考えるのです」

慰安婦問題は長い間議論の的となって来た。
批判者らが単なる日本の代弁者と呼ぶパク氏
・・・によって示された具体例(原文:「出来事」)が、
これまで何年にも渡り提供されて来た多くの例よりも
正しいのか判断するのは難しい。
ともあれ、パク氏が立ち向かう韓国人の間の常識は、
韓国人の隣の島国に対する敵意と同じく、
数十年に渡り、
ゆるぎない物として存在し続けているのである。

公的史観によれば、20世紀の初期、
日本政府は軍隊が運営する自国の売春宿に
朝鮮その他から無垢な少女たちを強制的に連れて行った。
そこで彼女たちは性奴隷として拘束され、
第二次大戦に日本が敗れるまで続いた
35年間の日本の植民地統治の最悪の伝説として、
日に何十人もの兵隊に汚されたのだった。

本の為に、韓国と日本の
豊富なアーカイブを精査し生存する慰安婦に
インタビューしてリサーチした58歳のパク氏は、
そうした浄化され画一化された朝鮮人慰安婦のイメージは、
慰安婦の正体を十分説明出来ないし、
韓国と日本の間の数々の問題の中でも
最も感情的な問題を一層深刻化させることに気づいたという。

彼女が言うところの、慰安婦の人生に対するより
包括的な見方を提示する為に、
彼女はある者にとっては新鮮だが、
多くの者にとっては豪語同断、
時に裏切りとさえ受け取られる主張をした。

本の中で彼女は、女性を「慰安所」に連れ込んだり
強制したのは不当な利益を得る朝鮮人協力者と
民間の日本人募集人たちで、
「慰安所」での生活は強姦とも売春とも無縁ではなかったが、
日本政府が公式に朝鮮人女性に対する強制に
関与したという証拠はなく、
それゆえ法的責任はないと力説している。

売春宿でしばしば
「奴隷のような境遇」の下で虐げられてはいても、
朝鮮や台湾といった日本の植民地の女性たちは、
帝国市民として扱われ
自分たちのサービスを
愛国的行為と認識することを期待されていた。
彼女たちは日本兵たちと「同志風」の関係を結び、
時に彼らと恋に落ちたと彼女は書いている。
彼女は、日本兵たちが病気の慰安婦を愛情深く介抱し、
売春婦となることを望まない者たちを
帰郷させたケースも紹介している。

この本は数千部しか売れなかったが、
途方もない論争を呼んだ。

「彼女のケースは、韓国において
慰安婦に関する型にはまった知識に
楯突くことがいかに困難になってしまったかを表している」と、
社会批評家のキム・クハンは言う。

昨年日本で発売されたパク氏の本は、賞を受賞した。
「学問と報道の自由に対する抑圧」であると
韓国の検察を非難する声明を出した。
その中には、1993年に慰安婦募集の中の
強制性を認めた
画期的な謝罪を出した河野洋平元官房長官もいた。

その時ですら、
河野氏は募集は主に日本軍や軍人、
役人(?)の要請で働いていた民間業者が行ったと述べた。
しかし、怒れる韓国人たちにとっては、
河野の警告は謝罪を無効化するものだった。

今月、190名の韓国の学者と文化人が、
パク氏が著書の中で試みたことを支持する声明を発表した。
書かれていること全てを支持したわけではないが。
彼らは、彼女の起訴を
「公衆の意見を国家のコントロール下に置こうとする」
「時代錯誤」な試みだと訴えた。

しかし他の人々は、学問の自由を言うのは、
批判(反発)の本質を見誤っていると主張する。
パク氏を「重大な法的理解に対する軽視を露に」し、
日本の国家責任という
問題の本質を回避しているとして非難した。

彼らの声明は、軍のような日本の国家機関が
数万人の女性を性奴隷にするという
「おぞましい犯罪」に関与したのだと主張する。
1990年代の二人の国連特別報告者に共通する見方である。

ソウル大ロースクール(?)のヤン・ヒュンア教授は、
パク氏の言語道断な間違いは
「女性たちの人生から選択的に抽出した
細かい話を一般化する点だ」と言う。

「あの女がこの国から追放されればいいのに」
パク氏を訴えた9人の元慰安婦の一人ユ・ヒナム(87)は
そう言いながら記者会見で杖を振るわせた。

息子を連れて夫と離縁したパク氏は、
韓国で育ち、高校を卒業してから家族で日本に移住した。
日本で大学に進学し、
早稲田大学で日本文学の博士号を取得した。
彼女は、以前に上梓した『和解の為に』で
慰安婦問題に触れている。
この本は、二つの国の間の悩ましい関係を癒すという
彼女のもっと大きな願い(興味)を反映した物だった。

彼女は2011年に、慰安婦を売春婦と主張し、
韓国での慰安婦のイメージを否定する
日本のディナイアー(否定論者)達との間の溝を埋めるために
新しい本を書き始めた。
この溝は、それぞれの政府の歴史観を
国民に押し付けようとしているとして批判されている
韓国のパク・クネ大統領と
日本の安倍晋三首相の下で深まったようである。
昨年、安倍氏の政治的同志達は、
1993年の河野氏の謝罪の再考(撤回)を主張することまでした。
パク氏は、家父長制社会や国家主義や
貧困が慰安婦の募集に果たした役割を調べることによって、
議論を深めようと試みたと言う。
中国のような占領地で戦利品として
捕らえられた女性と異なり、植民地朝鮮の女性たちは、
現代の貧しい女性たちが売春婦となるのと
そっくり同じようにして慰安婦所に連れて行かれたのだと言う。

加えて、彼女はもっと最近の、
1960年代から80年代までの韓国で、
冬季演習中のアメリカ兵たちの後をついて
歩いた韓国人売春婦と日本軍慰安婦を比較した。
(元アメリカ軍売春婦たちによれば、
しばしば毛布を腕に抱えていたことから
「ブランケット部隊」と呼ばれた女性たちは、
アメリカ軍部隊を探す売春業者に導かれて
雪の丘を歩いたり、
アメリカ兵たちが列を作る前で、
テントで野戦売春宿を設営したりした)

「朝鮮人慰安婦は犠牲者でした。
しかし同時に、彼女たちは植民地からの人間として
協力者でもあったのです」と、
裁判所の指示で改定されたの部分でパク氏は書いている。

しかし彼女は、たとえ日本政府が直接女性たちの
強制リクルートを命じなかったとしても、
たとえ一部の朝鮮人女性が
自発的に慰安所に赴いたとしても、
日本政府は、こうした事が起こる原因となった
帝国主義的構造を構築した
「罪」を免れることは出来ないとつけ加えた。

パク氏は、自分には慰安婦を中傷する理由がないと言う。
朝鮮が開放された1945年以後、
元慰安婦たちは
「自分を売った親や朝鮮人業者」に対する憎しみをといったような
思い出の多くを捨て去った。
代わりに、反日感情を煽るために
ナショナリスト活動家らに押し付けられた
「被害国のシンボル」という役割を演じることのみを期待され、
そして韓国人一般に受け入れられたのだと彼女は言う。

「自発的だろうとなかろうと、
売春婦だったか否かに関わらず、
我々の社会では彼女たちは
純粋無垢な少女でなければいけないのです」と
彼女はインタビューの中で語った。
「さもないと、人々は日本に責任を負わせられないと思っています」

検索キーワード「朴裕河」に一致する投稿を関連性の高い順に表示
2015年12月3日木曜日
挺対協関係者のソウル大学の鄭鎮星教授ら、

2015年11月30日月曜日
朝日・毎日新聞、「帝国の慰安婦」著者に聞く 

2015年3月7日土曜日
削除部分を紹介。慰安婦巡る本 一部削除しなければ差し止め。

0 件のコメント:

コメントを投稿