慰安婦問題について、いろんな報道: 元横綱 千代の富士の九重親方が死去。

Translate

2016年7月31日日曜日

元横綱 千代の富士の九重親方が死去。


元横綱 千代の富士の九重親方が死去
7月31日 19時14分 NHKニュースウェブ
大相撲で31回の優勝を果たし、
相撲界で初めて国民栄誉賞を受賞した
元横綱・千代の富士の九重親方が、31日午後4時ごろ、
東京都内の病院で亡くなりました。61歳でした。
九重親方は昭和30年、北海道福島町で生まれ、
昭和45年に初土俵を踏みました。
昭和56年の名古屋場所で2回目の優勝を果たして
第58代の横綱となり、前みつを取っての速攻や
強烈な上手投げなどで圧倒的な強さと人気を誇り、
「ウルフ」のニックネームで親しまれました。
昭和63年には当時、戦後最高となる53連勝、
平成元年には通算勝ち星の当時の新記録を作り、
相撲界で初めて国民栄誉賞を受賞しました。
平成3年の夏場所の初日に18歳の貴花田、
のちの横綱・貴乃花に敗れ、
3日目に貴闘力に敗れたあと、
現役引退を表明しました。
優勝回数31回は歴代3位、
通算1045勝は歴代2位の記録です。
引退後は九重部屋を継承して大関・千代大海など
多くの関取を育て、
去年、国技館で還暦を祝う土俵入りを披露しました。
しかし、そのあとの名古屋場所を休み、
早期のすい臓がんの手術を受けたと明らかにしていました。
そして31日午後4時ごろ、
東京大学附属病院で亡くなったということです。

圧倒的な人気と強さの相撲人生

元横綱・千代の富士の九重親方、
本名、秋元貢さんは、昭和30年、北海道福島町で生まれ、
昭和45年の秋場所、15歳で初土俵を踏みました。
昭和50年に新入幕を果たし、軽量なうえ、
肩の脱臼などたび重なるけがに苦しみながらも、
厳しい稽古とトレーニングで番付を上げました。
昭和56年の初場所で、当時の横綱・北の湖との
優勝決定戦に勝って初優勝し、大関に昇進しました。
さらに同じ年の名古屋場所で2回目の優勝を果たし、
第58代の横綱となりました。
左前みつを取って前へ出る速攻や強烈な上手投げなど、
力強さとスピードを兼ね備えた相撲を取って優勝を重ね、
引き締まった筋肉質の体と精かんな顔だちから
「ウルフ」のニックネームで圧倒的な人気を誇りました。
昭和63年には、休場明けの夏場所から4場所連続で優勝し、
当時の戦後最高となる53連勝を果たしましたが、
九州場所の千秋楽で横綱・大乃国に敗れ、
双葉山の69連勝には届きませんでした。
平成元年には、三女を亡くした直後の名古屋場所で、
史上初となる同じ部屋の
横綱・北勝海との優勝決定戦を制しました。
さらに、続く秋場所で
当時の通算勝ち星の新記録を樹立し、
場所後に相撲界初の国民栄誉賞を受賞しました。
これを受けて日本相撲協会は、
一代年寄を贈ることを決めましたが、
本人が辞退しました。
平成2年の春場所で、前人未到だった通算1000勝を達成、
その年の九州場所では休場明けで31回目の優勝を果たし、
元横綱・大鵬の優勝記録まであと1回に迫りました。
しかし、翌場所から2場所続けて休場し、
復帰した平成3年夏場所の初日に、18歳の貴花田、
のちの横綱・貴乃花に敗れ、
その2日後に貴闘力に敗れたあと、引退を表明しました。
引退会見では「体力の限界、気力もなくなり
引退することになりました」と、涙をこらえながら話しました。
通算1045勝と横綱在位59場所は歴代2位、
優勝勝31回と幕内807勝は歴代3位など、
20年余りの現役生活で
数多くの記録をうち立てた大横綱でした。
引退後は年寄、陣幕を経て、九重部屋を継承し、
大関・千代大海など多くの幕内力士を育てる一方、
日本相撲協会の理事として事業部長などを歴任しました。
60歳になる前日の去年5月31日には、
東京・両国の国技館で
赤い綱を締めて還暦を祝う土俵入りを行い、
露払いに日馬富士、太刀持ちに
白鵬の2人の現役横綱を従えて、
現役時代と同じ雲龍型の土俵入りを披露しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿