慰安婦問題について、いろんな報道: 日刊ゲンダイ、上西小百合議員が「おおさか維新」のスキャンダルを暴露か。上西小百合氏、もはや「噛みつき芸人」?「三原じゅん子は馬鹿」ツイートに 「お前が言うな」の大合唱。維新の党、上西議員を除名 橋下氏「二度と付き合わぬ」。国会を休んで男性とお泊り旅行の維新・上西小百合議員、橋下最高顧問「議員辞職すべき」

Translate

2016年8月2日火曜日

日刊ゲンダイ、上西小百合議員が「おおさか維新」のスキャンダルを暴露か。上西小百合氏、もはや「噛みつき芸人」?「三原じゅん子は馬鹿」ツイートに 「お前が言うな」の大合唱。維新の党、上西議員を除名 橋下氏「二度と付き合わぬ」。国会を休んで男性とお泊り旅行の維新・上西小百合議員、橋下最高顧問「議員辞職すべき」

ツイッターで言いたい放題?
(画像は上西議員公式サイトのスクリーンショット)
橋下維新は戦々恐々 “暴走”
上西議員が暴露するカネと醜聞
2016年8月2日 10時26分
日刊ゲンダイDIGITAL
「浪速のエリカ様」こと上西小百合衆院議員(33)が、
「おおさか維新」のスキャンダルを暴露し始めた。
31日のツイッターでは、安倍首相と橋下徹前大阪市長が会談し、
「改憲」で意気投合したとの報道を取り上げ、
「議論などしない予定調和」と怒りをぶちまけると、
止まらなくなった。

〈維新が勉強会と称して有馬温泉でドンチャン騒ぎやった時に、
橋下さんが「どうせ法案なんか通らないんだから、
宣伝の為にどんどん出せばいいんですよ」
って言い出したんでビックリした〉
〈馬場議員が毎月300万飲み代に使ってるって報道が出た時に、
党が否定したけど、おかしいと思って維新の党に聞きにいったら
(除名の後です)、300万の月もあるけど、
そうじゃない月もあるからって〉

 もし、これらが事実だったら大変なことだ。
橋下氏は普段はエラソーなことを言っておきながら、
ウラでは法案なんて党の宣伝のための
“道具”に過ぎないと思っていることになる。
勉強会も嘘っぱちで、温泉につかり、
酒を飲んで騒いでいただけだったのか。
それにしても、なぜ上西議員は
突然、維新のスキャンダルを暴露し始めたのか。
上西事務所はこう言う。
「上西本人としては、橋下さんが安倍首相にすり寄って
改憲に向かうのが許せなかったようです。
出身政党がゆがんできたら、正すのは当然のこと。
維新について、知っていることは山ほどある。
今回ツイッターでつぶやいたのは“序の口”にすぎません。
今後はもっとシビアな問題を暴露していくようです」
 上西議員といえば、“国会サボリ疑惑”で
維新の会(当時)から除名され、
現在は無所属。最近はツイッターやテレビで、
アチコチにケンカを売る一方、
他党への入党のウワサが絶えない。
おおさか維新の会を取材している
ジャーナリストの櫻本幸吉氏はこう言う。
「地元・大阪で上西議員は全く相手にされていません。
ただ、次の衆院選に出ることは明言している。
維新に戻ることは絶対になく、
選挙では維新の候補と戦わないといけない。
その意味での“維新叩き”で、
知名度アップを図りたいのでしょう。
橋下さん、維新にとっては、
かなりうっとうしい存在だと思います」
 この際、知っていることは洗いざらい暴露すべきだ。

上西小百合衆院議員が自身のツイッターで、
8月の内閣改造での入閣が噂されている
自民党の三原じゅん子参院議員をバッサリ斬り捨てた。
 上西氏は「もし、三原じゅん子議員が入閣するなら、
自民党は女性議員なんて駒以下だと思ってるんでしょうね。
野田聖子議員が入閣しないで三原議員なんて、漫画ですよ。
だからいつまでたっても女性議員なんか増えない。
でもそれでいいんじゃないかな。
女性の敵は実は女性だから」と持論を展開。
さらには「三原議員が勉強してる? 本気ですか? 
あの人馬鹿ですよ。自民党の数合わせの代表みたいな人。
私みたいな数年しか議員やってない馬鹿でも
絶対論破できる人」と罵倒した。
 今や嫌われ議員NO1の上西議員だけに、
このツイートにネット民は即座に反応。
「馬鹿っていうあなたのほうが馬鹿」
「人を馬鹿呼ばわりする時間があるなら仕事しろ」
「一刻も早く辞めてほしい」など袋叩き状態。
一瞬で炎上騒ぎとなった。
「上西議員といえば、最近は『27時間テレビ』(フジテレビ系)で
東国原英夫とバトルを展開。過去には杉村太蔵を
ツイッターで『馬鹿』とののしったことに批判の声が殺到し、
公式ブログで釈明しています。人を批判している暇があったら
議員の活動をしっかりしてほしいですよ」(テレビ関係者)
 上沼恵美子をはじめ、各所から「辞職勧告」されてきた上西議員。
議員にしがみつくより、一刻も早く辞めて
「嫌われタレント」にでもなってくれたほうが、
国民はすっきりしそうだが‥‥。

上西小百合氏、もはや「噛みつき芸人」?
「浪速のエリカ様」こと上西小百合衆院議員(無所属)が
自民党の三原じゅん子参院議員に噛みついた。
自身のツイッターで、名指しで「馬鹿」呼ばわりしたのだ。
一部で「入閣候補」と報じられている三原氏の資質を
疑問視してのツイートのようだが、上西氏はテレビなどでも
過激な個人攻撃が目立っており、
一部から「テレビ芸人」としての「売名行為」との指摘も出ている。

「三原議員が勉強してる?本気ですか?」

きっかけは、上西氏が2016年7月27日に

投稿した次のツイートだった。
「もし、三原じゅんこ議員が入閣するなら、
自民党は女性議員なんて駒以下だと思ってるんでしょうね。
野田聖子議員が入閣しないで三原議員なんて、漫画ですよ。
だからいつまでたっても女性議員なんか増えない。
でもそれでいいんじゃないかな。女性の敵は実は女性だから」

8月3日に行われる予定の内閣改造について、
一部では三原氏が入閣候補として報じられている。
だが、上西氏はこれに納得できないらしい。
その後、同ツイートに対して「三原じゅんこ議員は
そこいらの男性議員より勉強していますよ」とのコメントが届くと、
「三原議員が勉強してる?本気ですか?
あの人馬鹿ですよ」と一蹴。さらに、
「自民党の数合わせの代表みたいな人。
私みたいな数年しか議員やってない馬鹿でも絶対論破できる人」
と、徹底的にこき下ろした。
上西氏は「馬鹿」呼ばわりする理由の1つには、
三原氏が子宮頸がんワクチン推進の立場であることがあるようだ。
27日、同ワクチン接種後の健康被害を訴える女性63人が
国と製薬会社を相手に集団訴訟を起こした。
すると、ワクチン接種に推進の立場ではない上西氏は、
三原氏のワクチン接種に関する過去の発言などもからめてリツイートし、
再び「三原議員は本当に馬鹿ですよ」と指摘した。
さらに29日には「三原議員はタレントさんだから、
やってる感じを出すのは上手い。ただしそれだけ」とも続けた。

過去には杉村大蔵氏にも「馬鹿」
だが、こうした三原氏への手厳しいツイートの数々は、
結果として上西氏自身への批判を招いているようだ。
応援の声はゼロでこそないものの、寄せられた声の多くは、
「バカって...もう少し言葉が無いものかしら?」
「自分と意見の違う人、
嫌いな人を馬鹿と言ったら、もうあなたの負けです」
「政治家って論破することが仕事なのでしょうか?」
「人を見下しすぎですよ」
という、疑問や反論の声だ。
もっとも上西氏のこうした「暴走」は今に始まったことではない。
2月には、元衆院議員でタレントの杉村太蔵氏をツイッターで
「馬鹿」と評し、物議を醸した。自身を「維新の党」から除名した
橋下徹前大阪市長への批判も展開している。
また、かねて「因縁」のある元衆院議員の
東国原英夫氏とはツイッター上だけでなく、
ワイドショー上でも「口喧嘩」を繰り広げてきた。
つい先日(24日)も、「FNS27時間テレビフェスティバル!」
(フジテレビ系)でもバトルの場が設けられたばかりだ。
一方、6月のツイートでは、東国原氏がテレビで上西氏の名前を
頻繁に出すことを「東国原氏の売名行為」と批判し、
「今の東国原さんは『うえにし小百合芸人』」
とも皮肉ることもあった。
しかし、有名人への見境のない「噛みつき」が評判となり、
上西氏自身の
テレビ番組への出演が目立つようになっているのも事実だ。
そのため、ネット上では今回の三原氏へのツイートに対しても
「こいつは何と戦ってんだろ...」
「もう売名行為は結構」と、冷めた声がいくつもみられる。
<参院選特番⑦>ヤマヒロが上西小百合との議論から逃げ出す
2016/07/17 に公開 平成28年7月10日

【ガチ討論】東国原英夫 vs 上西小百合 ついに実現!
2016/07/25 に公開
維新の党の上西小百合衆院議員(31)=比例近畿=の
衆院本会議欠席をめぐる問題で、
同党は4日、上西氏を除名処分とした。
橋下徹最高顧問が代表を務める地域政党「大阪維新の会
が除籍を決めたことを受けた。
上西氏は議員辞職せず、無所属で活動を続ける意向。  
除名は維新の党で最も重い処分。
松野頼久幹事長は同日夜、
記者団に「党のイメージを損ねた」と理由を説明した。
上西氏には松野氏が除名とする方針を伝えた。
上西氏は取材に対し、事務所を通じて
「議員辞職はしない。無所属で頑張っていく」とコメントした。
 大阪維新の4日の発表では、上西氏が体調不良で
診断書を受け取ったにもかかわらず、
「夜に会食に出かけ、お酒の出る飲食店を回った」と認定した。
取材対応も含めた一連の行動を「極めて不可解」とも指摘。
さらに「日頃の言動に問題が多く、改善の見込みは全くない」としていた。
 橋下氏はこの日の街頭演説で上西氏との協議内容を公表した。
「1回辞めて、もう1回修業を積んで、次の選挙のときにしっかりやればいい」
と議員辞職を勧めたが、上西氏は
「法に触れない限りは身分を奪われない」と断ったという。
 維新側が早期の処分に動いたのは、
統一地方選への悪影響を避ける狙いがある。
橋下氏は街頭で「大阪維新の会の崩壊、消滅につながるので、
除籍をして、あの議員とは二度と付き合わない」と語った。
 上西氏は衆院大阪7区から立候補し、
2期連続で比例復活当選した。
橋下氏「上西氏は辞職すべき」 
本会議欠席後に旅行
2015/4/1 23:24
維新の党の橋下徹大阪市長は1日、同党の上西小百合衆院議員(比例近畿)が
体調不良を理由に本会議を欠席した2日後に旅行をしていたとして
「普通なら身を引く。辞めた方がいい」と議員辞職を求めた。
大阪市内で記者団の質問に答えた。
上西議員に「辞職を」 猛批判 
維新の党最高顧問の橋下徹大阪市長は1日、
同党の上西小百合(さゆり)衆院議員(31)=比例近畿=が3月13日の衆院本会議を
病欠し、14、15 日にわたり旅行に出たとの情報があるとして、
「納税者の皆さんは納得しない。(議員を)辞めたほうがいい」と批判した。
市役所で記者団に述べた。 橋下氏は「社会人失格で、国民のみなさんには申し訳ない。
上西議員を批判し続ける」と憤りをあらわにした。
一方、上西氏は事務所を通じて「療養に専念していた」などとするコメントを発表。
事務所によると、14日に大阪府内の自宅で療養し、15日には旅行したという。
 事務所によると、上西氏は13日、体調不良のため衆議院に欠席届を提出し、
同日昼ごろに大阪に戻った。
14日の自宅療養後、15日に大阪府吹田市議選の候補予定者の
事務所開きに出席してから旅行に出かけたとしている。

「志望者多いが、人材が足りない」維新、大阪市議選で過半数の擁立断念
便乗“維新の会”どこへ? 正念場迎える地域政党 
選挙用「互助会」批判に危機感からネットワーク化も
【大阪都構想】迫る審判、賛成派も5割が「説明不足」指摘 
市議選投票先は維新が圧倒的支持
【関西の議論】まるで出来レース? 公明「方針大転換」 維新と密約、
官邸の思惑…都構想と憲法改正で裏取引あったのか
【関西の議論】「3位じゃダメなんです」阪大総長自ら広告に登場
 東大、京大の「次」…大学序列にあえて言及した真の狙い
【関西の議論】「大阪」を捨てた!? 橋下改革で民営化、
出直す楽団…年収200万円未満、退職金なしでも競争率60倍の人気

維新・上西議員旅行問題 橋下最高顧問「議員辞職すべき」
04/01 19:52 FNNnewsCH
維新の党の橋下最高顧問は、党所属の上西小百合議員が体調不良を理由に
国会を休んだ翌日から知人男性と旅行に出かけたとして、厳しく批判した。
橋下最高顧問は「(3月)13日に欠席して、14、15日に元気になったからといって、
旅行に行くというのは、あってはならない。言語道断。
(議員を)辞めた方がいいと思いますよ、あの人」と述べた。
維新の党の上西議員は3月13日、急性ウイルス性胃腸炎を理由に、
衆議院本会議を欠席した。
この日は、予算案の採決が行われた、国会議員として最も重要な日だった。
しかし、上西議員は、欠席翌日から2日間、知人男性と旅行に出かけていたことが、
FNNの取材で明らかになり、橋下最高顧問もこの事実を認めた。
さらに、上西議員をめぐっては、国会を休んだ13日当日も、
旅行に出かけたのではないかという疑惑が浮上している。
取材に対して、上西議員は3月19日、
「(旅行に行った?)行ってないです。(13日は自宅で休んだ?)はい」と語った。
そ して、4日後の3月23日、
「(京丹後市行かれてましたよね?)(13日はどこに行かれた?)13日は、
だからね、あなた方はね。取材ね、事務所を通じてしか受けませんから、
取材拒否ですから、映さないでください。
(宮津行きましたか?)もういい。(国民に対しての説明責任があるでしょう?)...」
そして、上西議員が車に乗る際、秘書は
「おい、人の車当てたらどうするんや、オラ! ええかげんにせいよ」と語っていた。
この事態に、1日、橋下最高顧問は上西議員を強く批判した。
橋 下最高顧問は「13日に旅行に行っていたということだったら、
もう議員辞職だと思いますけど、14、15日に元気になったからといって、
旅行に行ったとい うことであったとしても、これは議員辞職すべきだと思っています。
(上西議員に取材を申し込んだが応じないが?)それはもう、議員として失格でしょう。
きちんと説明すべき」と述べた。  
上西小百合氏の質疑に有村治子大臣が半ギレNIPPON CHANNEL03
2014/11/11 に公開
上西小百合(維新の党) 衆議院内閣委員会 2014年11月12日
案件:女性の職業生活における活躍の推進に関する法律案(187国会閣22)

0 件のコメント:

コメントを投稿