慰安婦問題について、いろんな報道: 【和歌山発砲】拳銃は「暴力団ルート」で入手か? トカレフまで持っていた溝畑容疑者 近年は入手しやすく。銃両手に奇行数々の溝端容疑者 喫煙、防柵、 中華丼要求…警察を翻弄して最後は自殺し死亡。

Translate

2016年8月31日水曜日

【和歌山発砲】拳銃は「暴力団ルート」で入手か? トカレフまで持っていた溝畑容疑者 近年は入手しやすく。銃両手に奇行数々の溝端容疑者 喫煙、防柵、 中華丼要求…警察を翻弄して最後は自殺し死亡。

グアムの野外射撃場ワールドガン所有ロシアントカレフの実銃。
(2016/08/31 18:50) テレ朝ニュース

拳銃を所持し、17時間以上立てこもり、
発砲を繰り返した溝畑容疑者。
動機とともに、拳銃の入手ルートの解明も急がれる。

 溝畑容疑者が所持していた2丁の拳銃について、
銃器ジャーナリストの津田哲也さん(57)は
「グリップ部分の大きさからいずれも一定以上の
殺傷能力を備えた大型の自動式ではないか」と推定する。
自動式は撃つと薬莢(やっきょう)が排出される。
29日の発砲事件でも複数の薬莢が確認された。

 2丁のうち、銀色の薄手のものは貫通力の高い
軍用銃「トカレフ」の可能性があるといい、
津田さんは「銃弾の口径は小さいが、
軽量で高速で発射できるため
通常の防弾チョッキで防ぐのは難しい」と指摘する。
トカレフは粗悪品が流通して価格が下がり、
十数万円で入手できるという。
 拳銃をめぐっては、昨年8月に
指定暴力団山口組(神戸市)が分裂し
抗争に備えて流通量が増加。
最近は暴力団関係者だけでなく、
一般人でも入手しやすくなっており、
摘発は難しさを増している。
 暴力団に詳しいジャーナリストの溝口敦さん(74)は
「分裂抗争は山一抗争(昭和60~62年)のような激しさはない。
潜在的に拳銃は余っている。
買う人がいれば譲りたい組員は多い」と指摘。
元山口組系組長の男性(65)は、
溝畑容疑者が覚せい剤取締法違反の罪で
実刑が確定したことを念頭に
「覚醒剤と拳銃は同じ販売ルートだ。
金さえ出せば拳銃も簡単に手に入る」と話している。

【和歌山発砲】58時間の逃走劇…後手に回った捜査 
2016.8.31 21:03 2 3 【和歌山発砲】産経westニュース
銃両手に奇行数々の溝端容疑者 喫煙、防柵、 立てこもった住宅地に銃声が響き、
膠着(こうちゃく)状態だった現場は一気に急展開した。
2丁の拳銃を手に、発砲を繰り返しながら逃走した
溝畑(みぞばた)泰秀容疑者(45)は
31日、最後は自ら腹を撃ち逮捕されたが
午後8時50分過ぎに、搬送先の病院で死亡した。
和歌山市の建設会社で4人が死傷した発砲事件から3日目、
捜査員が説得を続ける一方、籠城は17時間半に。
恐怖に震えた住民に安堵(あんど)の時が訪れたが、
投降を呼び掛ける警察に対し、
溝端容疑者は翻弄するような“奇行”も目立った。
 31日午後6時40分すぎ、溝畑容疑者が立てこもった
集合住宅に突然の銃声が響き渡った。
警察が突入の機会をうかがう中、
溝畑容疑者は自らの腹部に発砲し、
説得にあたっていた警察官員が
身柄を確保したが、現場は一時騒然となり、
搬送のための救急車が駆け付けた。
 発砲事件後、逃走を続け、市内のホテルの従業員から
「不審な男が泊まっている」と110番があったのは
30日午前9時半ごろ。
その後、同日午後9時10分ごろ、同社の元従業員が
溝畑容疑者とよく似た男を発見し、110番。
その後、職務質問をしようとした警察官らに向けて
発砲して逃走を図り、
日付が変わった31日午前1時過ぎごろ
捜査員が再び見つけたが、投降に応じず
拳銃を所持したまま集合住宅に立てこもった。
和歌山県警が31日午前1時すぎに発見してから、
拳銃を肌身離さず、寝た様子もない溝畑容疑者。
 和歌山県警によると、午前4時ごろ、
溝畑容疑者は集合住宅に隣接する新築工事中の
民家の足場に姿を見せた。両手には拳銃各1丁。
銃を自分に向けたり、突然その場にしゃがみ込んで
拝むようなしぐさをしたほか、
悠然とたばこを吹かしたりする様子も見られた。
 時折足場に現れては、カメラを構える報道陣らの方向へ
銃を向けるようなしぐさも。
 「パン!」。
同6時40分ごろには、再び乾いた銃声が響いた。
県警によると、溝畑容疑者が集合住宅の通路で
右手の自動式拳銃を下向きに発砲。
別の集合住宅に住む近隣住民らがベランダから
恐る恐る顔をのぞかせたが、
防護ヘルメットをかぶった警察官が
部屋に戻るよう促した。
 1発目の発砲から約5分後、警察の突入を防ぐ目的か、
溝畑容疑者は集合住宅2階にあった洗濯機やいすで
階段の上り口にバリケードを築き始めた。
県警幹部は「膠着(こうちゃく)状態で
説得に応じない」と漏らした。
同7時半すぎ、またも銃声が鳴り響き、
現場に再び緊張感が走った。
県警によると、溝畑容疑者は同9時10分ごろには
「(集合住宅)1階のおじいさんを避難させてあげて」と
警察側に自ら要求。
特殊部隊が住人の男性(80)を避難させる場面もあった。
 さらに、県警によると、午前11時55分ごろ、
溝畑容疑者は空腹を感じたのか、
捜査員に「中華丼とビールを」と要求。
県警は応じなかった。
 午後3時前には洗濯機や机を並べて築いた
バリケードのようなものを崩し、1階のトイレに。
付近で待機していたヘルメット姿の
大阪府警特殊部隊が慌てて前進し、緊張が走った。
ドアを開けた状態でトイレを終えた後、
1階に座り込み、再び膠着(こうちゃく)状態に戻っていた。
 しかし、午後には疲れのためか、
座り込む姿が目立った。
同7時前に集合住宅2階から階段を降りて
初めて路上に立った直後、自らの腹を銃で撃った。

0 件のコメント:

コメントを投稿