慰安婦問題について、いろんな報道: 【中国杭州G20】日中首脳会談 関係改善に向け努力で一致。安倍総理 5日に約1年半ぶり日中首脳会談へ。シナは米国を冷遇・オバマ氏一行に中国職員「ここはわれわれの国だ」と怒鳴り返す 補佐官らのクレームにも“強気”。中国・習近平、「世界のリーダー」演出 相次ぐ外交失点、 チャイナマネーをチラつかせ巻き返し狙う。その他関連。

Translate

2016年9月5日月曜日

【中国杭州G20】日中首脳会談 関係改善に向け努力で一致。安倍総理 5日に約1年半ぶり日中首脳会談へ。シナは米国を冷遇・オバマ氏一行に中国職員「ここはわれわれの国だ」と怒鳴り返す 補佐官らのクレームにも“強気”。中国・習近平、「世界のリーダー」演出 相次ぐ外交失点、 チャイナマネーをチラつかせ巻き返し狙う。その他関連。

5日夜、習近平国家主席と首脳会談を行い、
日中関係の改善に向けて両国が努力していくことで一致しました。
会談の冒頭、習近平国家主席は「中日関係は、
時に複雑な要素に妨害されて、
脆弱(ぜいじゃく)な一面も突出している。
両国としては、一日も早く正常な発展の軌道に戻すよう
努力しなければならない」と述べました。
これに対し、安倍総理大臣は
「日中間に困難な問題、課題も少なくないが、
戦略的互恵関係の考え方に立って、困難な課題をマネージしつつ、
大局的な観点から『ウィン・ウィン』の協力や交流を進めることによって、
安定的な友好関係を築いていきたい」と述べ、
関係改善に向けて両国が努力していくことで一致しました。
また、安倍総理大臣は、
北朝鮮が5日、3発の弾道ミサイルを発射したことに触れ、
「中国が主催するG20サミットの開催中に
このような発射を強行することは許しがたい暴挙だ」と述べました。

中国国営通信が速報
安倍総理大臣と中国の習近平国家主席による
日中首脳会談について、中国国営の新華社通信は、
日本時間の5日午後9時すぎ、速報で伝え、
「習主席は会談で、中国と日本は争いを横に置き、
できるだけ早く両国関係を
正しい発展の道に戻すべきだと述べた」としています。
また、南シナ海をめぐる問題について、
「習主席は、日本に慎重な言動を求めた」とも伝えています。
さらに、新華社通信は、習主席は
「ともに、地域の平和と安定を維持するために、
対話と協議によって
東シナ海の問題を適切に扱うべきだ」と述べたとしています。

安倍総理大臣は5日、習近平国家主席との首脳会談に臨みます。
中国の海洋進出などについて直接、懸念を伝える考えです。
 (政治部・小池直子記者報告)
 約1年半ぶりの首脳会談ですが、
会談時間など詰めの調整がギリギリまで続き、
ようやく実現へとこぎ付けました
。会談で安倍総理は、尖閣諸島周辺での
中国公船の領海侵入について自制を強く求めます。
そのうえで、偶発的な衝突を避ける連絡体制を築くため、
協議を進めたい考えです。南シナ海での海洋進出についても
「法の支配」の重要性を強調する方針です。
また、北朝鮮のミサイルや核開発問題についても協議する方針で、
日本側は中国に対し、
北朝鮮への働き掛けを強めるよう求めることにしています。
言うべきことは指摘しながら、
どこまで未来志向の会談となるかが焦点です。

3日、杭州に到着したオバマ米大統領(AP)
White House Aide, China Official Have Heated Words On Obama Asia Trip
フォックスニュース
Chinese official shouts an awkward G20 start for U S , China
ロイター通信
補佐官らのクレームにも“強気”
【杭州=西見由章】中国・杭州で開幕した
G20首脳会議に出席するため訪中したオバマ米大統領が
空港に3日到着した際、大統領専用機から滑走路へと降りる
赤じゅうたん付きのタラップ(移動式階段)が
用意されていないトラブルがあった。
AP通信などが報じた。
 オバマ氏は代わりに
機体据え付けの階段を使って飛行機から降りた。
他国の指導者が到着した際は
赤じゅうたんのタラップが使われており、
外国記者の間では
「中国側の意図的な冷遇では」との憶測も広がっている。

 また、空港では出迎えの中国側職員が大統領随行記者に対し、
オバマ氏から離れるよう指示。
米国の担当者が善処を求めると、
中国の職員が「ここはわれわれの国だ。
われわれの空港だ」と怒鳴り返したという。
ライス大統領補佐官がオバマ氏に近づこうとした際、
中国側職員に阻まれ、抗議する一幕もあった。
強襲揚陸艦「ボノム・リシャール」(聯合=共同)
中国が抱える主な経済問題
【Front Japan 桜】日中衝突回避 尖閣8月騒動の顛末
【杭州=河崎真澄】南シナ海をめぐる主張が
仲裁裁判所で全面否定されるなど
外交上の失点が相次いでいる中国の習近平政権は、
オバマ米大統領との米中首脳会談や、
今回議長国を務める20カ国・地域(G20)首脳会議の舞台で、
環境保全問題への対応や
「チャイナマネー」を武器に、
世界のリーダーを演出する戦術だ。

 オバマ氏がG20が開かれる杭州に向けてハワイを出発した後に、
中国の全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会が
地球温暖化対策への新たな国際枠組み
「パリ協定」の締結を承認してみせた。
 安全保障問題では摩擦が絶えない対米関係だが、
環境問題は歩み寄りが可能な数少ない分野だった。
「パリ協定」をカードに南シナ海問題などへの
批判をかわす狙いもあったようだ。

 南シナ海問題への裁定に前後して、
在韓米軍への地上配備型迎撃システム
「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備決定や、
メイ英政権による中国企業の原発建設参加への
懸念の表明など国際社会が
「対中警戒感」を続々と示し、
中国は逆風下におかれている。
 これに対し習氏は、G20に合わせて開かれた
3日の国際ビジネス会議で、
「中国は中・高速の経済成長を維持する能力があり、
構造改革を進める方針も揺るがない」などと強調。
巨大市場の「チャイナマネー」をチラつかせながら、
国際社会の目を改めて中国経済に向けさせ、
対外発言力を高める狙いを鮮明にした。

2016.9.2 13:41 2 【中国杭州G20】産経ニュース
巨額不良債権、人民元急落…くすぶる中国リスク 包囲網着々
4日開幕の20カ国・地域(G20)首脳会議は、
世界経済の下支えに向け、各国が協調姿勢を打ち出せるかが焦点だ。
英国の欧州連合(EU)離脱問題の影響に加え、
過剰な生産能力や不良債権を抱える中国経済の減速が
下方リスクとしてくすぶる。
議長国の中国に対し、
構造改革などの対応を求める声が強まる可能性がある。

 国際通貨基金(IMF)は1日、G20全体の国内総生産(GDP)を
2018年までに約2%底上げする
目標の達成は見通せないとの報告書をまとめた。
世界経済の成長は力強さを欠いたままだ。

 6月に英国のEU離脱が決まった直後に動揺した金融市場は
落ち着きを取り戻しつつあるものの、域内投資の縮小など
離脱の影響が長期化する可能性がある。
中国に関しては、国際市況の下落を招いた
鉄鋼などの過剰な生産能力は解消されず、
民間シンクタンクの試算では
金融機関の潜在的な不良債権は約190兆円に上る。
米国では年内の利上げが想定されるが、
新興国は資金流出の恐れがあり、
人民元が急落すれば世界の株式・為替相場に打撃を与えかねない。
中国に対しては、国有企業改革の遅れも指摘されている。
 会議ではこのほか、「パナマ文書問題」で
関心が高まる国際的な課税逃れ対策や、
経済活動の脅威となるテロ対策なども議論される見通しだ。
安倍晋三首相は「未来への投資」として、
8月にまとめた経済対策などを説明する。(田村龍彦)
強襲揚陸艦ボノム・リシャール 9ヶ月ぶりの実戦配備 (東シナ海に展開)
2015/02/10 USA ミリタリー チャンネル
佐世保基地に配備されている強襲揚陸艦ボノム・リシャール
(LHD-6)が昨年の4月28日から佐世保で長期のメンテナンスに入っていたが、
2015年1月29日に航空作戦に必要なアメリカ海軍の認証を受ける
2014年4月28日:佐世保帰港・定期メンテナンス入り(飛行甲板の補修)
2014年8月:検査航海中に飛行甲板に不具合・再補修作業へ
2014年12月:再補修作業終了
2015年1月15日:佐世保出港・離着艦訓練を行いながら沖縄へ向けて航行
2015年1月25日:沖縄ホワイトビーチ入港・第31海兵遠征部隊が乗り込む
2015年1月28日:沖縄ホワイトビーチ出港
2015年2月3日:辺野古沖でAAV7水陸両用装甲車を積み込み
以降、東シナ海に展開
ワスプ級強襲揚陸艦 ボノム・リシャール LHD-6 (オスプレイ/佐世保基地)
USA ミリタリー チャンネル 2014/12/15
2012年4月から長崎県の佐世保基地に配備されている
ワスプ級強襲揚陸艦の6番艦ボノム・リシャール(LHD-6)
AV-8Bハリアー・MV-22オスプレイなどを搭載

中国が焦燥感に駆られている。
アジアでの軍事的覇権を強め、
沖縄県・尖閣諸島の強奪もチラつかせていたが、
先週の日中韓外相会談では一転、
隣国との協調姿勢を演出したのだ。
9月に中国・杭州で主催する、G20(20カ国・地域)首脳会議を
成功させる思惑だけでなく、米軍が東シナ海などに展開させた
強襲揚陸艦や攻撃型原子力潜水艦の存在も大きいようだ。
ジャーナリストの加賀孝英氏が緊急リポートする。

 米国が「新たな軍事作戦」に踏み切った。
これを受けて、習近平国家主席率いる中国は
「米国が軍事衝突を決意した」と震え上がっている。

 中国共産党機関紙、人民日報の情報サイト
「人民網」は17日、概略以下のように報じた。

 《米軍は、東シナ海の尖閣諸島(周辺海域)に、
強襲揚陸艦『ボノム・リシャール』を投入した。
最近、同海域に武装警備船や漁船を大挙して派遣している中国に、
圧力をかけるのが狙いとみられる》
 《ボノム・リシャールは6日、母港の長崎県・米海軍佐世保基地を出航し、
14日からパトロールに入った。
日米両国は昨年、日米防衛協力のための指針(ガイドライン)を再改定し、
尖閣などを防衛範囲に含めた》

 米軍がついに、わが国固有の領土・尖閣諸島を防衛するために、
最強艦船を投入した。
安倍晋三首相が実現させた、日米同盟強化の証だろう。
 世界最大級の強襲揚陸艦であるボノム・リシャールは、
全長257メートル、全幅34メートル、排水量約4万トン。
「動きまわる軍事基地」の異名で恐れられている。
強襲輸送ヘリCH-46や、直離着陸戦闘機AV-8BハリアーII、

新型輸送機オスプレイ、
LCAC(エア・クッション型揚陸艇)などを搭載する。
約2000人の海兵隊員を収納可能で、
ヘリコプターとLCACなどを使って、
兵員と戦車などを一気に揚陸させることができる。

 自衛隊関係者は
「斬り込み隊長役を務める
強襲揚陸艦の中で、ボノム・リシャールは最強だ。
万が一の場合、尖閣にも瞬時に海兵隊を展開できる。
すさまじい戦闘力で敵を制圧する。
中国の空母『遼寧』などハリボテで話にならない」と語る。

 中国は今月に入って、尖閣周辺の接続水域や領海に、
公船や海上民兵が乗り込んでいるという
約300隻もの漁船を侵入させた。
東シナ海は開戦前夜の緊張状態となり、
「8月15日、尖閣上陸」情報まで流れた。

 ところが、ボノム・リシャールが
14日に尖閣周辺に展開する直前(=12日ごろ)、
漁船の大半が姿を消した。
防衛省幹部は「強襲揚陸艦の出動を知り、
逃げ出したという情報がある」という。

 米軍の軍事作戦はこれだけではない。
以下、複数の米情報当局、米軍関係者から得た衝撃情報だ。

 「朝鮮日報は27日、『米軍の攻撃型原潜が、
北朝鮮の潜水艦基地に近い公海まで隠密裏に潜入し、
北朝鮮の潜水艦を監視・追跡作戦を展開していた』と報じた。
実は米軍は、中国の潜水艦にも同様の作戦を行っていた。
百戦百勝。相手にならない。
中国の潜水艦は籠(かご)の中の哀れな鳥だ」
ご承知の通り、中国は9月初旬、国家の威信をかけて、
浙江省杭州で初の議長国としてG20首脳会議を開催する。
失敗すれば、習氏の失脚は免れない。
G20成功のため、中国は参加国に「テーマは経済問題に絞る」といい、
中国が袋だたきになる南シナ海と
東シナ海の問題は取り上げないように、
必死で根回ししている。実態は土下座外交に近い。

 岸田文雄外相は24日、
都内で中国の王毅外相と個別会談を行った。
谷内正太郎国家安全保障局長は25日、
北京で中国の楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)国務委員と、
李克強首相と連続会談した。
いずれも中国は協調姿勢を演出したが、
G20で前出の議題を回避したかったからだ。

 だが、米国は強気だ。
外務省関係者がいう。
 「米国とフランスはG20で、
南シナ海と東シナ海の問題を取り上げる意向だ。
米仏は、南シナ海で
『航行の自由』作戦を決行することでも合意している。
習氏は大恥をかく。『親中政策』の見直しを進めている
テリーザ・メイ首相率いる英国が、米仏に同調し始めている」

 中国は孤立している。
習氏は崖っぷちに立たされている。

 言わせていただく。
日本は中国と取引などしてはならない。
毅然たる態度で、東シナ海や南シナ海の問題を議論すべきだ。
それなくしてG20の存在意義などない。

 ■加賀孝英(かが・こうえい) ジャーナリスト。
1957年生まれ。週刊文春、新潮社を経て独立。
95年、第1回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞受賞。
週刊誌、月刊誌を舞台に幅広く活躍し、
数々のスクープで知られている。
尖閣の北西300キロに中国が新軍事拠点 

0 件のコメント:

コメントを投稿