慰安婦問題について、いろんな報道: 【五輪バドミントン】動画 タカマツペアが奈良・橿原市で凱旋パレード 輿に乗って笑顔でVサイン。ナマせんとくんに高橋礼華、松友美佐紀が大興奮。高橋、松友組に1000万円=バドミントン〔五輪〕

Translate

2016年9月10日土曜日

【五輪バドミントン】動画 タカマツペアが奈良・橿原市で凱旋パレード 輿に乗って笑顔でVサイン。ナマせんとくんに高橋礼華、松友美佐紀が大興奮。高橋、松友組に1000万円=バドミントン〔五輪〕

輿に乗り橿原神宮に向け凱旋パレードをする、
タカマツペアを表彰 奈良県、バド初の金メダル 共同通信社
バドミントン女子ダブルスのタカマツペアを表彰 奈良テレビチャンネル

高橋、松友組に1000万円=バドミントン〔五輪〕
2016/09/10-17:05) 時事通信社
 日本バドミントン協会は10日、東京都内で理事会を開き、
リオデジャネイロ五輪女子ダブルスで日本勢史上初の
金メダルを獲得した高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)に、
規定に基づき2人合わせて1000万円の報奨金を贈ることを承認した。
同シングルスで銅メダルの奥原希望(同)には300万円を贈る。
また、メダリストの担当コーチにも報奨金(金額非公表)を贈ることを決めた。


2016.9.10 12:40 【五輪バドミントン】 産経westニュース
動画 タカマツペアが奈良・橿原市で凱旋パレード
リオデジャネイロ五輪バドミントン女子ダブルスで
金メダルを獲得した高橋礼華(あやか)選手(26)、
松友美佐紀選手(24)の「タカマツペア」が
10日、高橋選手の出身地、奈良県橿原市内で
凱旋(がいせん)パレードし、
多くの市民から祝福を受けた。

 近鉄橿原神宮前駅前広場で午前10時から
記念セレモニーがあり、市や市バドミントン協会が
両選手に花束を贈呈。
両選手は「金メダルを持ち帰ることができてうれしく思います。
応援ありがとうございました」と語り、
森下豊市長は「
約束を果たしていただき、感謝しています」と祝った。
 両選手は「神武祭」(毎年4月)で使われる輿(こし)に乗るなどして
橿原神宮境内の南神門(みなみしんもん)までの
約700メートルをパレード。
市民からの「おめでとう」などの祝福の言葉に
笑顔で手を振って応えていた。
その後、橿原神宮に参拝し、優勝を報告した。

橿原神宮(かしはらじんぐう)は、奈良県橿原市畝傍山の東麓、
久米町に所在する神社である。
記紀において初代天皇とされている神武天皇を祀るため、
神武天皇の宮(畝傍橿原宮)があったとされるこの地に、
橿原神宮創建の民間有志の請願に感銘を受けた明治天皇により、
1890年(明治23年)4月2日に官幣大社として創建された。
リオデジャネイロ五輪バドミントン女子ダブルス金メダルの
高橋礼華(26)松友美佐紀(24=ともに日本ユニシス)が
9日、「生せんとくん」に大興奮した。

 奈良県から高橋が県民栄誉賞、
松友がスポーツ特別功労賞を授与され県庁を訪問し、
同県のゆるキャラ、せんとくんに出迎えられた。
同県橿原市出身の高橋は「生は初めて。
癒やされました」と帰り際に記念撮影。
徳島生まれの松友は「後でこっそり(奈良公園で)
鹿にせんべいをあげたい」と笑った。
約2週間の早仕上げで臨む20日開幕の
ヨネックスオープンジャパン(東京)へ、貴重な気分転換となった。
【スポーツ】バド高橋が奈良県民栄誉賞 松友は特別功労賞を受賞
[2016年9月9日]

検索キーワード「リオデジャネイロ」に一致する

2016年8月22日月曜日
【リオ五輪閉会式】丸川珠代五輪相「安倍“マリオ”晋三に」 

2016年8月19日金曜日
バドミントン女子ダブルス 高橋・松友ペアが金メダル。

0 件のコメント:

コメントを投稿