慰安婦問題について、いろんな報道: 【NY中心部爆発】アフガン出身で米国籍の容疑者を特定 行方追う。オバマ政権、3つの“同時多発テロ”に衝撃 沈黙ににじむ苦悩。

Translate

2016年9月19日月曜日

【NY中心部爆発】アフガン出身で米国籍の容疑者を特定 行方追う。オバマ政権、3つの“同時多発テロ”に衝撃 沈黙ににじむ苦悩。

18日、米ニューヨークの観光地タイムズ・スクエアで
 18日、ニューヨーク・マンハッタンの爆発現場を歩く
ニューヨーク州のクオモ知事(右端)ら(AP=共同)

【ニューヨーク=松浦肇】米ニューヨークの中心部マンハッタンで
17日起きた爆発事件で、デブラシオニューヨーク市長は
19日、アフガニスタン出身で米国の市民権を取得した
ニュージャージー州在住の男、
アハメド・カーン・ラハミ容疑者(28)を特定し、
行方を追っていることを明らかにした。米メディアが報じた。
ニューヨーク市警(NYPD)はテロを含めた
あらゆる可能性を視野に捜査している。
 マンハッタン南西部チェルシー地区で起きた事件では
29人が負傷。CNNテレビによると、爆発現場付近の防犯カメラに
大きなバッグを引きずる男性が写っていた。
爆発物の可能性がある圧力鍋が発見された
別の現場の防犯カメラには、同じ男がバッグを放置し、
別の2人が圧力鍋が入った袋を取り出す様子が記録されていた。
一部米メディアは18日、事件に関連し5人が拘束されたと報じたが、
米連邦捜査局(FBI)が否定。情報は錯綜(さくそう)している。

 米メディアによるとニューヨーク市近郊のニュージャージー州で
18日、ゴミ箱からパイプ爆弾とみられる不審物が見つかり、
当局の処理中に一部が爆発した。
ニューヨークの事件との関連は不明。
ニュージャージー州では17日にもマラソン会場付近で
パイプ爆弾が爆発。
一連のテロの関連性を
NYPDとFBIが編成するテロ対策班が調べている。
 ニューヨーク州のクオモ知事は18日の会見で、
空港や地下鉄といった交通の要衝の警備に
1千人を追加投入する方針を発表した。

【NY中心部爆発】2つの現場の防犯カメラに映った男、
くしくもニューヨーク、ニュージャージー、ミネソタの各州で、
ほぼ同時に3つのテロが発生し、
オバマ政権は強い衝撃を受けている。
相互の関連性や犯人像と背景、犯行の動機などは、
今後の捜査結果を待たなければならないが、
「移民大国」の米国におけるテロの潜在性の高さと、
テロが常態化している現状を改めて浮き彫りにしている。
 オバマ大統領は18日、国連総会に出席のため、
ニューヨーク・マンハッタンに入った。
だが、民主党の大統領候補、ヒラリー・クリントン前国務長官を
応援する集会では、一連のテロに触れずじまいだった。
捜査当局と政府は、ニューヨークでの
「爆発事件」をテロと断定していない。
オバマ氏も捜査の結果を慎重に見極めようと、
“沈黙”を保っているとみられる。
だが、昨年12月、カリフォルニア州での銃乱射テロの直後に、
テロを非難し銃規制を訴えたのとは対照的だ。
沈黙はむしろ、衝撃と困惑の大きさを物語る。
 テロについては、
考え方の相違から国際法上の定義はないが、
国連は「住民を威嚇、あるいは政府や国際組織の行動を強制し
自制させる目的で、
危害を引き起こすあらゆる行動」と位置づけている。
これに基づけば、
今回の3つの事件はテロ以外の何ものでもない。
 爆発物も、ニューヨークでは携帯電話で起爆したとみられ、
中東や東南アジアでは恒常的に使われている起爆方法だ。
ニュージャージー州ではパイプ爆弾が使用された。
カリフォルニア州での銃乱射テロでも、
容疑者の自宅から多数のパイプ爆弾が発見されている。
「爆弾に限れば、米国内のテロリストの間では
パイプ爆弾が『主流』だ」(テロ専門家)。
ニューヨークで発見された圧力鍋爆弾が、
2013年のボストンでの
連続爆破テロで使用されたことは記憶に新しい。
それでも「圧力鍋爆弾は少ない」(同)という。
 これら爆弾の製造方法は、インターネットで簡単に入手できる。
欧州でのテロに比べ、米国の「ホームグロウン」(自国育ち)や
「ローンウルフ」(一匹おおかみ)によるテロでは、
殺傷能力が高い銃器が使用されることが多い。
今回のニューヨークでのテロは、
爆弾の恐怖を改めて市民に植え付けている。
 ミネソタ州では刃物がテロの凶器となり、
オバマ政権はテロの手段の多様性にも、苦悩しているようだ。

検索キーワード「銃撃」に一致する投稿を

2016年7月9日土曜日
ダラス銃撃事件、死亡した容疑者は元米陸軍兵 単独犯か、

2016年6月14日火曜日
【フロリダ銃乱射】乱射事件、反イスラム発言のトランプ氏に追い風か。

0 件のコメント:

コメントを投稿