慰安婦問題について、いろんな報道: 【正定事件】オランダで捏造がまかり通っている模様・・、蘭人司教ら殺害の正定事件で「日本軍犯行説」の既成事実化進む …司教名の散歩道が故郷に 新種の赤いバラにも同じ名が…。

Translate

2016年10月1日土曜日

【正定事件】オランダで捏造がまかり通っている模様・・、蘭人司教ら殺害の正定事件で「日本軍犯行説」の既成事実化進む …司教名の散歩道が故郷に 新種の赤いバラにも同じ名が…。

Frans Schraven (bisschop) Msgr. Schraven Foundation homepage
正定事件(せいていじけん)は、1937年10月9日、
現在の中国河北省正定において、キリスト教・カトリックの司教ら
9人が誘拐・殺害された事件である。
Lottumはよくそのバラのために知られているだけでなく、
Lottumの家Kaldenbroekで1873年に生まれた人の司教
フランス語Schravenので。彼は中国に19世紀に出発し
残酷に日本軍によって1937年にそこに殺害されました。
6月26日(日曜日)に、司教は大幅に独自のパスと
自身のバラとローズ村で受賞しました。※グーグル翻訳により
オランダ人のカトリック司教ら9人が
昭和12(1937)年10月に中国河北省正定で
拉致・殺害された「正定(せいてい)事件」で、
司教殺害に関する調査を行っているオランダの団体が
今年に入って同国内の司教の出身地に司教の名前を冠した
散歩道を整備した際、「女性を守ったため日本軍により殺された」
との表示を付け加えていたことが分かった。
司教の名前を使った海外輸出用の新種のバラも開発されるなど、
当時の外交史料にさえ裏付けされていないことが
「既成事実」として拡散されようとしている。
 正定事件をめぐっては
「司教らは日本軍が慰安婦とするために要求した
中国人女性の差し出しを拒否したため殺害された」
との説が“史実”として独り歩きしている。
司教らを聖者に次ぐ「福者」にしようとする列福の動きがある。

 殺害されたシュラーベン司教の名前がついた散歩道は、
司教が生まれたオランダ南東部にあるロットゥムに設置された。
10キロにわたる散歩道の除幕式とバラのお披露目は
今年6月26日に開かれた。
シュラーベン司教と名付けられたバラの色は
「殉教者の血」を表すとしている。
行事には中国人司祭も出席した。

しかし、日本政府が8月に、当時の日仏の外交史料を中心に
事実関係を改めて調査したところ
「日本軍が女性を要求したことを
裏付ける資料は発見されなかった」との結果を得た。
唯一、日本軍が女性を要求したと話したとされる
中国人神父についても、その発言内容は
昭和13年12月1日付の文書以外にはないことから
「信憑(しんぴょう)性のあるものとは考えにくい」とした。
仏政府は、司教がフランスの教会からの派遣だったことや
犠牲者に仏人が含まれていることから
真相究明のための調査を行っていた。
 これに関し、産経新聞は8月15日付朝刊で、
仏外交史料館に保存されている
当時の日仏両外交当局の史料に
日本軍が慰安婦にするための
女性を要求した事実はなかったことを報じている。

2016年3月20日日曜日
ローマ法王の訪日要請 岸田外相「復興へ励ましを」。

【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】正定事件、外務省は

0 件のコメント:

コメントを投稿