慰安婦問題について、いろんな報道: 【ボブ・ディランにノーベル文学賞】ディラン、沈黙を破りノーベル賞“もらう”ファン「がっかり」の声も。社会情勢、宗教、政治や愛…時代を切り開いたディラン氏。

Translate

2016年10月30日日曜日

【ボブ・ディランにノーベル文学賞】ディラン、沈黙を破りノーベル賞“もらう”ファン「がっかり」の声も。社会情勢、宗教、政治や愛…時代を切り開いたディラン氏。

BobDylan.com - 公式サイト(英語)
Sony Music Online Japan : ボブ・ディラン - ソニーミュージック公式サイト
映画『ノー・ディレクション・ホーム』 - 公式サイト

ディラン ノーベル賞“もらう” ファン「がっかり」の声も
2016年10月30日 7時1分 スポニチアネックス ライブドアニュース
今年のノーベル文学賞を授賞決定後、
沈黙を続けていた米シンガー・ソングライター、
ボブ・ディラン(75)が「大変光栄に思う」と受賞の意向を示したと、
賞の選考主体スウェーデン・アカデミーが28日、発表した。

 ダニウス事務局長に今週、本人から電話があり
「授賞のニュースを聞いて言葉を失った」と説明したという。

 ディランは英紙デーリー・テレグラフ電子版に
28日に掲載された単独インタビューで、
12月10日にストックホルムで行われる授賞式について
「もちろん」「可能なら」出席するつもりだと語っている。
授賞決定を聞いた直後の感想を「素晴らしい、信じられない。
こんなことを誰が夢見るだろう」と話した。

 アカデミーは今月13日に授賞を発表。
ディランに再三連絡を試みたが本人に接触できず、
アカデミーのメンバーからは
「無礼かつ、傲慢(ごうまん)」との批判さえ出た。

 ディランは、インタビューで
沈黙を続けた形になったことについて
「俺はここにいるさ」とおどけた様子で話し、
詳しい理由は明かさなかった。

 沈黙を続けた理由について、
音楽評論家の富澤一誠氏は「推測だが演出ではないか。
すぐに受賞の意思を示すのは彼のイメージでない。
いつまでも引っ張るのも良くない。
今がちょうど良いタイミングと考えたのかもしれない」とした。
過去に米ロサンゼルスでインタビューした経験を振り返り
「キャデラックで送迎され、行き先も告げられず身構えたが、
彼はタバコを吸いながらラフな調子で話してくれた。
彼自身は何も考えておらず、
周囲が勝手に
忖度(そんたく)しているだけの可能性もある」とも話した。

 反権威の信条から名誉ある受賞を
固辞しているとの臆測もあったため、
ネット上では「拒否したら格好よかったのに」「がっかり。
日和った印象」などの声も上がっている。
ボブ・ディラン沈黙破った ノーベル賞受賞「素晴らしいこと」
拓郎 ディラン的なファッションでノーベル賞授賞式出て!
ノーベル賞選考主体が声明 ディラン「傲慢」は個人的見解
ディランは「無礼かつ傲慢」ノーベル賞選考メンバーが痛烈批判

IBMの「人工知能」Watsonがボブ・ディランの歌のテーマを解明、

米シンガーソングライター、ボブ・ディラン氏は音楽を通じて、
政治や社会の問題に声をあげ、時代を切り開いてきた。
75歳の今もステージに立ち、世界にメッセージを送り続ける。

 米カリフォルニア州インディオで今月7日に開催された
「デザート・トリップ・フェスティバル」でディラン氏はステージに姿を現した。
ザ・ローリング・ストーンズやポール・マッカートニー氏ら
有名アーティストが参加する一大イベント。
円熟味を増したディラン氏は最近、再び絶賛されている。

 ディラン氏がアルバムデビューした1960年代の米国は、
学生を中心とした若者らが「自由」や「平等」を訴えて
ムーブメントを起こした時代だった。

 代表曲の「風に吹かれて」は旋律だけでなく、
ベトナム戦争への反対や黒人に対する
差別への批判の意味を込めた歌詞が多くの若者の支持を得た。

 「どれぐらい弾丸が飛び交えば、永遠に禁止されるのか」
「人々はどれぐらいの年月を経れば、自由になれるのか」といった
シンプルで明確なメッセージがある半面、
「ただ風の中で吹かれているだけ」という答えで終る曲は、
「無力感」や「心地よさ」「抵抗」といったさまざまな感情を想起させた。

時代にこびないスタイルはビートルズやU2といった

世界の音楽界の大物に影響を与えてきた。
オバマ米大統領もディラン氏を「米音楽史最大の巨人」と称賛している。
 スウェーデン・アカデミーが授賞理由を
「米国音楽の偉大な伝統の中に新たな詩的表現を創造した」
としたのも、こうした数々の曲にこめられた
メッセージを評価した結果といえる。
 大統領選をひかえる現在の米国社会は、
ディラン氏が活動を始めたころとは大きく様変わりした。
その過程においても、
「社会情勢、宗教、政治や愛のような
トピックについてのアルバムを多数録音した」
(同アカデミー)ことが、
現在も多くのファンがディラン氏をたたえる理由だ。

【ノーベル賞】文学賞にボブ・ディラン氏 

0 件のコメント:

コメントを投稿