慰安婦問題について、いろんな報道: モスル奪還作戦 「イスラム国」から解放…住民が語る惨状。イラクで奪還作戦続く 人道支援など協議。イラク軍が成果強調 さらに進撃の構え。イラク、IS一掃作戦に着手 北部モスルに部隊10万人。イラク首相、モスル奪還作戦の開始宣言 対ISで最大規模か。

Translate

2016年10月21日金曜日

モスル奪還作戦 「イスラム国」から解放…住民が語る惨状。イラクで奪還作戦続く 人道支援など協議。イラク軍が成果強調 さらに進撃の構え。イラク、IS一掃作戦に着手 北部モスルに部隊10万人。イラク首相、モスル奪還作戦の開始宣言 対ISで最大規模か。

 「イスラム国」から解放…住民が語る惨状
 イラク軍などが過激派組織「イスラム国」の
イラクでの最大拠点・モスルの奪還作戦を進める中、
「イスラム国」の支配から解放された村に住むという
男性がその惨状を証言した。

 イラク・モスルから南に70キロほど離れた村に
住んでいるという男性が20日、NNNの電話取材に応じた。
この村は、2014年6月から
「イスラム国」が支配していたが、
奪還作戦を進めるイラク軍が18日に解放したという。
 解放された住民「(奪還作戦開始で)住民は、
イラク軍を助けるため蜂起を企てた。
ただ、企てを『イスラム国』が気づき、住民を続々と殺害した。
殺されたのは18人から20人ぐらい。
『イスラム国』は“人間の盾”にするため、
多くの住民を連れて行った」

 奪還作戦が始まって以降、
イラク軍などがモスル近郊の村を次々と制圧しているが、
この男性はその際も多くの住民の犠牲を伴ったと証言した。
イラクで奪還作戦続く 人道支援など協議
2016年10月21日 02:10 日テレニュース
イラクで過激派組織「イスラム国」の最重要拠点・モスルの
奪還作戦が続く中、フランスで20日、関係国が集まり、
住民の保護や人道支援について話し合った。

 会議は、イラクのジャファリ外相をはじめ、
日本を含めた25の国や組織が参加して行われ、
イラクのアバディ首相がビデオで現状などについて説明した。
 イラク・アバディ首相
「奪還作戦の開始前の予定よりも
早く部隊はモスルに向かって進軍している」

 会議では、戦闘地域の住民を守ることと、
支援物資を届けること、さらに「イスラム国」から
奪還した後の地域の安定化について話し合ったという。

 川村博司公使「イラクの支援の重要性について
意見の一致をみて、日本も含めていくつかの国が、
人道支援についての策を披露した」
 日本政府は、すでに緊急人道支援として
110億円以上を拠出しているが、
さらなる支援も検討するとしている。

チグリス川とモースルの橋 モースル
(日本での報道などでの表記は通常モスル, 英語: Mosūl, 
アラビア語: موصل‎ al-Mawsil, クルド語: MûsilまたはNineveh, 
アッシリア語: ܢܝܢܘܐ, 'Ninewa')はイラク北部に位置する、
古代のニネヴェの遺跡と世界有数の石油生産で知られる大都市である。
バグダードの396km北西にあり、北緯36度22分、東経43度07分。
市街はチグリス川の両岸に広がり、五つの橋で結ばれている。
(2016/10/18 05:55) テレ朝ニュース
US role in battle for Mosul CNN 2016/10/17
Inside the battle to free Mosul from ISIS control CNN
2016/10/17
過激派組織IS=イスラミックステートが2年以上にわたって
支配するイラク第2の都市モスルの奪還作戦で、
イラク軍は初日だけでモスル周辺の
10以上の村を制圧したと成果を強調し、
さらに進撃を続ける構えです。

イラク政府は17日、
過激派組織ISが2年以上にわたって支配する
イラク第2の都市モスルの大規模な奪還作戦を開始し、
アメリカ軍などの空爆による支援を受けながら、
イラク軍やクルド人部隊などが
モスルの周辺地域で砲撃を続けました。

現地部隊の幹部は、17日、報道陣に対し、

「地上部隊の作戦で、モスルの周辺の11の村を解放した」
と明らかにしました。
また、クルド人部隊もモスルの東にある9つの村を包囲し、
ISの戦闘員たちを封じ込める作戦を続けているということです。

前線を視察したクルド自治政府のバルザニ議長は
17日、「きょうの作戦はテロとの戦いの転換点となった」と述べ、
奪還作戦の初日の成果を強調しましたが、
IS側も各地で自爆攻撃などで抵抗を試みているもようです。

イラク軍は引き続きクルド人部隊と協力し、
ISの戦闘員数千人がいると見られる
モスルの市街地の制圧に向けて少しずつ部隊をすすめる構えで、
夜間も空爆や砲撃を繰り返すなど、
現地は緊迫した状況が続いています。

米国防総省「長く厳しい戦い強いられる」
アメリカ国防総省は、
長く厳しい戦いを強いられるとの見通しを示し、
アメリカ軍として空爆とともに、
イラク軍への後方支援を強化していく姿勢を示しました。

アメリカ国防総省のクック報道官は17日の会見で
「これまでのところイラク軍は
初日の目標を達成した」と評価しました。
そして奪還作戦について、
「困難で時間がかかるであろうと見ており、
われわれはその作戦の第1日目にいる」と述べ、
長く厳しい戦いを強いられるとの見通しを示しました。

モスルの奪還に向けてアメリカ軍はこれまで
イラク軍などの兵士の訓練を強化するとともに、
アメリカ兵の要員もおよそ600人増員して5000人規模の態勢とし、
準備を整えてきました。
アメリカ軍の役割についてクック報道官は作戦の主体は
あくまでイラク政府だと強調したうえで、
「アメリカ軍は前線に近いところにはおらず、
イラク軍への助言などの役割を果たしている」と述べ、
空爆とともに、ISと戦うイラク軍への
後方支援を強化していく姿勢を示しました。

「イスラム国」の最重要拠点奪還へ軍事作戦開始


イラク、IS一掃作戦に着手 北部モスルに部隊10万人
渡辺淳基 2016年10月17日12時48分 朝日新聞デジタル>
イラクのアバディ首相は17日未明(日本時間同日午前)、
過激派組織「イスラム国」(IS)の国内最大拠点、

北部モスルを解放する軍事作戦を始めたと発表した。
政府は年内に作戦を完了し、国内からISを一掃したい考えだ。
イラクでの対IS作戦は重要な局面を迎えた。

 アバディ氏は「勝利の時は近い。
ISの暴力とテロから解放する」と宣言した。

 モスルは首都バグダッドに次ぐイラク第2の都市。
2014年6月にISの前身組織が占拠して以来、
「首都」と称するシリアのラッカと並ぶ拠点としてきた。
翌7月には、中心部の大モスクで最高指導者
バグダディ容疑者がイスラム国家の「カリフ(後継者)」を名乗り、
説教する動画が公開された。

 イラクのテレビ局スマリアニュースによると、
モスルにいるIS戦闘員は5千人あまり。
これに対し、政府軍側は
総勢10万人超の部隊編成になる見通しだ。

 主力のイラク政府軍が南から進むほか、
北部はクルド地域政府の治安部隊などが担う。
イスラム教シーア派の民兵組織や、スンニ派の地元部族、
キリスト教徒の部隊も連携する。
米軍など有志連合軍は空爆などで援護する。

 モスル市民はISの侵入後に多数が脱出したが、
市内には今も130万人前後がとどまるとみられる。
政府は今月、市民に向けて作戦を伝えるためのラジオ放送を開始。
16日には上空からチラシを投下し、パニックに陥らないよう求めた。

 一方、ISは主要幹線道路を封鎖し、
チグリス川沿いの橋を破壊するなど、
住民の逃走を妨害して市街戦に巻き込む構えをみせており、
民間人の犠牲をいかに減らすかが作戦のカギを握ることになる。

 イラク政府は、今年3月ごろからモスルの包囲を徐々に狭めてきた。
6月に中部ファルージャをISから奪還した後、
「イラク全土の年内解放」をめざしてISへの攻撃を強めている。
8月には、ISの戦略拠点となっていたモスル南郊の町カヤラを制圧。
9月下旬には油田を持つ町シャルカットも奪還した。渡辺淳基

2016.10.17 09:51 産経ニュース
イラク首相、モスル奪還作戦の開始宣言 対ISで最大規模か
【カイロ=大内清】イラクのアバディ首相は17日未明、
国営テレビでの演説で、イスラム教スンニ派過激組織
「イスラム国」(IS)が掌握する北部の主要都市モスルの奪還に向けた
軍事作戦の開始を宣言した。
軍事作戦は米国主導の有志連合などとも連携して進められるとみられ、
ISに対するものとしては過去最大規模となる見通し。

 演説でアバディ氏は「ISの暴力とテロから
(モスルを)解放する」と決意を表明した。

 さらにアバディ氏は、モスル奪還にあたり、
「市街地に入るのは国軍と(中央政府の)警察だけだ」とも述べた。
この発言には、IS掃討を機にモスル周辺の実効支配を狙っている
北部のクルド自治政府を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。

 また、モスルで多数派のスンニ派住民には、
政府側のシーア派民兵が作戦での混乱の中で
略奪行為を働くことなどへの警戒もあることから、
奪還後の平定作業を正規部隊に限定すると言明し
住民の信頼を得たいとの思惑もありそうだ。

 アバディ政権は今年6月、西部アンバール県の
要衝ファルージャをISから奪還し、
モスルへの進軍準備を進めていた。

米、イラクに180億円支援 モスル奪還の人道援助に
【イスラム国(IS)】米軍がイラクに400人を追加派遣
 モスル奪還を後方支援

検索キーワード「モスル」に一致する投稿を


2016年5月30日月曜日
クルド人部隊、イラク北部で奪還作戦 兵士5500人を投入。

0 件のコメント:

コメントを投稿