慰安婦問題について、いろんな報道: シベリア鉄道の北海道延伸を要望 ロシアが大陸横断鉄道構想  経済協力を日本に求める。シベリア鉄道、北海道まで延伸を 日露経済協力協議で建設案浮上。(地域発・企業発)極寒の技術、サハリンへ 北海道製、ビニールハウスなど好評、朝日新聞。サハリンと北海道がさらに接近、スプートニク日本。

Translate

2016年10月3日月曜日

シベリア鉄道の北海道延伸を要望 ロシアが大陸横断鉄道構想  経済協力を日本に求める。シベリア鉄道、北海道まで延伸を 日露経済協力協議で建設案浮上。(地域発・企業発)極寒の技術、サハリンへ 北海道製、ビニールハウスなど好評、朝日新聞。サハリンと北海道がさらに接近、スプートニク日本。

ツイッターで最近話題の「宗谷トンネル」
解決に向けて大きく進展するのではないかと
期待感が高まっている。
そんな中、Twitter上では「宗谷トンネル」に関心が集まっている。
いったいどんなプランなのか 
2016 Hokkaido Developers Group
「北海道センター」の完成式典は、
コジェミャコサハリン州知事と
高橋はるみ北海道知事らの出席のもとに行われました。

2016年10月03日12:00 保守速報 カテゴリ:ロシア

ロシアの主要鉄道が北海道まで延伸されるかもしれない
日本でシベリア鉄道を
北海道まで延伸するプロジェクトが検討されている。
産経新聞が、消息筋の情報として伝えた。
シベリア鉄道は、モスクワと東シベリアの大都市ならびに
ロシア極東の工業都市を結ぶユーラシアを横断する鉄道で
全長は9288.2キロ。世界最長の鉄道だ。 
産経新聞は、「シベリア鉄道の延伸は、
アジア大陸からサハリン(樺太)間の間宮海峡(約7キロ)と、
サハリンから北海道・稚内間の宗谷海峡(約42キロ)に
橋またはトンネルを建設する構想だ」と伝えている。
また産経新聞によると、
シベリア鉄道が北海道まで延伸されることで、
観光などが活発化することに期待されている。 
また産経新聞によると、
「モスクワの東約800キロにあるカザンから
ウラジオストクまでの
シベリア鉄道高速化構想も浮上している」という。 
産経新聞は、ロシアが日本に対して
シベリア鉄道に関連するものを含めて
50項目のプロジェクトを提案したと報じている。
これらは現在
12月のプーチン大統領の訪日を前に具体化されているという。

日本の対露経済協力をめぐる政府間協議の中で、
シベリア鉄道を延伸し、サハリンから北海道までをつなぐ
大陸横断鉄道の建設案が浮上していることが
2日、明らかになった。
両国間の物流だけでなく、観光など
人的交流の活発化につながるとして、
ロシア側が強く要望しているという。

 シベリア鉄道の延伸計画は、アジア大陸からサハリン
(樺太)間の間宮海峡(約7キロ)と、サハリンから
北海道・稚内間の宗谷海峡(約42キロ)に
橋かトンネルを架けて建設する構想だ。
実現すれば、日本からモスクワや
欧州を陸路で結ぶ新たなルートとなる。

 この構想には、プーチン大統領もかつて、
「シベリア鉄道を日本の貨物で満載することにつながる」と語り、
低コストの大規模な輸送手段として期待感を示したという。

延伸計画とともに、モスクワの東約800キロにある
カザンからウラジオストクまでの
シベリア鉄道高速化構想も浮上している。
日本側は将来の現地生産をにらみ、車両や信号システム、
レールなど日本の技術をパッケージで売り込みたい考えだ。
 ロシアは中国、米国に次ぐ世界第3位の鉄道大国。
シベリア鉄道が高速化されれば、
ロシア国内の経済活性化に貢献するだけでなく、
日本企業の商機拡大にもつながりそうだ。

(地域発・企業発)極寒の技術、サハリンへ
ロシア極東のサハリンに、「最も近い外国」である
北海道から進出する企業が目立ってきた。
拠点となるセンターと物流を担う専門商社が
昨年10月にできて、体制も整ってきた。
極寒の地で培った北海道の技術に、
サハリン側も期待をふくらませている。

 半透明のビニールハウスのなかに、
青々とした葉タマネギが並んでいた。
ここは、サハリン州の州都ユジノサハリンスク。
外の気温は零下5度前後なのに、
コートを脱ぎたくなるほど暖かい。

 ハウスは北海道で6割のシェアを持つ
越浦パイプが昨年、テスト用に無償で提供したもので、
1月中旬に1・2トンを出荷した。
地場の大手農業会社ティプリーチヌイの
アレクサンドル・スメタニン次長は
「暖房を使わなくても、昼間ならハウス内は
18度前後に保たれる」と驚く。
豪雪や強い風に耐えられるよう、パイプも強化している。

 別の農業会社のアンドレイ・コンスタンチノフ社長は
「昨秋の暴風雨では、12棟あるハウスのうち、
無傷だったのは越浦製だけだった」と評価し、
新たに2棟の購入を検討中。
実現すれば、越浦にとって初のロシア向け販売となる。
3年前からロシア進出を考えていた越浦政俊社長は
「新たな市場を探していたときに、
北海道銀行から声がかかった」と振り返る。

 道銀は中国・瀋陽に次ぐ2カ所目の海外拠点として
2009年、サハリンに駐在員事務所を開いた。
地場の政財界に人脈をつくり、現地視察会や商談会などを企画。
今年2月にサハリン州政府とともに開いたハウスに関するセミナーには、
約100人が参加した。州からは、
新たにハウスの購入計画を引き出した。
 北海道企業からみれば、国内やアジアなどと比べて競争も少なく、
サハリンは有望な市場だ。
道銀の三上訓人・ロシア室長は
「我々がリスクを取って受け入れ態勢をつくったことで、
取引先が安心して商談を進められる」と話す。

 ■共同で拠点や商社
 かつて日本領の樺太だったサハリンと北海道は、
直線距離でわずか43キロ。
「北海道ブランド」の人気はひじょうに高い。
街中ではチョコレート「ロイズ」や、
コンビニエンスストア「セイコーマート」の看板も見かける。
直行の航空便のほか、
昨年までは定期フェリーでも結ばれていた。

 昨年10月、サハリンと北海道をつなぐ「象徴」が、相次いで動き出した。
一つは、6階建てのオフィスビルを中心に、
日本庭園や屋内テニスコートも併設した「北海道センター」だ。
道銀や北海道の事務所がここに拠点を構え、
道製品の展示コーナーもある。

 道内の建設業者を中心につくる
「北海道ディベロッパーズグループ」が建設した。
保温効果の高い資材や、温水洗浄便座などの快適装備が自慢だ。
グループ代表幹事の宮崎英樹・岩倉建設社長は
「将来は、道路や下水などのインフラ事業への参入も
視野に入れている」と話す。
 新たに設立された地域商社「北海道総合商事」は、
ロシア向けの輸出商品を道内の企業から買い取り、
決済や物流のリスクを引き受ける計画だ。
ホームセンターのDCMホーマックや
道内の有力企業が共同で設立した。
 サハリンなどロシアでは物流や税関などの手続きが複雑だ。
ロシア向けに少量の物流を手がける会社が少ないこともあり、
輸出拡大の障害となっていたため、
市場開拓を加速させるねらいがある。

 サハリン側の期待も大きい。
州政府のネステロフ副代表は「気候がよく似ている。
北海道の技術を農業などの分野に活用していきたい」と話す。
(ユジノサハリンスク=中川仁樹

サハリンと北海道がさらに接近

Sputnik日本 2015年10月27日 03:01
この週末、サハリン州の州都ユジノサハリンスクでは
「北海道センター」の開設式が豪華に行なわれた。
同センターの開設は長年待たれていた。
なぜなら北海道における「ロシアセンター」は
すでに2008年11月にオープンしていたからだ。
センターは2つの地域の経済、文化の相互関係発展の
担い手となるべき役割を背負っている。
開設式に出席したサハリン州のコジェミャコ知事と
北海道の高橋知事は
両地域の将来をまさにこのように見据えている。
「サハリンは日本のビジネスマンに
かなり大きな関心を呼んでいます。
このため我々は日本の実業界と共に
様々なプロジェクトがたてられていくだろうと
楽観的に将来を見据えています。
我々が関心を持つのは日本の建設、農業、
道路インフラ分野の技術で
都市運営の分野も大いに興味を持っています。」
「北海道センター」の敷地は1.7ヘクタール。
その中心的な施設は6階建てのオフィスでもっとも近代的な技術を用い、
日本の伝統的な様式に従って建てられている。
来月11月にもここで日本企業の代表事務所や銀行、
政府組織、非政府組織が活動を開始する。
建物には公園とスポーツゾーンが連なっており、
公園ので在hんは露日両地域の文化的共生と友好の理想を体現している。
ここにはサハリンの地元の植物と日本の植物が隣り合うように植えられ、
その近くに日本の伝統的な石による庭が作られている。
公園の中央には、二つの国民の友好を象徴する
モニュメントが建てられることになっている。
これは「北海道センター」のシンボルとなるだろう。
モニュメントの応募は近いうちに開始される。
コンクールの審査員には
サハリン州知事、北海道知事も名を連ねている。

現在サハリンには経済ミッションで北海道からの
大代表団が滞在している。
関心の対象はサハリンと北海道間のエネルギーブリッジから
合弁の農業複合体、観光発展と様々だ。 
これを促すためにサハリン州の議員らは
北海道とサハリン間の72時間の滞在に関する
ビザ撤廃を行なう提案を掲げた。
これが叶えば両地域の市民は手軽に
週末の旅行を楽しむことができるようになる。
サハリン側はこのために稚内とコルサコフ港間の
フェリー就航再開と空の便の増便を提案している。

0 件のコメント:

コメントを投稿