慰安婦問題について、いろんな報道: 【阿蘇山噴火】爆発的噴火は36年ぶり 噴煙1万1000メートル、熊本~兵庫で降灰予想 気象庁が注意呼びかけ。鹿児島市の桜島に噴火速報 気象庁。残照 富士山燃え上がる?夕日受け赤く輝く 東京・杉並。口永良部、御嶽山、そして阿蘇山、次は... 「火山列島」活発化で富士山噴火が危ない

Translate

2016年10月8日土曜日

【阿蘇山噴火】爆発的噴火は36年ぶり 噴煙1万1000メートル、熊本~兵庫で降灰予想 気象庁が注意呼びかけ。鹿児島市の桜島に噴火速報 気象庁。残照 富士山燃え上がる?夕日受け赤く輝く 東京・杉並。口永良部、御嶽山、そして阿蘇山、次は... 「火山列島」活発化で富士山噴火が危ない


阿蘇山(熊本県)の噴火を受け、
気象庁は8日午前4時から記者会見を開き、
高さ1万1千メートルの噴煙が
気象衛星で観測されたと明らかにした。
阿蘇山の中岳第1火口で爆発的噴火が発生したのは
昭和55年1月以来36年ぶり。
広範囲で降灰が予想されることから
気象庁が警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、噴火が起きた8日午前1時46分ごろ、
震度2の火山性微動を観測。
爆発で起こる空気の揺れを測定する空振計は、
火口から西1・2キロに設置されたもので189パスカルを観測した。
昨年9月14日の噴火では32パスカルだったという。
気象庁は噴火の規模について、現段階では中規模とみている。

 1キロを超える広い範囲に噴石が飛散した可能性があるほか、
火口から北東8キロの阿蘇市一の宮町でも降灰を確認。
気象庁は今後午前8時までに、
熊本県阿蘇市、南小国町、高森町、南阿蘇村、産山村と
大分県竹田市で、多量の降灰があると予想している。

 また、熊本県から兵庫県南あわじ市にかけての
広い範囲で少量の灰が降ると予想。降灰予想が発表された
対象市町村は過去最多の124自治体に及んだ。
会見した気象庁の斎藤誠火山課長は
「風下側では火山灰だけでなく、小さな噴石、
火山ガスにも注意してほしい」と話した。

 多量の降灰が予想される地域では視界不良や灰による
スリップ事故などが起こる恐れがあり、
気象庁は不要な外出や車の運転を控えるよう呼びかけている。


8日未明、熊本県の阿蘇山の中岳第一火口で
爆発的噴火が発生しました。
気象庁は、阿蘇山に改めて火口周辺警報を発表し、
噴火警戒レベルをレベル2からレベル3に引き上げ、
火口からおおむね2キロの範囲では
大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、8日午前1時46分ごろ、
熊本県の阿蘇山の中岳第一火口で
爆発的な噴火が発生しました。

火口から、およそ1キロ西南西にある観測点では、
噴火に伴って規模の大きな空振と呼ばれる
空気の振動が観測されたほか、
監視カメラの画像を分析したところ、
火口から1キロを超えて
噴石が飛んだ可能性があるということです。
火口周辺は雲に覆われていて
噴煙の詳しい状況はわからないということですが、
気象衛星による観測では
噴煙が高さ1万1000メートルに達したことが
確認されたということです。

阿蘇山では、今回の爆発的噴火が起きる、
およそ4時間前の7日午後10時前にも噴火が発生し、
その直後から火山性微動の振幅が徐々に大きくなり、
噴火が発生した時刻と同じ、午前1時46分ごろには
火山性微動によって
熊本県南阿蘇村で震度2の揺れを観測しました。
また、7日午後11時50分ごろからは、
火口付近に設置された傾斜計で
山が膨張する変化が観測されました。

阿蘇山で爆発的な噴火が観測されたのは
36年前の昭和55年1月以来です。

気象庁は、今後も同じ規模の噴火が起きるおそれがあるとして、
阿蘇山に改めて火口周辺警報を発表し、
噴火警戒レベルをレベル2の「火口周辺規制」から
レベル3の「入山規制」に引き上げて、中岳第一火口から、
おおむね2キロの範囲には大きな噴石や、
火砕流に警戒するとともに、風下に当たる地域では
火山灰や小さな噴石などに注意するよう呼びかけています。

「前が見えないくらい火山灰」
阿蘇市役所総務課の広瀬和英課長補佐は
「噴火したという情報を受けて、車を運転して
市役所に駆けつけたが、大粒の雨のような感じで
前が見えないくらい火山灰が降っていた」と話していました。

また、市役所は停電していて、
非常用の電源を使用して対応に当たっているということです。
阿蘇市役所は職員を招集して、噴火の影響などの
情報収集を行うとともに避難所が必要ならば開設するなど
状況の確認をしたうえで対応していくとしています。

「硫黄化合物のような臭い」
阿蘇山周辺を管轄する阿蘇広域行政事務組合消防本部によりますと、
噴火があったと見られる午前1時40分ごろ、
爆風と見られる風の影響で
消防本部の建物の窓ガラスが揺れたということです。
大きな音などは聞こえなかったということです。
また、周辺では硫黄化合物のような臭いがしているほか、
火山灰が降り続き、地面にうっすらと積もっているということです。

午前2時10分現在、けが人などの情報は入っていないということで、
引き続き情報収集を続けています。

活発な火山活動続く
阿蘇山では7日午後9時50分ごろに噴火が発生した以降も、
火山性微動の振幅が大きく、活発な火山活動が続いています。
去年9月の噴火では、噴煙が火口から2000メートルまで上がり、
火口周辺で大きな噴石が飛んだのが確認されたため、
気象庁は噴火警戒レベルを2から3に引き上げていました。

噴火警戒レベルは去年11月にレベル2に引き下げられましたが、
阿蘇山では、ことしに入っても
小規模な噴火が繰り返し発生しているほか、
放出する火山ガスが多い状態も続いていることから、
気象庁は火口から1キロ程度の範囲では大きな噴石や
火砕流に警戒を呼びかけていました。

政府が情報連絡室を設置
政府は午前1時50分、総理大臣官邸の危機管理センターに
情報連絡室を設置し、関係省庁や地元自治体などと連絡を取り、
情報の収集と警戒に当たっています。

気象庁によりますと、5日午後6時56分ごろ、
鹿児島市の桜島で「噴火が発生した」ということです。
気象庁は「噴火速報」を発表し、詳しい状況を調べています。
登山者など、火山に立ち入っている人は身の安全を確保してください。

今後の情報に注意してください。

「噴火速報」は、一定の期間、噴火が発生していない火山で
噴火が発生したり、すでに噴火が発生している火山で、
より規模の大きな噴火が発生したりした場合に発表される情報です。
桜島には、噴火警戒レベル3の火口周辺警報が発表されていますが、
レベルが上がる可能性があり、今後の情報に注意してください。

煙を上げて真っ赤に燃え上がるかのような富士山
=東京都杉並区で2016年1月19日、藤島直美撮影 残照

毎日新聞 2016年 最終更新 1月24日 09時21分
煙を上げて真っ赤に燃え上がるかのような富士山。
19日夕、東京都杉並区善福寺1で写した。
富士山の陰に日が沈んだ直後、山頂付近に重なった雲か、
風に飛ばされた雪煙が夕日の残照を受けて、赤く輝いたとみられる。
一部の地域を除いて10月から2月ごろにかけて、
日没が富士山に重なる時期がある。
運がよければ、富士山頂に日が沈む瞬間、
山が宝石のように輝く「ダイヤモンド富士」が見られることもある。

 国土交通省関東地方整備局は、ホームページの
関東の富士見百景」コーナー内で、
各地から見て日没が富士山頂に重なる日付の目安を紹介している。

御嶽山、蔵王山、阿蘇山が…日本列島の地下で何が
ANNnewsCH (11/28 16:34)
口永良部、御嶽山、そして阿蘇山、
次は... 「火山列島」活発化で富士山噴火が危ない
2014/11/28 18:40  J-CASTニュース
 阿蘇山(熊本県)の噴火が続いている。
噴煙が高さ1000メートルにまで達し、熊本空港を
発着する航空便に欠航が相次ぐなど暮らしにも影響が及んでいる。
   多くの犠牲者を出した2か月前の御嶽山(長野・岐阜県)の噴火では、
火山活動が静穏と見られていた山で起きただけに驚きの声が上がった。
「次は富士山ではないだろうか」。
こう心配する人も少なくないだろう。

草津白根山で火山性地震増、口永良部島は噴火
富士山の噴火は起きてほしくない
   阿蘇山の噴火では、19年ぶりに噴石が確認された。
高温の噴出物が赤い炎のように見える
「火炎現象」も起きている。
2014年11月27日放送の「あさチャン!」(TBS系)では、
観光客用のロープウェー乗り場に火山灰が
積もった様子を映し出し、熊本県内やその東側の
大分県でも降灰が見られたと報じた。
   2014年に火山活動が活発化したのは、阿蘇山と御嶽山だけではない。
草津白根山(群馬県)では3月から火山性地震が増加、
火山ガスの噴出も見られるようになり、
気象庁が6月3日に火口周辺への立入規制等を伴う
「噴火警戒レベル2」に引き上げた。
8月3日には口永良部島(鹿児島県)の新岳が 34年ぶりに噴火し、
当初は火砕流発生の恐れがあると警戒された。
11月25日の時点で、警戒レベルは御嶽山と同じく「3」が継続されている。
桜島(鹿児 島県)でも噴火が続いており、入山規制が解除されていない。
蔵王山(宮城・山形県)では8月以降に火山性微動の発生が増え、
10月20日には今年最大規模 の揺れが観測された。
   専門家による気になる指摘がある。
「あさチャン!」では、
鹿児島大大学院理工学研究科・井村隆介准教授のコメントを紹介した。
東日本大震災や 阪神淡路大震災、
また雲仙普賢岳や三宅島、有珠山の噴火は
すべて「平成」に入ってから起きているという。
ほかにも2004年の新潟県中越地震、
2011年 の新燃岳(宮崎・鹿児島県)噴火と、
被害の大きかった地震や火山の噴火が過去20年ほどの間に
複数回発生していることになる。
井村准教授は
「大きな日本列島の変動期に入ってきているのかもしれません」と述べた。
   こうなると、懸念されるのが富士山の動向だ。
1707年の宝永噴火から300年が過ぎ、
火山学者は「いつ噴火してもおかしくない」と言う。
本当に「日本列島の変動期」に入っているとなれば、
余計に不安が募る。

地震後数年たってから噴火したケースも
   2011年3月11日の東日本大震災以降、
これまでに複数の火山の噴火が確認され、
御嶽山のように予期せぬ噴火もあった。
2013年には、小 笠原諸島(東京都)の
西之島付近の海底火山が爆発して新島が出現。
今も溶岩が噴出し続けて、面積は元の島の8倍以上となっている。
   大地震による火山噴火の誘発について、
火山噴火予知連絡会会長で東京大学名誉教授の藤井敏嗣氏が、
NHK「そなえる防災ウェブサイトで
2012年7月3日に解説している。 
動画  supermantaro8
富士山の宝永噴火の49日前には、
マグニチュード(M)8.6の地震が発生していた。
1991年にフィリピン・ピナツ ボ火山が噴火したのも、
1年前に100キロ離れた地点を震源に起きた
M7.8の地震が誘発したと考えられているという。
さらに、「世界の例からすると
地震後数年たってから噴火したケースも知られていることから、
まだしばらくは注意が必要です」と警鐘を鳴らした。
東日本大震災から3年8か月が経過したが、安心はできない。
   富士山周辺の自治体は、「まさかの事態」に備えて準備に励む。
2014年10月19日、静岡、山梨、神奈川による
「富士山火山三県合同防災訓 練2014」が実施された。
避難訓練や救出訓練を、3県の県民が一緒に行う初の試みとなった。
山梨県富士吉田市は11月4日、
「富士山火山対策室」を開設し、
災害発生時の住民の避難計画策定などを進めるという。
静岡県では11月21日、2014年度12月補正予算案に富士山の噴火に備えた
火山安全対策調査 の費用として500万円を計上した。
   とはいえ300年以上起きていない富士山の噴火だけに、
想定外の事態に陥らないとも限らない。
ましてや大規模噴火となれば人々の生活への影響は計り知れず、
被害が東京まで及べば首都機能がマヒする恐れも出てくる。
国や自治体、さらには個人レベルでの、
万全の備えが今のうちから求められるだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿