慰安婦問題について、いろんな報道: 産経、【北朝鮮情勢】“初代”金日成は旧陸軍士官学校出身 卒業名簿に本名記載、伝説的抗日運動家、政権が名声利用。「金正恩政権の権威の虚偽性示す」 旧満州での抗日活動に詳しい李相哲・龍谷大教授

Translate

2016年10月31日月曜日

産経、【北朝鮮情勢】“初代”金日成は旧陸軍士官学校出身 卒業名簿に本名記載、伝説的抗日運動家、政権が名声利用。「金正恩政権の権威の虚偽性示す」 旧満州での抗日活動に詳しい李相哲・龍谷大教授

“初代”金日成は旧陸軍士官学校出身 卒業名簿に本名記載、
伝説的抗日運動家、政権が名声利用
2016-10-31 18:00:00 戦車のブログ

発見された陸軍士官学校23期生徒の名簿。
騎兵の最後尾に「朝鮮学生 金顕忠」の名がある
金 擎天(キム・ギョンチョン、김경천、1888年6月5日 - 1942年1月2日)は、
朝鮮独立運動家。本名は金顕忠[1] (キム・ヒョンチュン、김현충)で
独立運動では金光瑞(キム・ガンソ、김광서)や金擎天と名乗ったいた。
大日本帝国陸軍騎兵中尉となり、現職時に脱走して独立運動になり、
大正年間は主にシベリアで活動した。
ソ連国籍となり、スターリンの大粛清で獄死したとされている。
キム・イルソン(北朝鮮トップの金正恩の祖父)が創った
キム・イルソン将軍伝説のモデルとした一人[2]ウィキより

秘録金正日」を連載している 
龍谷大学の李相哲教授(提供写真)
Amazon.co.jp: 李相哲: 本

2016.10.31 05:03 イザ
東京基督教大学教授の西岡力さんによると、
韓国の反日は世代によって内容が違う。
戦前の日本統治を知らない世代に広がった反日は、
韓国版自虐史観に基づくものだと、正論欄に書いていた。

 ▼この歴史観からすれば、韓国はまっとうな国とはいえない。
独立のために戦った運動家たちが、建国の主体にならなかったからだ。
民族の分断も、アメリカと結託した親日勢力が引き起こしたことになる。
北朝鮮と韓国国内の「従北左派」の政治宣伝が功を奏したのだ。

 ▼日韓国交正常化を決断した朴正煕(パクチョンヒ)元大統領は
当然、親日勢力の代表として非難される。
内部文書の漏洩(ろうえい)問題で窮地に陥っている、
朴槿恵(クネ)現大統領の父親である。
何より、日本の陸軍士官学校出身という経歴が問題視された。

 ▼逆に、抗日闘争を指揮したとされる北朝鮮の
金日成(キムイルソン)主席は、民族の英雄となる。
もっとも、その経歴にはあまりにも謎が多い。
戦後平壌で初めて大衆の前に姿を現したとき、
「ニセ者」との落胆の声が上がった。
33歳の若者は、
「伝説の老将軍」のイメージにまったく合致しなかった。
 ▼「金日成」を名乗る人物は、複数いたらしい。
白馬にまたがって、満州を駆け巡った「初代金日成」の本名は、
金顕忠(ヒョンチュン)」という。
実は日本の陸士出身だった、との説を裏付ける証拠が、見つかった。
昨日の小紙の記事によれば、陸士の卒業名簿の写しに、
名前の記載があった。
卒業後朝鮮に帰って、抗日運動に身を投じたらしい。

 ▼金主席が、初代の名声を利用して、権威付けを図っていた。
これが事実とすれば、北朝鮮の国家としての正統性は大きく揺らぐ。
初代と朴元大統領は、陸士では先輩後輩の間柄である。
韓国内の反日派にとっても、都合の悪い成り行きであろう。

「金日成(キム・イルソン)」と名乗り、大正から昭和初期にかけて
旧満州(現中国東北部)で抗日独立運動を指導したとされる人物が、
日本の旧陸軍士官学校出身であることを示す資料が
29日までに発見された。
北朝鮮の最高指導者に就いた金日成主席は、
いわば「初代金日成」ともいえるこの人物の名前や
名声を踏襲して権威付けを図ったとされ、
今回の発見は、金政権がよって立つ
抗日闘争史の根幹を揺るがすものともいえそうだ。

 この人物は本名を「金顕忠(ヒョンチュン)」といい、
日本の陸士出身との説があったが、確かな証拠はなく、
その出自は長く謎とされてきた。

 一方、第二次大戦後に北朝鮮の首相や主席となった金日成は
本名を金成柱(ソンジュ)といい、初代金日成と直接の関係はない。
旧ソ連軍が都合のいい人物を指導者にするため、
伝説の抗日運動指導者に仕立て上げたとされる。
北朝鮮は、金顕忠の抗日活動も、
金主席1人が行ったように歴史を書き換えてきた。

 今回、東京都内の陸士関係者の子孫宅から見つかった
陸軍中央幼年学校本科第八期卒業生徒人名表
(明治四十二年五月)」の末尾には、
韓国学生 金顕忠 二二、〇〇」と記されている。
同じく
明治四十四年五月 
陸軍士官学校第二十三期生徒卒業人名」には
「騎兵」の最後に、「朝鮮学生 金顕忠」とあった。

当時の陸士の教育システムは約2年課程の

中央幼年学校から陸士に進み、
2年後に卒業して見習士官となり、
数カ月後に少尉に任官するというもの。
金顕忠は22歳ちょうどで中央幼年学校を卒業し、
2年後に陸士の騎兵科を
卒業したことが資料から読みとれる。

 資料には、陸士23期の故大野宣明氏が
昭和38年に「複写」したとあり、原本からの複写とみられ、
信頼度が高いと考えられる。
陸士23期の全生徒名が記載され、配属先も書かれているが、
金顕忠については配属先が記されていない。

 金顕忠は当時、大韓帝国となっていた朝鮮から
日本の中央幼年学校に留学し、そのまま陸士に進んだ。
だが、在学中の明治43(1910)年に
韓国が日本に併合されたことから、卒業後しばらくして朝鮮に帰り、
抗日運動に身を投じるようになったと推測される。

 抗日運動では、「金光瑞(グァンソ)」あるいは
「金●(=敬の下に手)天(ギョンチョン)」と名乗ったといわれる。
金日成は馬にまたがって
抗日運動を指導するイメージがもたれているが、
金顕忠は騎兵の出身で、乗馬は得意だった。
 その後、金顕忠がどうなったかは不明で、
一部にはソ連で処刑されたとの説もあるが、研究家の間では、
金主席を含め、数人の「キム・イルソン」と名乗る人物が
抗日運動を引き継いだとみられている。(編集委員 大野敏明)

2016.10.30 06:00 【北朝鮮情勢】産経ニュース
「金正恩政権の権威の虚偽性示す」
北朝鮮は金日成主席の抗日武装闘争に
国家としての正統性を求めているが、
主席以外の金日成が実在したことを裏付け、
北朝鮮の歴史の虚偽性を改めて示した資料として価値がある。

 「初代金日成」は陸軍士官学校出身という
少数のエリートだったからこそ、世界情勢と
日本人の中で活動する限界を知り、韓国併合に敏感に反応して
抗日活動に身を投じたのではないか。
現在の最高指導者、金正恩(ジョンウン)氏は、
祖父の金日成主席のスタイルをまねることで権威を保っているが、
その祖父の活躍の根拠自体を覆すものともいえる。(談)

0 件のコメント:

コメントを投稿