慰安婦問題について、いろんな報道: 【日いづる国より】前川惠司、軍事政権から慰安婦へ ~韓国を理解するということ・キーセン観光反対運動から始まった 反日慰安婦プロパガンダ[桜H28/10/28・21]。【書評】産経ニュース 韓国から「反日」が消える日は来るのか? 元「朝日」記者が放つ日韓論 前川惠司著『交わらないから面白い 日韓の常識』。

Translate

2016年10月28日金曜日

【日いづる国より】前川惠司、軍事政権から慰安婦へ ~韓国を理解するということ・キーセン観光反対運動から始まった 反日慰安婦プロパガンダ[桜H28/10/28・21]。【書評】産経ニュース 韓国から「反日」が消える日は来るのか? 元「朝日」記者が放つ日韓論 前川惠司著『交わらないから面白い 日韓の常識』。

【日いづる国より】前川惠司、軍事政権から慰安婦へ
~韓国を理解するということ [桜H28/10/28]
司会:中山恭子(参議院議員・日本のこころを大切にする党代表)
ゲスト:前川惠司(ジャーナリスト・元朝日新聞ソウル特派員)

【日いづる国より】前川惠司、キーセン観光反対運動から始まった
反日慰安婦プロパガンダ [桜H28/10/21]

交わらないから面白い日韓の常識 (祥伝社新書)
新書 – 2016/9/1 前川恵司 (著)

前川惠司著『交わらないから面白い 日韓の常識』
慰安婦問題が生じた当初から強制連行はなかったと
言い続けた元朝日新聞記者の日韓関係論。

 夫婦げんかをした際、相手の悪口を通りの聴衆に向かい
大声で言い立てる国民性と朴槿恵(パク・クネ)大統領の
告げ口外交の共通点や、児童会選挙のため高額なスピーチ塾に通い
相手を言い負かす術を身に付ける子供たち、
教師に謝礼の現金を渡す親など、日常生活から見た
韓国人の価値観をつづる。
人より優位に立つために手段を選ばない国民性は、
そのまま対日姿勢にも通じる。国交正常化から51年。
この先も韓国から反日が消える日はないことを強く示唆する内容だ。
(祥伝社新書・840円+税)

【外交・安保取材の現場から】旭日旗に難癖つけ
日本大使館前の反日少女像はOK 韓国の〝隷米反日〟 ソウル・黒田勝弘
■ついにOBが怒りの声を上げた。
朝日新聞元ソウル特派員ジャーナリスト・前川惠司氏。
71年に朝日新聞入社、89年から90年に
韓国紙『東亜日報』に交換記者として派遣され、
92~94年は特派員として朝日のソウル支局に勤務。
06年の退社後も朝鮮半島情勢を見続けてきた。

■同氏は先月『朝日新聞元ソウル特派員が見た
慰安婦虚報」の真実』を上梓した。
朝日新聞の内情と韓国社会の実態の双方を知る立場から
慰安婦虚報の真相に迫った問題提起の書だ。

検索キーワード「前川惠司」に一致する投稿を

2016年1月20日水曜日
国会で福島瑞穂議員がナチスとレッテル貼りをして総理に怒られる、

2015年6月17日水曜日

2015年3月7日土曜日
削除部分を紹介。慰安婦巡る本 一部削除しなければ差し止め。

2015年3月8日日曜日
韓国の小学校の近くに慰安所があった!。韓国内「慰安婦」の実態

2014年8月9日土曜日
朝日新聞社内、U(植村?)さんをめぐり険悪な雰囲気らしい

検索キーワード「米軍慰安婦」に一致する投稿を

2014年8月6日水曜日
米軍基地村売春裁判 韓国米軍慰安婦 従軍慰安婦での

2015年2月19日木曜日
「米軍慰安婦」責任を問う韓国で訴訟本格化 
政府は関与の有無を明言せず、道新記事。

朝日新聞の功罪 あなたはどう思いますか?

0 件のコメント:

コメントを投稿