慰安婦問題について、いろんな報道: 【欅坂46のナチ軍服問題】今年はナチスがテーマの映画の当たり年だった、ナチ軍服問題に揺れる「欅坂46」関係者にこそ見てほしい? 。イスラエル大使館が「(メンバーを)ホロコースト特別セミナーに招待します」 FBで公式に表明。 「ナチス風」指摘は「当然」か「難癖」か 欅坂46謝罪めぐりネットで賛否。朝日新聞より、米ユダヤ人権団体(サイモン・ウィーゼンタール・センター)がソニーと秋元康氏に謝罪要求、人気アイドルグループ「欅(けやき)坂46」、ナチス酷似衣装問題。

Translate

2016年11月5日土曜日

【欅坂46のナチ軍服問題】今年はナチスがテーマの映画の当たり年だった、ナチ軍服問題に揺れる「欅坂46」関係者にこそ見てほしい? 。イスラエル大使館が「(メンバーを)ホロコースト特別セミナーに招待します」 FBで公式に表明。 「ナチス風」指摘は「当然」か「難癖」か 欅坂46謝罪めぐりネットで賛否。朝日新聞より、米ユダヤ人権団体(サイモン・ウィーゼンタール・センター)がソニーと秋元康氏に謝罪要求、人気アイドルグループ「欅(けやき)坂46」、ナチス酷似衣装問題。


海外逃亡したナチスの戦犯アドルフ・アイヒマンを追い詰める
フリッツ・バウアー(ブルクハルト・クラウス)
=映画「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」から
初公開: 2015年10月1日 (ドイツ) 監督: ラース・クラウメ

『サウルの息子』 は、2015年のハンガリー映画。
第二次世界大戦中のアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所を舞台に、
ゾンダーコマンドの囚人であるハンガリー人の男サウルに起きる
一日半の出来事を描く。
ネメシュ・ラースローが監督を務め、
ネメシュとクララ・ロワイエが脚本を務めた。 ウィキペディア
初公開: 2015年6月11日 (ハンガリー)
監督: ネメシュ・ラースロー 音楽: László Melis
受賞歴: アカデミー外国語映画賞、 ゴールデングローブ賞 外国語映画賞
ノミネート: 全米映画批評家協会賞主演男優賞

©2016 Edith Held / DOR FILM-WEST, 
Four Minutes Filmproduktion 
©Edith Held; ©Dor Film / Foto: Patrick Wally
The Bloom of Yesterday [ Die Blumen von Gestern ]
監督:クリス・クラウス 

駐日イスラエル大使館

イスラエル大使館 / Israel in Japan Facebook
タレントさんは多大な影響力があり、皆様がこの重大な問題について
ホロコーストに関する特別セミナーにご招待させて頂きたいと思います。
駐日イスラエル大使 ルツ・カハノフ
カハノフ大使より、日本の皆様へのメッセージ
​この度、第17代の駐日イスラエル大使を務めることになり、
大変名誉で光栄なことと存じます。
日本とイスラエルは、広大なアジア大陸に隔てられた
2つの国ではありますが、地理的距離にも関わらず
共通の価値を有し特別な関係を築いています。
事実、日本はイスラエルにとってアジアにおける最も古い友人であり、
イスラエルは戦後の日本と最初に外交関係を結んだ中東の国です。

2016.11.5 14:00 2 3 【スクリーン雑記帖・予告編つき】
アイドルグループ「欅坂(けやきざか)46」が
コンサートで着用した衣装がナチス・ドイツの軍服と
酷似しているとして物議を醸している。
海外メディアでも取り上げられ、所属レコード会社の
親会社とプロデューサーが謝罪の声明を発表。
さらに在日イスラエル大使館が3日、ツイッターとフェイスブック上で
「メンバーの皆様をホロコースト(ドイツでのユダヤ人大虐殺)に関する
特別セミナーにご招待させて頂きたい」
と申し出るなど、波紋を広げている。

 くしくも同じ3日に最終日を迎えた第29回東京国際映画祭で、
最高賞の東京グランプリにホロコーストを扱った
「ブルーム・オヴ・イエスタディ」(クリス・クラウス監督)が選ばれた。
ホロコーストのイベントを企画する頑固な男が、
風変りな仏人インターン女性と調査を続けるうちに
意外な事実に行き当たる、という内容だ。
今年はナチスを題材にした映画の当たり年。
1月公開の「サウルの息子」はアウシュビッツ収容所で
ユダヤ人ながら同胞の死体処理を任された男をめぐる話で、
縦横無尽なカメラワークが、
まるで収容所に迷い込んだような臨場感を生んでいた。

8月には、ナチス政権下に開催された1936年の
ベルリン五輪でヒトラーの鼻をあかして史上初の
4冠に輝いた黒人の米陸上選手、ジェシー・オーエンス
(1913~1980年)を描いた
6月公開の「帰ってきたヒトラー」も大きな話題を呼んだ。
ヒトラーが現代のドイツにタイムスリップし、
モノマネ芸人として人気者になっていくコメディーで、
ドイツで深刻な難民問題などを盛り込んだことも
日本人の興味を引いたようだ。
映画『手紙は憶えている』予告編 moviecollectionj

 現在公開中の作品に目を移すと、
手紙は憶えている」(アトム・エゴヤン監督)は、
アウシュビッツ収容所の生存者で家族を殺された
年老いた男が復讐の旅に出る話。
映画『ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち』予告編 シネマトゥデイ
旧チェコスロバキアでナチスによる迫害に瀕した
ユダヤ人の子供669人を救出し、“イギリスのシンドラー”と呼ばれる
ニコラス・ウィントン(1909~2015年)の偉業に迫った記録映画だ。

12月17日公開の「ヒトラーの忘れもの」は、
終戦直後のデンマークで、ドイツ軍が埋めた200万個超の
地雷を除去するために駆り出されたドイツの少年兵たちと、
彼らを監督するデンマーク人軍曹との絆を描いている。

先日、来年1月7日公開の
「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」を見た。
題名からも分かるように、数百万人のユダヤ人を
強制収容所送りにした
ナチスの戦犯アドルフ・アイヒマンをめぐる作品で、
主人公は彼の捕獲に執念を燃やす
ドイツ人検事長、フリッツ・バウアーだ。
先月、イタリア生まれでドイツ育ちのラース・クラウメ監督が
来日したので話を聞いた。
ナチス・ドイツを描いた作品についてクラウメ監督は
「ドイツの暴力的な歴史について人々は
人類にこんな冷酷なことができるのか』と
考えさせられる側面があるので、
世界中で上映されやすいのではないか」と分析した。
 バウアーはイスラエルの諜報機関モサドの
協力を得たことから国家反逆罪に問われたり、
ドイツ国内に巣くうナチス残党の圧力や妨害に遭いながら
少しずつ目的に近づいていく。
一本気で執念深く、演じた独俳優ブルクハルト・クラウスの
好演もあって見応えのある一編に仕上がっている。
バウアーは、ドイツの未来は若い世代が過去と
向き合うことにかかっていると信じていた。
映画の冒頭に昔の記録フィルムが現れ、
バウアー本人が
「若者たちは真実を知る準備ができた」と語る。
 ここで改めて「欅坂46」のナチ軍服問題を考えてみる。
ナチス・ドイツの蛮行についての知識が足りないことが
問題の背景にあるのなら、ここで紹介した映画は
当時を理解するのにきっと参考になると思う。(伊藤徳裕)
Der Frankfurter Auschwitz-Prozess

総統閣下が欅坂46の衣装問題についてお怒りの様です
へびくん 2016/11/01 鎮火することを願う。

アイドルグループ「欅坂46」が着た黒い衣装が
ナチス・ドイツの軍服に酷似しているとして、ツイッターなど
ネット上で批判を受けている問題で、
駐日イスラエル大使館は3日、フェイスブック上で
「メンバーの皆様をホロコースト
(ドイツでのユダヤ人大虐殺)に関する特別セミナーに
ご招待させて頂きたい」と申し出ていたことが分かった。

フェイスブックによると、騒動を報じたメディア記事を
掲載した上で「タレントさんは多大な影響力があり、
皆様がこの重大な問題について
知識を持つことが重要です」と前置きし、
「欅坂46のメンバーの皆様をイスラエル大使館での
ホロコーストに関する特別セミナーに
ご招待させて頂きたいと思います」と書かれている。

同大使館は祝日休館のため詳細について分からないが、
ツイッターでは「なりすましアカウントかと思ったら
ガチの公式声明だった…」「何だかえらい話になってきた」
「衣装担当は先にイスラエル大使館に
坊主頭で土下座してこい」などと動揺が広がっている。
(WEB編集チーム)

「ナチス風」指摘は「当然」か「難癖」か
アイドルグループ「欅坂46」の衣装がナチスドイツを想起させるとして
ユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)」が
謝罪を求めていた問題は、声明発表から24時間足らずで
欅坂46側の運営会社や総合プロデューサーの
秋元康氏が謝罪することになった。

「似ている」という指摘は10月22日お衣装の披露直後から
くすぶっていたが、欅坂46の謝罪を伝える記事に寄せられたコメントには、
衣装のデザインはグローバルスタンダードに合わず謝罪は
当然だとする意見がある一方、「ただの難クセ」
「ユダヤのプロパガンダ」などと、SWCの対応に疑問を示す声も出ている。

ソニーや日本のブランドイメージも傷つくと主張
今回の衣装をめぐっては、米国のユダヤ人権団体
「サイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)」が
10月31日(現地時間)、
「10代の若者がナチス風の衣装を着てステージや
観客席で踊っているのを見ることは、
ナチス大量虐殺の犠牲者に多大な苦痛を引き起こす」
と謝罪を要求。その上で、
「仮にグループ(欅坂46)に傷つける意図がなかったとしても、
当該パフォーマンスはナチス犠牲者の記憶をおとしめるもので、
ネオナチの感情が高まっているドイツやその他の国々の若者に
誤ったメッセージを送ることになる。
ソニーのような国際的ブランドには、もっと良いものを期待したい。
ソニーは日本に恥をかかせている」
などとして、今回の騒動がソニーという国際的なブランドや
日本という国の対外的イメージにも悪影響を与えると主張した。

この声明が掲載されたのは日本時間11月1日未明だが、
同日夜には欅坂46のウェブサイトに
「ご不快な思いをさせてしまったことに対し、
心よりお詫び申し上げます」などとする謝罪コメントが掲載され、
総合プロデューサーの秋元康氏も
「監督不行き届きだった」として陳謝した。

「『ガス室』なかった」記事で雑誌廃刊に追い込む
こういった対応を伝えるJ-CASTニュースの記事には、
様々な声が寄せられた。
「グローバル化したこの世界で
そういうことに事前に気づかない時点で、プロデューサーとして失格」
「中国のアイドルが劇場を第七サティアンと呼んで
正大師のコスプレで歌ってたら日本人として
どう思う?オウムの比じゃないぞナチスは」
などとして、衣装はきわめて不適切だとの声が相次いだ。
一方で、
「ユダヤのプロパガンダは
若者の表現の自由を奪った。大変な罪だ」
「自称被害者の人権ヤクザはどこの国にも居るって事だ」
「ただの難クセ」
などとしてSWCの声明を非難する声も多い。

SWCは、ホロコースト否定論やユダヤ陰謀論を唱えるメディアに対して、
広告主を巻き込みながら
激烈な抗議活動を展開することで知られている。
例えば1995年1月に文芸春秋社の月刊誌「マルコポーロ」が
掲載した「ナチ『ガス室』はなかった」と題する記事をめぐるトラブルでは、
「ホロコーストはソ連などの共産主義政権の作り話」などとする内容に、
SWCやイスラエル大使館が猛烈に抗議。
文芸春秋社のスポンサーに広告出稿を取りやめるように
働きかけるなどの運動を展開した。
その結果、文芸春秋社は雑誌の回収と廃刊、編集長の解任を決め、
全面謝罪。社長も引責辞任に追い込まれた。

 サイモン・ウィーゼンタール・センター
ロサンゼルス=平山亜理
人気アイドルグループ「欅(けやき)坂46」が
ライブで着ていた衣装が、ナチス風だと批判を浴びている問題で、
米国のユダヤ人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」
(本部・ロサンゼルス)は10月31日、所属レコード会社と、

 同センターは公式ホームページで、欅坂46の公演について、
嫌悪感を引き起こすとし、
「不適切で非常に攻撃的な表現に対して、
謝罪を求める」との声明を発表した。

エイブラハム・クーパー副代表は
「10代の若者が舞台上で観客に向けて
ナチス風の衣装で踊るのは、ナチスによる虐殺被害者に、
非常な苦痛を与える」と主張。
世界中で反ユダヤ攻撃が増える中、
「このパフォーマンスは、ナチスの被害者の記憶をおとしめ、
ネオナチの動きが高まるドイツや
他国の若者に誤ったメッセージを送る」とした。

問題の衣装は、欅坂46が10月22日、
横浜アリーナであった「パーフェクト・ハロウィーン2016」で着たもの。
英紙デイリー・メールなど海外メディアでも報じられ、騒ぎが広まっていた。

2015年7月29日水曜日
【早い話が...】偽善と知的怠慢、三菱マテリアルと

2014年12月5日金曜日
米ユダヤ系団体、本紙掲載広告に抗議、産経・熊坂社長

2015年1月5日月曜日
反日映画「アンブロークン」の正体→反日映画「アンブロークン」

2014年9月13日土曜日
ナチスにシンパシーは感じません しょせん白人ドイツのものです。

日本に圧力をかけるシオニスト組織「SWC」
No.a4fhc600 作成 2002.3 「ヘブライの館 2」

検索キーワード「イスラエル」に一致する投稿を

2016年11月2日水曜日
ユネスコへ「記憶遺産」透明性確保求める意見書提出。

0 件のコメント:

コメントを投稿