慰安婦問題について、いろんな報道: 中国、尖閣の「世界自然遺産登録」に懸念 自国権益に影響。琉球「日本固有の領土と言えず」中国・環球時報が論文 「奄美・琉球」の世界遺産登録で世論工作。

Translate

2016年11月16日水曜日

中国、尖閣の「世界自然遺産登録」に懸念 自国権益に影響。琉球「日本固有の領土と言えず」中国・環球時報が論文 「奄美・琉球」の世界遺産登録で世論工作。

奄美琉球_世界自然遺産登録応援
『環境省とJALの生物多様性への取り組み』

中国外務省の耿爽報道官は15日の記者会見で、
日本が「奄美・琉球」(鹿児島、沖縄)の世界自然遺産登録を
目指していることについて「中国の権益に
影響を与える可能性があると懸念している」と述べ、
自国領と主張する沖縄県・尖閣諸島まで
対象地域が拡大しかねないとの認識を重ねて示した。

 日本は「奄美・琉球」の候補地を

鹿児島県の奄美大島と
徳之島、沖縄県の沖縄本島北部と
西表島の4カ所に絞り込んでおり、
尖閣は対象外。
だが、中国は自説に固執し
外交ルートでも同様の懸念を伝えてきている。

 耿氏は会見で
「日本が対話と協議を通じて中国側の懸念を
適切に解決するよう求める」と強調した。(共同)

16日、日本が「奄美・琉球」(鹿児島、沖縄)の
世界自然遺産登録を目指していることに関連し
「琉球諸島は日本固有の領土とは言えない」
とする専門家の論文を掲載。
中国ではここ数年、沖縄に関する日本の主権に
疑問を投げ掛ける論調が出ており、自国領と主張する
沖縄県・尖閣諸島に対する日本の領有権を崩すための
世論工作とみられる。
「奄美・琉球」の世界遺産登録に関しても、
中国は尖閣まで対象地域が拡大しかねないと懸念している。

 論文は、19世紀後半に明治政府が琉球を併合した
「琉球処分」に関し「琉球は独立国で、中国が長く宗主国だったが、
日本に占領された」と強調。カイロ宣言やポツダム宣言は、
強引に占領した土地から出て行くよう求めているとして
「日本は琉球諸島を領有できない」と訴えた。
「日本が琉球諸島を自国の領土にする目的で
世界遺産登録を利用するなら、
戦後の国際秩序への挑戦だ」と決め付けた。(共同)

尖閣「世界自然遺産登録」を懸念 自国権益に影響と中国 
【歴史戦】中国、尖閣に絡め日本の世界遺産登録に懸念
【歴史戦】日韓合意にもかかわらず口出しできぬ韓国政府 
JALグループはこのほど、鹿児島県や沖縄県などが
2018年度以降を目標としてめざして進める
「奄美・琉球」の世界自然遺産登録の活動を支援するため、
両県や環境省の協力のもとプロモーション動画を制作した。
すでにウェブサイトで公開しており、
1月からは国際線および国内線の機内でも放映する。

 JAL JTAセールス代表取締役社長で
日本航空(JL)沖縄支店支店長の渡部勝磨氏によると、
10年に名古屋でCOP10が開催され生物多様性の保全などについて
20年までの目標が掲げられるなかで、グループとしても
COP10自体にも当時のJL代表取締役社長の大西賢氏が参加し、
特別塗装機の運航や出前授業の実施などの取り組みを継続。
今回の映像制作もこの一環で、
両地域への観光需要拡大にも繋げるねらい。

 動画では登録候補地の景観や、
代表的な希少動植物などを紹介。
テーマソングの「南風」は、奄美大島と沖縄県にルーツを持つ
シンガーソングライターで、タレントの
りゅうちぇるさんの姉である比花知春さんが歌う。

検索キーワード「ユネスコ」に一致する投稿を

2016年11月2日水曜日
ユネスコへ「記憶遺産」透明性確保求める意見書提出。

2016年8月27日土曜日
【杉田水脈のなでしこリポート(13)】 ユネスコ記憶遺産申請に

0 件のコメント:

コメントを投稿