慰安婦問題について、いろんな報道: 日教組委員長が辞任 週刊誌報道に「責任を受け止める」。組合費の私的流用疑惑報じられた 日教組委員長の岡本泰良氏が辞任 減給処分も。日教組の岡本泰良委員長の不倫相手は ガールズバーで働く44歳の元歌手。

Translate

2016年11月30日水曜日

日教組委員長が辞任 週刊誌報道に「責任を受け止める」。組合費の私的流用疑惑報じられた 日教組委員長の岡本泰良氏が辞任 減給処分も。日教組の岡本泰良委員長の不倫相手は ガールズバーで働く44歳の元歌手。


日教組の岡本泰良委員長の不倫相手は 2016-10-18(11:26) 韓流研究室  日本教職員組合日教組)は30日、週刊新潮などで
女性問題や組合費の私的流用疑惑を報じられた
岡本泰良委員長(56)が「社会的責任を重く受けとめる」として
辞意を表明し、29日付で辞任したと発表した。
岡島真砂樹副委員長(57)が代理を務める。

 日教組によると、一連の報道を受けて調査した結果、
不適切なタクシーチケットの使用が確認され、岡本氏が返納。
それ以外の不透明な支出はなかったという。
ただ「週刊誌報道に取り上げられたこと自体、
日教組の信用と名誉を傷つけた」として、
28日付で6カ月の減給10分の1の処分をした。
組合費の私的流用疑惑や女性問題などが
10月発売の週刊新潮で報じられた
岡本泰良(やすなが)委員長が29日付で辞任したと発表した。
岡島真砂樹中央執行副委員長が委員長代理を務める。

 また、週刊誌に報道されたことで、
日教組の信用と名誉を傷付けたとして、
28日付で減給10分の1(6カ月)の処分を行った。

 岡本委員長から不適切なタクシーチケット使用があったとして
返納の申し出があり、受領したが、組合費の私的流用や
使途不明金などの不透明な支出がないことが
監査委員会と公認会計士によって確認されたとしている。
岡本氏は大分県教組出身。
平成20年から日教組書記長を務め、
今年4月に委員長に就任した。

ラブホ、W不倫…日教組の岡本泰良委員長 

0 件のコメント:

コメントを投稿