慰安婦問題について、いろんな報道: #北海道博物館【桜便り】/ 歴史捏造博物館か? -北海道博物館[桜H30/5/30]。戦犯の赦免や減刑に関する国会決議とアイヌ民族を先住民族とすることを求める決議。「アイヌ民族を先住民族とすることを求める決議」に関する 内閣官房長官談話 平成20年6月6日。平成十七年十月十七日提出 質問第二一号 「戦犯」に対する認識と内閣総理大臣の 靖国神社参拝に関する質問主意書 提出者 野田佳彦。

Translate

2018年5月31日木曜日

#北海道博物館【桜便り】/ 歴史捏造博物館か? -北海道博物館[桜H30/5/30]。戦犯の赦免や減刑に関する国会決議とアイヌ民族を先住民族とすることを求める決議。「アイヌ民族を先住民族とすることを求める決議」に関する 内閣官房長官談話 平成20年6月6日。平成十七年十月十七日提出 質問第二一号 「戦犯」に対する認識と内閣総理大臣の 靖国神社参拝に関する質問主意書 提出者 野田佳彦。

至ったとみなされている[要出典]。
自然人類学から見たアイヌは、アイヌも大和民族も、
縄文人を基盤として成立した集団で、共通の祖先を持つとされる。
Y染色体ハプログループの分布 (東アジア)」を参照
近年の遺伝子調査では、アイヌとDNA的にもっとも近いのは
琉球民族で、次いで大和民族であり、
大和民族とアイヌ人の共通性は約30%程である。
…アイヌにはATLのレトロウイルス(HTLV-1)が
日本列島内でも高頻度で観察される事から、
縄文人の血が濃く残っていると考えられる[13]

イテリメン族」、および「コリャーク人」を参照

近年の研究で、オホーツク人がアイヌ民族と
共通性があるとの研究結果も出ている。

擦文時代」も参照

北海道博物館

2018年4月22日日曜日
北海道開拓使150年、

テープカットをして開館を祝う関係者
(17日、札幌市厚別区で)

北海道博物館18日開館
2015年04月18日 YOMIURI ONLINEホーム
北海道開拓記念館と道立アイヌ民族文化研究センターが統合した
「北海道博物館」(札幌市厚別区)がオープンするのを前に
17日、記念式典が開かれた。 
 式典には地元住民ら約250人が出席。
高橋はるみ知事が「文化発信の拠点として、
だれもが楽しく学べる施設になってほしい」と式辞を述べ、
石森秀三館長が「ほかの道内の博物館と協力し、
地域を活性化していきたい」とあいさつした。

 その後、愛称「森のちゃれんが」を考えた女子高校生のほか、
ロゴマークを作った札幌市立大の学生らに記念品が贈られ、
高橋知事や北海道アイヌ協会の加藤忠理事長らが
展示室入り口でテープカットをして、開館を祝った。

 同館は18日午前9時30分にオープンする。


戦犯の名誉回復 賢者の説得力 1
●東京裁判に法的根拠がないということは、
裁かれたのは犯罪人ではない。
「裁かれた」のではなく報復リンチにあったようなもので、
戦争犯罪裁判で命を落とした人は、言ってみれば「戦死者」である。
●昭和27年4月に独立を回復した時から、
日本政府は直ちにこの人たちの名誉回復にとりかかり、
28年の国会では全会一致(共産党も含む)で
「戦犯として処刑された人々は、
法務死であって戦死者とみなす」と決議した。
●よって日本には戦犯なるものは存在しない。
戦犯と呼ばれる人々は全て戦死者であり、
戦場の戦死者と等しく靖国の英霊であることに変わりはない。
          《小堀桂一郎 出典不明》
    (他著書「歴史修正主義からの挑戰」)

A級戦犯 日本が主権を回復した1952年4月28日の
サンフランシスコ平和条約発効直後の5月1日、
木村篤太郎法務総裁から戦犯の国内法上の解釈についての
変更が通達され、戦犯拘禁中の死者はすべて「公務死」として、
戦犯逮捕者は「抑留又は逮捕された者」として
取り扱われる事となり、戦犯とされた人々のために
数度にわたる国会決議もなされた。

1950年代には、これに基づき国内外で収監されている
戦犯の赦免や減刑に関する、以下の国会決議が採決されている。
1952年6月9日参議院本会議にて
戦犯在所者の釈放等に関する決議
1952年12月9日衆議院本会議にて
戦争犯罪による受刑者の釈放等に関する決議
1953年8月3日衆議院本会議にて
戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議
1955年7月19日衆議院本会議にて
ただし、A級戦犯については、赦免された者はおらず、
減刑された者がいるのみである
(終身禁錮の判決を受けた10名)。[26]

重光葵東条内閣小磯内閣で外務大臣を務め、
A級戦犯として有罪判決を受け禁固七年の刑を受けて、
講和条約の発効と恩赦後に、衆議院議員に3回当選し、
1954年に鳩山内閣の副総理・外務大臣となり、
日ソ国交回復交渉や国連加盟交渉に取り組み、
1956年の国際連合総会で日本の国連加盟が
全加盟国の賛成で承認され、重光の受諾演説に対して
加盟国代表団から拍手で迎えられ[29]
その功績に対して公職引退後(死後)に
勲一等旭日桐花大綬章を授与された。

賀屋興宣は東条内閣で大蔵大臣を務め、
極東国際軍事裁判でA級戦犯として終身刑を受けた。
賀屋興宣は連合国との講和条約の発効と恩赦による
刑の執行終了後、衆議院議員に5回選出され、
池田内閣で法務大臣を務め、その功績に対して、
公職から引退後に叙勲を打診されたが辞退した。


平成十七年十月二十五日受領答弁第二一号
  内閣衆質一六三第二一号
  平成十七年十月二十五日

内閣総理大臣 小泉純一郎
       衆議院議長 河野洋平 殿

0 件のコメント:

コメントを投稿