慰安婦問題について、いろんな報道: 和歌山・太地の肉声「おクジラさまふたつの正義の物語」  「ザ・コーヴ」に異議、佐々木芽生監督 偏見排し捕鯨文化に光。目標額達成! ありがとうございます!。クジラ映画製作の日本人女性監督をシー・シェパードのポール・ワトソンが“攻撃” 脅迫のメッセージも  「どんな妨害にも負けない」と意気込む監督

Translate

2017年10月6日金曜日

和歌山・太地の肉声「おクジラさまふたつの正義の物語」  「ザ・コーヴ」に異議、佐々木芽生監督 偏見排し捕鯨文化に光。目標額達成! ありがとうございます!。クジラ映画製作の日本人女性監督をシー・シェパードのポール・ワトソンが“攻撃” 脅迫のメッセージも  「どんな妨害にも負けない」と意気込む監督

©「おクジラさま」プロジェクトチーム 
2017/9/9公開初日舞台挨拶イベント
登壇者:佐々木芽生監督、
エグゼクティブプロデューサー真木太郎
(『この世界の片隅に』プロデューサー)
元AP通信記者ジェイ・アラバスター(出演者)、
太地町教育委員会教育長 宇佐川彰男(太地町長代理)、
太地町漁業協同組合 組合長 背古輝人(せこてると/出演者) 
映画「おクジラさま〜 ふたつの正義の物語 〜」予告編
おクジラさま映画 2017/08/01 に公開
http://www.okujirasama.com 
NY在住女性監督が見つめる、世界の分断とその先の未来
つつましい給料で世界屈指の現代アート作品を集めた夫婦を描く
「ハーブ&ドロシー」の佐々木芽生(めぐみ)監督が、
6年の制作期間をかけて、半世紀以上続く「捕鯨論争」に
新たな光を当てる。 紀伊半島南端に近い、和歌山県太地町。
追い込み漁を糾弾した映画『ザ・コーヴ』が
アカデミー賞を受賞して以来、この小さな漁師町は
世界的論争に巻き込まれた。
「くじらの町」として400年の歴史を持つ「誇り」は、
シーシェパードを中心とした世界中の活動家たちから
集中非難の的となる。
ヒートアップする対立が沸点に達しようという2010年秋、
佐々木は太地町を訪れる・・・。
そこでは、マスメディアが報じてきた二項対立
 -捕鯨を守りたい日本人とそれを許さない外国人
 - という単純な図式ではなく、
カメラは賛否に縛られない多種多様な意見を捉えていく。 
歴史・宗教・イデオロギー、自分と相容れない他者との共存は
果たして可能なのか?
今まさに、世界が直面している「ダイバーシティの危機」を
克服するヒントがこの映画にはある。
嫌いなヒトをスッキリ排除しますか?
それとも、一緒に生きていきますか?
監督・プロデューサー:佐々木芽生「ハーブ & ドロシー」 
編集:バーナディン・コーリッシュ 
撮影:折笠 貴 / 杉岡 太樹 音楽:デビッド・マズリン
エグゼクティブ・プロデューサー:真木 太郎 / 飯田 雅裕
ポスター原画:山口 晃 制作
:FINE LINE MEDIA JAPAN 制作協力:ジェンコ / ミュート
協賛:アバンティ / オデッセイコミュニケーションズ 
配給:エレファントハウス 
助成金:文化庁文化芸術進行費補助金 
© 「おクジラさま」プロジェクトチーム
 (集英社学芸単行本) Kindle版 佐々木芽生 (著)
  「クジラ映画」制作のイベントで、プレゼンテーションする
佐々木芽生さん=4月7日、東京都内(佐々木正明撮影)
欧米などから根強い批判を浴びている
和歌山県太地町の捕鯨を多様な視点から描く
ドキュメンタリー映画
「おクジラさま ふたつの正義の物語」が
大阪市の第七芸術劇場で公開されている。
米国在住の佐々木芽生(めぐみ)監督(55)は
「自分と異なる意見を排除しようとした時に衝突が生まれる。
その問題が小さな太地の町から見えてくる」と話す。
【村瀬優子】
 今年8月下旬、太地町の畠尻湾を臨む海岸で
野外上映会が開かれた。
撮影に協力した漁師らを含む約200人…

『おクジラさま ふたつの正義の物語』
「捕鯨論争」に新たな光をあてるドキュメンタリー映画、
『おクジラさま ふたつの正義の物語』が
9月9日(土)よりユーロスペース他よりついに公開し、
公開初日を記念し、エグゼクティブプロデューサー真木太郎
(『この世界の片隅に』プロデューサー)、
元AP通信記者ジェイ・アラバスター(出演者)らが登壇した
初日舞台挨拶イベントを開会した!
オフィシャルレポートが到着したのでご紹介、
公式サイトで予告動画が公開されている。

本作は、2010年に公開し、東京で25週間の
ロングランヒットを記録したドキュメンタリー映画
『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』の
佐々木芽生監督による、最新ドキュメンタリー映画。 
予告編では、゛伝統を受けついでいく”太地町の人々と、
゛古い伝統は排除していく”欧米人と、二つの意見を通して、
伝統とは何なのか?共存とは何なのか?
自らに問いかけるような映像となっている。

■あらすじ
紀伊半島南端に近い、和歌山県太地町。
追い込み漁を糾弾した映画『ザ・コーヴ』が
アカデミー賞を受賞して以来、
この小さな漁師町は世界的論争に巻き込まれた。
「くじらの町」として400年の歴史を持つ「誇り」は、
シーシェパードを中心とした世界中の活動家たちから
集中非難の的となる。
ヒートアップする対立が沸点に達しようという2010年秋、
佐々木は太地町を訪れる・・・。
そこでは、マスメディアが報じてきた二項対立
 ― 捕鯨を守りたい日本人とそれを許さない外国人
 ― という単純な図式ではなく、
カメラは賛否に縛られない多種多様な意見を捉えていく。
歴史・宗教・イデオロギー、
自分と相容れない他者との共存は果たして可能なのか?
今まさに、世界が直面している
「ダイバーシティの危機」を克服するヒントがこの映画にはある。 

クジラ漁の論争に映画で光を「太地の問題は現代の縮図」と監督
2017年9月9日 19時18分 シネマトゥデイ

映画「おクジラさま」対談 vol.2 ヨシダナギ
ヨシダナギさん
プロフィール 1986 年生まれ フォトグラファー。
独学で写真を学び、2009年より単身アフリカへ。
以来、アフリカをはじめとする世界中の少数民族を撮影、
発表。唯一無二の色彩と直感的な生き方が評価され、
2017年には日経ビジネス誌で「次代を創る100人」に選出される。
また同年には、講談社出版文化賞 写真賞を受賞。
近著には、写真集『SURI COLLECTION』(いろは出版)、
紀行本『ヨシダ、裸でアフリカをゆく』(扶桑社)がある。
映画「おクジラさま」対談 vol.1 佐々木俊尚
おクジラさま映画 2017/07/24 に公開
http://okujirasama.com 映画「おクジラさま」について、
監督・佐々木芽生(めぐみ)が対談するシリーズ
「おクジラ TALK」の第一弾。
ジャーナリスト・作家の佐々木俊尚さんをお招きしました。
佐々木俊尚さん プロフィール 1961年兵庫県生まれ。
愛知県立岡崎高校卒、早稲田大政経学部政治学科中退。
毎日新聞社、月刊アスキー編集部を経て2003年に独立し、
IT・メディア分野を中心に取材・執筆している。
「レイヤー化する世界」(NHK出版新書)、
「『当事者』の時代」(光文社新書)、
「キュレーションの時代」(ちくま新書)、
「そして、暮らしは共同体になる。」(KTC中央出版)
など著書多数。総務省情報通信白書編集委員。 

佐々木芽生監督 プロフィール 北海道札幌市生まれ。
1987年よりニューヨーク在住。フリーのジャーナリストを経て
1992年NHKアメリカ総局勤務。『おはよう日本』にて
ニューヨーク経済情報キャスター、世界各国から
身近な話題を伝える『ワールド・ナウ』NY担当レポーター。
その後独立して、NHKやTBSなど、
テレビの報道番組の取材・制作に携わる。

目標額達成! ありがとうございます!
Vol.7 2015年7月13日17:35

事務局の小林です。
本日、目標額を達成いたしました! 

皆さまのお気持ちが積み重なりここまでたどり着くことができました。
感謝申し上げます。m(__)m


本日、1500万円を達成しましたが、
すでに1600万円にとどく勢いです。
最終日までまだ10日ありますので、
さらにがんばっていきたいと思います。
合わせて、掲載記事のお知らせです。

本日、産経ニュースにも記事が掲載されました。
http://www.sankei.com/entertainments/news/150712/ent1507120013-n1.html
また、本日発売の「AERA」でも
佐々木監督の記事が掲載されております。
そして、本日、18:30からフジテレビ系「みんなのニュース」の"
ネットNAVI"というコーナーに佐々木監督が電話出演し、
クジラ映画についてもご紹介いただく予定です。
こちらもご覧いただけると幸いです。
引き続き、よろしくお願いいたします!
クジラを巡る世界的論争描く、
日本人監督初の本格ドキュメンタリー映画
2015/03/15 にアップロード MotionGallerys
なぜ日本は捕鯨を続け、世界の非難を浴びるのか?
クジラとイルカを巡る国際論争をテー­マに、世界へ向けて発信する
長編ドキュメンタリー映画を制作します。
https://a-port.asahi.com/projects/wha...

2015.7.12 12:36更新2 3
【シー・シェパード】産経ニュース
クジラ映画製作の日本人女性監督を“攻撃”
脅迫のメッセージも 
「どんな妨害にも負けない」と意気込む監督
国際的な非難が集まる日本の捕鯨や イルカ漁に関して、
ニューヨーク在住の実力派映画監督、佐々木芽生さんが
賛成派、反対派の意見を取り入れた
バランスのとれたドキュメンタリー作品を発表しようと
製作に取り組んでいる。
過激団体シー・シェパードの
ポール・ワトソン容疑者がこの動きをキャッチし、
フェイスブックの個人サイトに、
彼女は「クジ ラ、イルカへの虐殺」を
正当化しようとする「プロパガンダ映画監督だ」と
中傷する声明を発表した。
以降、「恥を知れ、ササキ」
「なんと思い上がったばかな女性だ」などと
誹謗(ひぼう)中傷のコメントが寄せられており、
佐々木監督がSS支持者から個人攻撃されている。
(佐々木正明)  
 ワトソン容疑者のフェイスブックには読者登録が約54万人いて、
捕鯨反対派に大きな影響力を持っている。サイト上でこのほど、
「プロパガンダ映画監督への私の返答」と題する声明が発表された。
 ワトソン容疑者は、佐々木監督の取り組みは「まったくばかげている」と一蹴。
クジラやイルカを捕獲する漁師は、ユダヤ人を虐殺した
ナチス将校と同じだとの持論を展開し、佐々木監督の提案は
「強制収容所からユダヤ人を救出しようとした人々と、
ナチスの人々に理性的な対話をしろと
提案しているようなものだ」と主張した。

 さらに、和歌山県太地町で追い込み漁を行う漁師たちは
「海の賢い生き物を容赦なく仕留める無慈悲な殺し屋だ」とも非難。
「太地町の漁師が一方的に責められていることに心を痛める」という
佐々木監督の映画は
「ベストプロパガンダ作品として
日本の映画祭で初めて賞を受賞するかもしれない」
と揶揄した。
 ワトソン容疑者は大げさな表現で声明を発表することで、
支持者らをあおり、シー・シェパードが標的とする
対象への圧力を高めようとしている。
 声明が出た後、支持者からは佐々木監督への
誹謗中傷コメントが寄せられるようになった。
中には、「NYから彼女を追放しろ」
「そんな映画、絶対に、ボイコットしてやる」などと、
脅迫じみた内容もある。
 佐々木監督は、現代アート作品を収集し、
芸術家を育てた米国人夫妻を
題材にした前作作品の「ハーブ&ドロシー」が評価され、
米国の映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した実力派の監督だ。
 和歌山県太地町のイルカ漁の漁師たちを一方的に批判した
米映画「ザ・コーヴ」に対して強い違和感を抱き、
この問題に関して、バランスの取れた
ドキュメンタリー作品を製作することを決意。
これまで世界中の捕鯨論争の現場に出向き、
精力的に撮影を進めてきた。
来年初頭の 海外映画祭でのプレミア公開を目指している。
現在、クラウドファンディングという手法で、
支持者から作品製作のための寄付金を募っている。
 佐々木監督は
「どんな妨害にあっても、必ずこの映画を完成して世に出したい。
みなさんの力添えが心の支えだ」と話している。
 映画制作のための資金協力サイトはコチラ

関連ニュース
シー・シェパードが日本側に賠償金3億1千万円を支払い 
創設者「予算の範囲内だ」と強弁 
賠償支払い シー・シェパード勢力拡大に「歯止めの転機」、
国際的広がりも
反捕鯨団体「シー・シェパード」が日本側に
賠償金3億円支払いで合意 妨害差し止め命令に違反
反捕鯨団体「シー・シェパード」の上訴を却下 米最高裁
シー・シェパード、日本を反訴 捕鯨の停止要求も
「注目を集めるためのジェスチャー」
【水族館イルカ問題】逃亡のシー・シェパード創設者
「太地に大きな打撃」…妨害の成果強調「イルカ殺しやめるまで…」

2015年4月20日月曜日
逃亡中のSS創設者 ポール・ワトソン容疑者引き渡しを
日本が仏政府に要請。
フランス身柄拘束せず。日本から追い出された
シー・シェパードが国外で反日活動
 
青の部屋(第七回ゲスト:佐々木芽生さん)
 BEAMSBROADCAST 2014/08/18 に公開
音楽、本、映画、アート…
様々なカルチャーに造詣が深い青野賢一
(BEAMSクリエイ­ティブディレクター)を通して、
今気になる人たちの意外な一面を垣間見られる
トークイ­ベント「青の部屋」。
隔月で東京 馬喰町「イズマイ」にて開催しています。

第七回目のゲストは、『ハーブ&ドロシー』

2作の監督を務めた佐々木芽生さん。
お酒と­共に耳を傾けてみませんか。
【SITE】 http://www.beams.co.jp/news/detail/3343

11/1OA ハービー・山口のHerbie'sBar
  ゲスト:佐々木芽生さん(映画監督)
2012/10/31 に公開
【Herbie'sBar】11/1 OA ゲスト:佐々木芽生さん(映画監督)
北海道札幌市生まれ。1987年に渡米。
NHKのニュースディレクターやレポーターと­して活躍。
世界40ヶ国以上を飛び回りTV番組の制作に従事する。
02年に自身のプロ­ダクション「Fine Line Media」を設立。
初めて監督とプロデューサーを務めた映画
『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』が
今年6月に全米で公開され、
各地の映画祭で最優秀ドキュメ­ンタリー賞や観客賞を受賞。
日本では11/12より全国で順次公開中。
続編となる『H­erb & Dorothy 50×50』の他、
国際捕鯨論争をテーマにした作品も制作中。

0 件のコメント:

コメントを投稿