慰安婦問題について、いろんな報道: 【パロアルト市】姉妹都市である土浦市はだんまりのようです。米国有志がフレッドM山本奨学基金創設。米国西海岸カリフォルニア、中学の新校名「ヤマモト」最終候補から外す…中国系が反対、米。米国日系人は戦前から差別を受けてきました。『従軍慰安婦』を固定化する私の大学 チャンネル桜。

Translate

2018年4月5日木曜日

【パロアルト市】姉妹都市である土浦市はだんまりのようです。米国有志がフレッドM山本奨学基金創設。米国西海岸カリフォルニア、中学の新校名「ヤマモト」最終候補から外す…中国系が反対、米。米国日系人は戦前から差別を受けてきました。『従軍慰安婦』を固定化する私の大学 チャンネル桜。

司会:水島総・水野久美 ■ 水野久美・ロンドンレポート

DHC】4/5(木) 有本香×石平×居島一平【虎ノ門ニュース】
00:36:32 校名「ヤマモト」選ばれず 山本五十六を想起と中国系が反対 米

Fred M Yamamoto Scholarship Fund
Created March 30, 2018  GoFundMe
フレッド・ヤマモトは日本人アメリカ人のパロ・アルタン人で、
人種的な逆境に直面し、第二次世界大戦中に投獄されました。
 彼は平等と地域社会への献身をもって他の人々に影響を与えた
青少年指導者でした。 
装飾された兵士、彼は民主主義と正義のアメリカの理想のために
戦って行動で戦死された。

PAUSD推奨学校名諮問委員会は、PAUSDの学校区が、
この2人の中学校の新しい名前を選ぶ際に、
この驚くべき若者の感動的な遺産を考慮するよう強く勧めました。
しかし、一部の地域社会のメンバーは、
日本人海軍の(関連のない)山本帝国との
否定的な関係について懸念を表明した。 
したがって、学校の理事会は、
フレッドを称える学校を指定しないことにしました。

これは困難で苦しい問題でしたが、
共感と理解を得る機会を私たちに提供します。
アメリカの民主主義と正義への信念のメッセージ、
差別と逆境に直面した回復力、そして奉仕と地域社会への奉仕は、
私たちにとって大きなインスピレーションとなります。
 彼の家族の祝福を受けて、私たちは山本のフレッドで
控えめな奨学金を設定しています。 
2017/18学年の終わりに、私たちはフレッドの精神を
思い起こさせる市民的リーダーシップ、
インクルージョン、サービスを実演した学生(または学生)を
表彰するために寄付を使用します。 
(合計金額によっては、
奨学金を1年以上有効に保つことができます)。

私たちは、これがコミュニティの多くが一緒に集まって、
フレッドの指名を支持した人々とそれに反対した人々の努力だと
考えています。 フレッド・ヤマモトの奉仕と犠牲に触発され、
記憶を保つために働きたいと思っている人なら、ありがとう!

「悲観的でも楽観的でもなく、信仰を維持して、
人の尊厳と善良さを信じていこう」 - フレッド・ヤマモト
Fred Yamamotoの詳細については、以下を参照してください。

フレッド・ヤマモトのストーリー
https : //fredyamamososchool.wordpress.com
彼の指名を促したベルデの記事
http : //verdemagazine.com/stories-of-internment-fred-yamamoto
第二次世界大戦の日本人祖先のベテラン、
第442戦闘チームを含む:

ハート・マウンテン第二次世界大戦日系アメリカ人収容所: 

RSNレポート: 
https : //www.pausd.org/sites/default/files/pdf-faqs/attachments/RSN%20Exec%20Summary%20for%20032718%20BOE%5B1%5D_1.pdf

姉妹都市 パロアルト市 | 土浦市公式ホームページ

姉妹都市-パロアルト市 - 土浦市国際交流協会

姉妹都市及び友好都市交流事業部会からのお知らせ
中学生パロアルト派遣結団式を開催しました
土浦市の中学2年生16名を、
3月17日から27日までの11日間、
姉妹都市アメリカ・パロアルト市へ派遣します。
滞在中は、ホームステイをしながら中学校での
授業体験や市内および近郊の見学などを行う予定です。
この日は結団式を開催し、派遣生代表あいさつや
引率者あいさつのほか、土浦市長や土浦市議会議長、
土浦市国際交流協会副会長から
パロアルト市に贈られるお土産が手渡されました。

平成29年度 土浦市中学生交換交流事業
(パロアルト派遣)主な日程
①3月17日 結団式、成田出発、歓迎パーティー
②3月18日 ホストデイ
③3月19日 パロアルト市中学校訪問
④3月20日 パロアルト市中学校訪問
⑤3月21日 パロアルト市中学校訪問、スタンフォード大学見学
⑥3月22日 ヨセミテ国立公園見学
⑦3月23日 ヨセミテ国立公園見学、ファンナイト
⑧3月24日 ホストデイ
⑨3月25日 答礼パーティー、サンフランシスコ市内見学
⑩3月26日 サンフランシスコ出発
⑪3月27日 帰国、土浦帰着

パロアルト市ホームページ
DHC】3/29(木) 有本香×居島一平【虎ノ門ニュース】
01:05:27 山本五十六想起し混乱招く?校名変更で中国系反発 米
01:20:06 百田尚樹氏と生電話

 【速報】米国の中学校が「ヤマモト」に改名、
中国系住民が反発「ヒトラーと同じだ!」
  https://t.co/JWdx1S9njS
【オークランド(米カリフォルニア州)=住井亨介】
米カリフォルニア州サンフランシスコ近くの
パロアルト市の教育委員会は27日、中学校の
校名変更をめぐる投票を行った。
校名候補の1つに挙がっていた、第二次世界大戦中に
米陸軍日系人部隊で活躍した日系2世、
フレッド・ヤマモト氏(故人)の名前は選ばれなかった。

地元メディアによると、投票では、
地元シリコンバレーにゆかりのある黒人技術者と、
環境問題に取り組んだ女性市議の名前が
2校の校名として選ばれた。

同市の地区委員会が1600以上の公募案から
ヤマモト氏の名前を含む8候補を選定していたが、
ヤマモト氏の名前が
「真珠湾攻撃を指揮した
山本五十六・連合艦隊司令長官を思い起こさせ、混乱を招く」
として、中国系を中心とした一部の保護者から
反対意見が出され、市民の間で議論になっていた。

【ロサンゼルス=田原徳容】
米カリフォルニア州パロアルトの教育委員会は
27日、日系2世フレッド・ヤマモト氏(故人)の名前が
有力候補に挙がっていた中学校の新校名について、
ヤマモト氏を最終候補から外し、別の名前に決めた。

新校名を巡っては、ヤマモト氏の名前が
「真珠湾攻撃を指揮した山本五十六連合艦隊司令長官を想起させる」
と中国系保護者らが反発。
同委員会は、地域の分断回避を理由にヤマモト氏の採用を見送った。

新校名には、第2次世界大戦中に
強制収容所に入れられながらも米兵として戦った
ヤマモト氏など計8候補が挙げられていた。
中国系保護者らは、「地域に混乱を生じさせる」として、
ヤマモト氏を採用しないよう同委員会に要請。
ヤマモト氏案を支持する日系人らとの間で対立が生じていた。

2018.3.26 17:42 2 産経ニュース
「ヤマモト」は山本五十六を想起し混乱招く?
 【ロサンゼルス=住井亨介】
米カリフォルニア州サンフランシスコ近くのパロアルト市で、
中学校の校名変更にあたって候補の1つに挙がっている
日系人の名前が、「真珠湾攻撃を指揮した
山本五十六・連合艦隊司令長官を思い起こさせ、混乱を招く」
として中国系を中心とした一部の保護者から反対意見が出され、
議論になっている。

候補に挙がっているのは第2次大戦中に
米陸軍日系人部隊で活躍した
日系2世フレッド・ヤマモト氏(故人)。
地元メディアなどによると、パロアルトの高校を卒業した
フレッド・ヤマモト氏は強制収容所に送られた後に米陸軍入り。
欧州の激戦地へ投入された日系人部隊「第442連隊戦闘団」
の一員としてドイツ軍に包囲されたテキサス大隊の
救出作戦で戦死し、功績をたたえる「銀星章」を受けた。

米国では社会的功績があった人物の名前を
施設名に冠することがあり、1600以上の公募案から
同市の地区委員会がヤマモト氏の名前を含む8候補を選んだ。

19日に開かれた公聴会には30人以上の保護者らが集まり、
「アジアの歴史を思い起こしてほしい」などと
反対意見が多くを占めたという。
教育委員会には抗議のメールが100通以上届き、
インターネット上で呼びかけられている反対署名には
1300人以上が賛同した。
一方、地元メディアには
「日本では一般的な名字であるヤマモト氏の名前に
反対するのは中国系コミュニティーの一部だ。
私は日本人に会っても真珠湾を思い出さないし、
多くの米国人もそうだ」などとする意見も寄せられている。

教育委員会は27日に多数決で新校名を決める予定。

パロアルト市はシリコンバレーの北端にあたる高級住宅都市で、
米名門スタンフォード大にも近い。
【世界は今… #98】『従軍慰安婦』を固定化する私の大学
チャンネル桜 
日系人部隊 第442連隊戦闘団 ④

この動画の中で、当時、日本政府の東条英機さんや
松岡外相は、ハワイやらの日系人の集まりに
手紙や講演をし、その中で
日系二世は米国に忠誠を誓いなさいと申し渡したそうです。
米国や欧州では日露戦争で日本が勝利してから
黄禍論により日系人は差別されていまして
日本政府もたびたび米国に抗議してました。
大東亜戦争以前からです。
ルーズベルト大統領は完全に親中で
さらに日系人は迫害されました。

黄禍論(おうかろん / こうかろん、
独: Gelbe Gefahr、英語: Yellow Peril)とは、
19世紀半ばから20世紀前半にかけて
ヨーロッパ・北アメリカ・オーストラリアなどの
白人国家において現れた、黄色人種脅威論。 
人種差別の一種である。
黄禍論 - Wikipedia

0 件のコメント:

コメントを投稿