慰安婦問題について、いろんな報道: フィリピンやるじゃん!。フィリピン慰安婦像撤去、中国「静かなる侵略」を阻止した意味。ドゥテルテ「歴史上の不正義に関する記念碑というなら、 結構だ。だが(反日に?)利用するな。 比政府は他国の反感を買うつもりはない」。【まにら新聞】慰安婦像、撤去される ブルドーザー出動で 日本側圧力か、マニラ湾岸の慰安婦像が27日夜、重機で撤去された。韓国中央日報、フィリピン女性団体、「慰安婦記念碑、日本の要請すべて断れ」。ドゥテルテ大統領の本音と建前。

Translate

2018年4月28日土曜日

フィリピンやるじゃん!。フィリピン慰安婦像撤去、中国「静かなる侵略」を阻止した意味。ドゥテルテ「歴史上の不正義に関する記念碑というなら、 結構だ。だが(反日に?)利用するな。 比政府は他国の反感を買うつもりはない」。【まにら新聞】慰安婦像、撤去される ブルドーザー出動で 日本側圧力か、マニラ湾岸の慰安婦像が27日夜、重機で撤去された。韓国中央日報、フィリピン女性団体、「慰安婦記念碑、日本の要請すべて断れ」。ドゥテルテ大統領の本音と建前。

慰安婦像撤去、フィリピンの教訓 ironna
フィリピンの首都、マニラで昨年12月に建立された
慰安婦像が撤去された。日本政府の抗議を受け、
ドゥテルテ大統領が配慮して撤去を命じたという。
今回のフィリピン当局の対応に異を唱える
日本の識者もいたようだが、筋違いも甚だしい。
世界で乱立する慰安婦像は、中国による
「静かなる侵略」そのものなのだから。
2017年12月、フィリピンのマニラ湾に面した
「慰安婦像」が撤去された。2017年12月に設置されて以降、
日本政府は再三懸念を示していた。
撤去後、ドゥテルテ大統領は
「日本の償いは何年も前に始まった。侮辱するのはもうやめよう」
と述べ、公共の場への設置に反対する考えを明らかにした。

 今回は北米に置かれた慰安婦像とは違い、
大統領が行政を直接動かしたことや、日本の影響力が
相対的に高かったことが撤去を可能にしたと言えるだろう。
おそらく、一度設置された慰安婦像が撤去された
初めてのケースであろう。

 この知らせに、胸をなでおろした人も多かったに違いない。
雨後の竹の子のように建てられる慰安婦像には、
明らかに反日的な意図が込められており、
多くの日本人がウンザリしていたはずだからだ。
一方で、今回の撤去に異論を唱える識者の記事も
インターネット上で見受けられた。
代表的なのは、ジャーナリストの江川紹子氏
毎日新聞の澤田克己元ソウル支局長だろうか。
 2人の主張はおおむね同じである。
要するに「日本政府がフィリピン政府に対して、
懸念を伝達したことは筋違いだ」というのである。
その理由は、韓国とフィリピンの違いにあるという。

 例えば、ソウルの日本大使館前に建てられた慰安婦像は、
2015年末に結ばれた「日韓合意」の精神に明らかに反し、
ウィーン条約に違反するだけに、日本政府が抗議することには
正当な根拠があると指摘する。
しかし、マニラのケースは、大使館前に設置されたわけではなく、
日本軍の現地女性に対する性暴力があったことは事実であり、
「日本政府の撤去要請はご都合主義で横暴であり、
かつてのアジア女性基金の趣旨をないがしろにするものだ」
との批判を展開した。

 筆者は、慰安婦像の設置計画案に立ち向かう
在豪日本人の母親たちをシドニーでサポートするため、
4年前に非政府組織(NGO)を立ち上げたが、
たとえ設置阻止に成功しても日系住民の過酷な現実は変わらない。
そのNGOの代表として彼らの批判に一言申し上げたい。
慰安婦問題は、もはや女性の人権問題とはかけ離れた
「安全保障上の問題」と化しているのである。
だからこそ、女性の人権を隠れみのにする
「国家ぐるみの政治工作」に嫌悪と脅威を感じている。
その実態は本来、民間の市民団体の手に負えるものではない。
それでも、今回のマニラの慰安婦像を建てたのが
「華人系」と聞いてピンと来なかったら、
この問題の本質が理解できていない。

 軍事ジャーナリストのマイケル・ヨン氏が
「『手袋』が韓国で『中の手』が中国だ」と指摘した通り、
慰安婦問題の背後には中国がいる
中国は従来の「南京大虐殺」に「慰安婦問題」を
反日情報戦のネタとして加えたのである。

 昨年建てられた米サンフランシスコの慰安婦像は最たるもので、
完全に華人の主導だった。
中国は最近になって「慰安婦の総数は40万人で、
その半数は中国人だった」などと突然言い出し、
国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」
(世界記憶遺産)への登録を目指している。

 慰安婦像の設置を阻止したシドニー郊外のストラスフィールド市の
ケースでも、華人による日本の戦争犯罪を糾弾する会が
突然結成され、韓国側に呼び掛ける形で運動が始まったのである。
こんなことは工作なしには起こり得ない。
事実、筆者はこの件に工作員が活動していたことを把握している。

 しかし、像の公有地への設置に失敗すると、
華人と韓国人はお互いを非難し合って分裂してしまった。
「韓国人と組んだり、任せたりすると失敗する」と踏んだ華人が、
韓国人を当てにせず運動を世界展開しているのが現状だ。
さらに、慰安婦像を建てて「それで終わり」ということはない。
次に始めるのが、慰安婦像を使った「洗脳教育」である。
子供たちを像の前に連れて行き、
日本はこんなひどいことをした民族だと教え込むのである。

 筆者の手元に『南京虐殺とその他の日本軍の蛮行、
アジア-太平洋戦争 1931-1945』という分厚い英文教材の
1巻と2巻がある。これらは、高校の教師向けに、
いかに効果的に日本の戦争犯罪を生徒に教えるかを
指南する教材である。

 慰安婦問題に特化した教材もある。
始めは「偏見とは何か?」というような、
いかにも教育的な内容である。
だが、読み進めていくと南京事件や慰安婦制度を
ナチスのホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)と同列に格上げし、
批判することも否定することも不可能にしてしまう。
北米にはこういう教材を作成し、
学校関係者に流布することを目的とする華人組織が複数存在する。

 なぜそんなことをするのか。
それは中国の覇権にとって日本が邪魔だからである。
実はこれらの教材を読み込むと、
「米国は講和条約にも中国を含めず、
常に中国を弱体化させようとする政策をとっており、
そのために日本を利用している」という
認識を持っていることが分かる。

 だから中国は、米国の敵視政策を改めさせ、
日本との同盟を分断することを戦略的な目標としているのである。
「主戦場」は北米だが、東南アジアやオーストラリアでも、
同じようなスキームを可能な限り適用している。
当然、韓国人の「反日感情」も利用できそうなところでは使う。
あくまで慰安婦像の設置は、このような戦略的展開の
一端に過ぎないのである。
 ところで今、オーストラリアで

という本が話題になっている。
チャールズ・スタート大学のクライヴ・ハミルトン教授が、
中国がいかに合法的にオーストラリアを
実質的な属国にしようとしているかを調査、告発した本である。
その内容は衝撃的だ。

禁断の書『サイレント・インベージョン』徹底解説 奥山真司の地政学・リアリズム「アメリカ通信」

 2008年、ハミルトン教授は、
キャンベラの国会議事堂の外で、
北京五輪の聖火リレーが通過するのを待っていた。
そこで、チベットの自由を訴える小団体を、
何千人もの中国人学生が暴力で圧倒する光景を
目の当たりにしたという。
だが、オーストラリア当局は何もできなかったのである。
この光景は、まさに2008年に長野県で
日本人が目撃したものと同じであり、明らかに組織的な行為だ。
それがハミルトン教授の心に大きな疑念を抱かせた。
「台湾は中国の一部ではない」と言っただけで
台湾人女性アルバイトが解雇されたという
豪シドニーにある華人経営の火鍋店

そして2016年、中国共産党とつながりの深い
裕福な中国人ビジネスマンが、自由党と労働党という
オーストラリア二大政党に対する
最大の献金者であったことが発覚した。
そこで、水面下で何か大きなことが進行していると確信した
ハミルトン教授が調査を始めると、
驚愕(きょうがく)の事実が判明した。
オーストラリアの政策、文化、不動産、農業、大学、組合、
そして小学校に至るまで、
全て中国共産党の影響が及んでいたのである。

 オーストラリアは「経済には中国の存在が重要だ」と歓迎し、
資源バブルに浮かれている間にすっかり取り込まれてしまった。
今ではオーストラリアを最初に発見したのが、
キャプテン・クックでもアベル・タスマンでもなく、
なんと明代の武将である鄭和(ていわ)だったとまで
公然と主張されているという。

 オーストラリアの自由主義と多文化主義を逆手に取った、
中国による「静かなる侵略」が深く進行しているのである。
2005年にオーストラリアに政治亡命した
元中国シドニー総領事館の一等書記官、陳用林氏は
「オーストラリアは中国の浸透工作が最も成功した例だ」
と述べている。

 確かに、女性の人権をうたう人は、
往々にしてこの手の話が嫌いだ。
数年前、アジア女性基金を主導した元理事に
「慰安婦問題を語るには中国の活動も
視野に入れるべきではないか」と進言したら、
「あなたとは建設的な議論はできない。
あなたの言うことは出来レースだ」と
意味不明の暴言を吐
かれたことがある。
純粋に女性の人権尊重という
「美しいテーマ」を見つめていたいのか、
醜悪な国際政治の現実などはその瞳に映したくないのだろうか。
慰安婦像を建てる活動家たちは皆、純粋に女性の人権を守り、
記憶を引き継ぐために活動している、と信じたいのである。

 それなら、フィリピンも含めて、
慰安婦像はなぜ日本人の裏をかくように、
不意打ちのように建てられるのか。
これまで「こういう像を建てたいと思いますが、
決して反日ではなく、女性の人権全般に関しての
意識向上が目的です。
どうしたら民族間の対立につながらず、
平和的なものにできるか、相談させてください」と
一度たりとも申し出てきたことがあるだろうか。皆無である。

 活動家たちは、いつも後から言い訳がましく
「これは反日ではない」などと主張するが、
実際には何も知らない子供たちに
「日本人はひどい民族だから憎んでもよい」
と教えているのも同然だ。
決して「これは歴史の教訓だから、
日本人を憎んだり敵視したりしてはいけない。
これは全人類の問題だ」とは教えていない。

 だから、特に主戦場である北米では、
反日教育が浸透するにつれて、圧迫を受ける日系の子供たちが
増えている。泣いて帰って来た子供の姿に
ショックを受けた母親たちからの悲痛な訴えをつづった手紙を
筆者は何通も読んでいる。

 ある米国の中学校では、韓国系の生徒たちが
だまされて慰安婦にされた韓国人女性が逃亡を企て、
日本兵に刺殺される劇を演じ、動画にして
インターネットで公開している。
それも学内コンテストの参加作品だったという。

 念のため断っておくが、筆者は慰安婦の存在を否定したり、
東南アジアで朝鮮半島のような統制が効かずに
戦時性暴力が発生した例があることを否定しているのではない。
事実、日本人女性も実に甚大な被害を受けている。

 言うまでもなく、戦時下における女性の人権侵害は、
すべての国を含む普遍的な問題である。
だからこそ、誰も反対できないようなテーマを隠れみのにし、
政治的工作を仕掛ける勢力が存在することを見逃してはならない。
慰安婦像を支持する日本人活動家たちは、
そのような政治的工作によって被害を受ける日系の子女や
母親の人権は全く顧みない。

ジャーナリストの江川紹子氏

 それどころか、彼らは波風を立てたくない日本人が
被害届を出さないことを逆手にとって
「いじめなど都市伝説にすぎない」などと平気で主張する。
筆者にはそのメンタリティが理解できない。
しかし、被害は確実に広がっている。

 このような背景があるだけに、
日本政府がドゥテルテ大統領に懸念を表明し、
像の撤去を求めたことは当然であろう。
戦時中に被害にあった女性たちへの同情や
記憶の継承への誓いと何ら矛盾しない。
それとは全く次元が異なる問題である。

 だからといって、大使館前でなければ
像を建てても問題ない、ということにもならないし、
フィリピンの慰安婦像だけが
純粋な動機に基づいているとも言えない。
慰安婦像撤去を非難する人々は、歴史認識を利用した
「謀略戦」の矢面に立たされる日系住民の恐れと
苦悩を理解していないのだろう。
中にはストレスで病気になってしまった人も少なくない。

 そして、たとえ江川氏や澤田氏が
純粋に善意に基づいた主張をしていたとしても、
そのような主張は歴史問題を利用する勢力にとって
非常に好都合なのだ。
それは冷戦時代に西側の左派リベラル系の学者やジャーナリスト、
活動家の言動がコミンテルンをはじめとする
共産主義勢力に利用されてきた歴史と重なるからである。

慰安婦像、撤去される ブルドーザー出動で 日本側圧力か、
首都圏マニラ市の湾岸遊歩道上に昨年12月に建てられた
慰安婦像が27日夜、ショベルカ−で撤去された。
慰安婦像付近には少なくとも今週初めから
ショベルカーが置かれ
撤去の可能性がささやかれていたが現実となった。

 慰安婦像をめぐっては、昨年末から
在比日本大使館やフィリピンを訪問した
野田聖子総務相らがドゥテルテ政権に対して
重ねて「遺憾の意」を伝えていた。

 慰安婦像の存在を「日本政府の立場と相容れない」
としてきた日本側の圧力を受けて、撤去に踏み切った可能性がある。
比の慰安婦団体、女性団体などは猛反発しそうだ。

 ショベルカーが慰安婦像の近くに出現した後の今月25日、
女性団体「ガブリエラ」などは撤去を不安視して
ケソン市で緊急フォーラムを開催していた。(冨田すみれ子)

2018年01月16日10:45 にじの家
反日的行為を続ける女性団体にフィリピン人が激怒
日本とフィリピンの間に溝を作りかねないと言うことで、
「ガブリエラ」の行動にフィリピン人から
非難の声が殺到していました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。
■ お金を引き出そうとしてるんでしょ。
  日本政府はもうすでに謝罪してるのにね。 +2
■ 日本に謝罪を求める動きが世界的に広がっているような……。
  ただお金が欲しいだけってことはバレてるのになぁ……。
■ 「ガブリエラ」は共産主義者の集まりだからな! +9
■ 何回日本に謝らせれば気が済むんだろう。
  私はもう日本の誠意を十分感じてるよ。
  しかも慰安婦と呼ばれる人たちの中には、
  自分から進んで参加した人だっていたわけだし。 +2
■ ホントに、日本は何回謝らなきゃいけないんだろね。
  「ガブリエラ」は自分たちのイデオロギーのために、
  過去を利用するのをやめてくれない? +7



フィリピン女性団体が11日、
第2次大戦フィリピン慰安婦女性の「記念碑」を
撤去してほしいという日本の要請をすべて断るように
フィリピンのドゥテルテ大統領に求めたと
AP通信が11日に報じた。

報道によると女性団体ガブリエルラは同日、
ドゥテルテ大統領に日本の要請を断るように求める主張と共に
「日本皇軍によって性奴隷として連れられてきた
フィリピンの女性たちに対する日本の公式謝罪と
補償を要求しなければならない」と強調した。

先立って野田総務相は9日、
フィリピンの首都マニラを訪問して
ドゥテルテ大統領を表敬訪問した席で昨年12月、
慰安婦を象徴する女性像が設置されたことについて
「非常に残念だ」と述べ、政府間で対応を協議するよう求めた。 

12日付のオンライン媒体ラプラーなど
フィリピン現地メディアによると
フィリピン大統領官邸のロケ報道官は、
11日に「ドゥテルテ大統領が議論されている
慰安婦の銅像に対して何の措置もしないだろう」と説明した。
続けて、フィリピンと日本両国の強いきずなについて言及し
「実際にこの銅像を外交問題とは考えていない」とし、
「日本との関係がより一層強化されるだろう」と話した。

ダバオ・デス・スクワッドとは、フィリピンのダバオ市で
活動する自警団である。
彼らは、法律違反者と麻薬密売人の殺人を行っている。
ミンダナオ・タイムズ紙は2004年8月2日時点で
ドゥテルテ大統領の発言の建て前
 大統領選の時から麻薬常習犯に「降伏か死か」
「ヒトラーは300万人のユダヤ人を虐殺した。(フィリピンには)
現在300万人の麻薬中毒者がいる。私は喜んで彼らを虐殺しよう」

ドゥテルテ大統領の本音と過去の実績
南部ミンダナ島のタバオ市長を20年に渡って務めた彼は
現在と同じ手法で「タバオ・デス・スクワット」という
自警団組織によって犯罪者を超法規的措置によって激減
させた。
ドゥテルテ大統領に関するトピックスより
2016年1月30日土曜日

2016年12月21日水曜日
ドゥテルテ氏“殺人告白”に捜査求める…国連弁務官。

2016年9月8日木曜日
【東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議】

2014年7月30日水曜日
コピノ

フィリピンの宗主国であった米国の米兵こそが
フィリピン人女性慰安婦になられた方々にとって
最大の上客なのはいうまでもありません。
これは、韓国においてもそうであるようにです。
おもえば、フィリピンと日本の歴史は長く
高山右近がマニラで亡くなっていたそうですね?
いわゆるからゆきさんの渡航先の一つとして
https://ja.wikipedia.org/wiki/からゆきさん
フィリピンで日本人女性が慰安婦として働きました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ポルトガルの奴隷貿易
ポルトガル人が日本人に1543年に初めて接触したのち、
16〜17世紀を通じ、ポルトガル人が日本で日本人を
奴隷として買い付け、ポルトガル本国を含む
海外の様々な場所で売りつけるという
大規模な奴隷交易が発展した[1][2]。
多くの文献において、
日本人を奴隷にすることへの抗議とともに、
大規模な奴隷交易の存在が述べられている。
日本人の奴隷たちはヨーロッパに流れ着いた
最初の日本人であると考えられており、
1555年の教会の記録によれば、ポルトガル人は
多数の日本人の奴隷の少女を買い取り性的な目的で
ポルトガルに連れ帰っていた。とあり、
これに来日していたイエスズ会の神父らも
加担していたわけです。
南蛮貿易と日本人奴隷 〜日本人女性50人で火薬1樽〜
【CGS ねずさん 日本の歴史 7-1】
ChGrandStrategy 2016/09/16
信長の起こした宗教改革
【CGS ねずさん 日本の歴史 7-2】
ザビエルから見た戦国ニッポン
【CGS ねずさん 日本の歴史 7-4】
バテレン追放に隠された真実
【CGS ねずさん 日本の歴史 7-5】
目からウロコの日本の歴史【CGSねずさん】
ChGrandStrategy
日本人の人権を守りぬいた豊臣秀吉
hirohito suzuki 2012/08/23

米名門大学が奴隷売買を反省、イエズス会の過去の悪事バレる

日本はキリシタンを弾圧したとされてますが
これにはわけがあって、イエスズ会らの布教活動のため
資金として、奴隷商人らに
ブローカー的な動きをしていたのは
どうやら事実のようで、このことは
日本人キリシタンにとって、受け入れがたい事実でしょう。
日本において、キリスト教の布教が現在も少ないのは
このことも要因の一つとしてあると思ってます。
そこで正定事件という、慰安婦問題に絡むことが
https://ianhumondai.blogspot.jp/p/blog-page_1.html
でてくるわけで、当時、日本軍とバチカンは
バチカンが満州国を承認していたこともあり、
良好な関係ではあったものの、現在、オランダの
カソリックの団体やらがバチカンに
この犠牲となった神父らを列福して
顕彰すべきだと主張しており
この審査がバチカンでされるそうです。
バチカンはキリシタン大名である高山右近も
カトリック教会の福者にされ、異論はありませんが
私の本音をいわせてもらえば、現在のバチカンの教皇は
イエスズ会出身で、ほんとなら、教皇の言葉として
日本において、布教の際に奴隷貿易にかかわったと
認めてほしいものだと思っています。

さて、日本兵も確かに戦地において
強姦事件やらをおこし、憲兵隊に捕まった例は
あるかもしれませんね、
そこは受け留めるべきなのでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿