慰安婦問題について、いろんな報道: 釜山の徴用工像、強制撤去完了 地元自治体、作業20分。徴用工像の設置、韓国当局が阻止  釜山の日本総領事館前 対日関係を配慮。朝日新聞、釜山の日本総領事館前でもみあい「徴用工像」設置問題。日本政府・外務省はそろそろ本格的に在韓日本大使館や領事館を機能を残しつつ閉鎖することを検討し、韓国に通告すべきでは?。【朝鮮日報】釜山で徴用工像設置強行へ、 専門家は「外交的な自殺行為」 市民団体、釜山の日本総領事館前に徴用工像の設置強行へ 設置なら日本との外交摩擦は必至 警察、集会・設置の阻止へ3000人投入 専門家「過去にとらわれ過ぎ、対立招くだけ」。

Translate

2018年5月31日木曜日

釜山の徴用工像、強制撤去完了 地元自治体、作業20分。徴用工像の設置、韓国当局が阻止  釜山の日本総領事館前 対日関係を配慮。朝日新聞、釜山の日本総領事館前でもみあい「徴用工像」設置問題。日本政府・外務省はそろそろ本格的に在韓日本大使館や領事館を機能を残しつつ閉鎖することを検討し、韓国に通告すべきでは?。【朝鮮日報】釜山で徴用工像設置強行へ、 専門家は「外交的な自殺行為」 市民団体、釜山の日本総領事館前に徴用工像の設置強行へ 設置なら日本との外交摩擦は必至 警察、集会・設置の阻止へ3000人投入 専門家「過去にとらわれ過ぎ、対立招くだけ」。


2018.5.31 15:15 【歴史戦】産経ニュース
釜山の徴用工像、強制撤去完了 地元自治体、作業20分
【ソウル=名村隆寛】韓国・釜(プ)山(サン)の
日本総領事館近くの歩道上に市民団体によって
置かれたままとなっていた「徴用工像」を、
歩道を管轄する地元自治体の釜山市東区は
31日午後、強制撤去した。

 現地からの情報によると、市民団体側は付近で集会を開き、
像の撤去に強く反発、抗議した。
撤去は警官約1500人が警備に当たる中、数十分で行われた。
 市民団体は今月1日、慰安婦問題をめぐる
日韓合意の精神に反し総領事館前に設置された慰安婦像のそばに、
徴用工像を設置しようとした。
しかし、警察が阻止し、像は警察に取り囲まれる形で1カ月間、
総領事館から数十メートルの歩道上に置かれた状態が続いていた。

 韓国政府は
「関連法令と外交公館の保護に関した国際礼譲と慣行」を理由に、
設置は不適切とし、徴用工像を他の場所に移すよう促していた。
撤去に先立ち韓国政府や東区などは、
31日午前から市民団体側と協議をしていたが、決裂した。

1日、韓国・釜山、武田肇撮影

2018.5.1 22:30 【歴史戦】産経ニュース
徴用工像の設置、韓国当局が阻止
【釜山=名村隆寛】韓国・釜山(プサン)の
日本総領事館前で1日、市民団体や労働団体が、
日本の朝鮮半島統治下で「強制された」という
「徴用工」の像の設置を強行しようとしたが、
警察が阻止し、団体側は設置をいったんあきらめ解散した。

 市民団体は4月30日夜、現場への像の搬入を試みたが、
警察によって阻止された。1日も現場付近でにらみ合いを続けたが、
警官隊が像を厳重に取り囲み設置は食い止められている。
総領事館は目抜き通り沿いにあり、
団体側の怒声が響くなど一帯は騒然とした。
道路の片側車線が集会で占拠され、交通渋滞を招いた。

 像の設置について日本政府は、河野太郎外相が先月訪韓し、
康(カン)京和(ギョンファ)外相に「望ましくない」と述べ、
「不適切」との立場を伝えていた。

 韓国政府は日韓関係への影響を考え
「外交公館の保護に関した国際礼譲と慣行を考慮する必要がある」
(韓国外務省)との立場を市民団体などに伝えた。

 像は近くの歩道上に置かれたままで、
1日夜も警察が取り囲んだ。
韓国政府などは市内の歴史館などへの設置を促しているが、
団体側がこれを受け入れるかどうかは不明。
地元自治体は「(設置阻止の)権限がない」とし
韓国政府の直接対処を求めており、
「法令に従った政府の次元で必要な措置」
(韓国外務省報道官)に委ねられそうだ。

 一方、日本総領事館前には、慰安婦問題をめぐる
日韓合意の精神に反し2016年12月に設置された
慰安婦像が放置され、日本の抗議にもかかわらず、
自治体などに保護された状態だ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/在大韓民国日本国大使館
1880年:漢城に日本公使館設置[4]
1882年:壬午事変で大使館が焼き討ちされる[5]
1884年:甲申事変で焼失[6]
1910年:日韓併合条約により、大使館廃止。朝鮮総督府となる。

大韓民国時代
1965年6月22日:日韓基本条約調印
1965年6月30日:在ソウル在外事務所開設
1965年12月18日:大使館業務開始
1966年1月16日:釜山に領事館設置
1966年4月22日:領事館が総領事館に昇格
1997年1月:在済州総領事館設置
2011年12月14日:日本国大使館正面に慰安婦像を設置[8]
2012年1月8日:中国人による靖国神社・日本大使館放火事件[9][10]
2012年7月9日:在韓日本大使館トラック突入事件
2015年7月21日:建物建て替えのため、
日本国大使館および領事部は鍾路区栗谷路
ツインツリータワーへ移転[11]

韓国・日本総領事館前 「徴用工像」設置巡り衝突
(18/05/01) テレ朝
韓国・釜山の日本総領事館前の少女像撤去の様子
 警察 対 市民団体 ひといきチャンネル
2017/01/08 に公開
釜山の日本総領事館前に日本統治時代
朝鮮半島から労務動員された「徴用工」を象徴する像を
設置しようとしている問題で、4月30日夜、
市民団体が像の設置を強行しようとして警官隊に阻止された。
市民団体は設置の構えを崩しておらず、
1日午前11時現在も領事館近くの路上で
警官隊とのにらみ合いが続いている。

 市民団体は、韓国の全国民主労働組合総連盟(民主労総)の
地元支部が主導。
戦時中、日本国内の工場や炭鉱などで働かされた徴用工
謝罪と賠償を日本政府に求める一環だとして、
日本総領事館前に像の設置を予告していた。

 これに対し、日本政府は、
在外公館の安寧や威厳の維持を定めた
ウィーン条約に抵触するとして韓国政府に対応を求めていた。
韓国外交省は「像は代替地に設置することが望ましい」とする
康京和(カンギョンファ)外相名義の公文書を送ったほか、
道路管理者の東区も設置許可を出さなかった。

 警察関係者によると、市民団体は30日夜、
奇襲的に像の設置を強行しようとし、
一帯に配置されていた数百人の警官隊が阻んだ。

 1日午前10時ごろに市民団体の若者ら
約100人が再び像の設置を強行しようとし、
警官隊と激しいもみ合いになった。
ヘルメットをかぶった機動隊が投入されて
若者らを強制的に排除し、午前10時55分ごろ、
像の周りを取り囲んで移動できないようにした。
若者らは悲鳴を上げ、「親日警察は帰れ」
「日本は謝罪と賠償をせよ」といった怒号が飛び交った。
警察は市民団体に「不法集会だから解散するように」と
呼びかけているが、応じていない。

 市民団体は1日午後に像の除幕式を行う考えで、
警察は約3千人態勢で対応する。

 徴用工の賠償問題について日韓両政府は
1965年の日韓請求権協定で解決されたとしている。
釜山の日本総領事館前には2016年末、
慰安婦問題を象徴する少女像が建てられ、
日本政府は対抗措置として、大使らを一時帰国させた。
市民団体は少女像の隣に「徴用工像」を建てると主張している。
専門家は「外交的な自殺行為」
市民団体、釜山の日本総領事館前に徴用工像の設置強行へ
設置なら日本との外交摩擦は必至
警察、集会・設置の阻止へ3000人投入
専門家「過去にとらわれ過ぎ、対立招くだけ」
2018/04/30 22:10 朝鮮日報
韓国の市民団体が5月1日、釜山の日本総領事館前に、
日本による植民地時代に強制徴用された労働者を象徴する像
(以下、徴用工像)の設置を強行する構えを見せている。
徴用工像の設置を推進しているのは
全国民主労働組合総連盟(民主労総)が主導する
同団体は昨年3月に徴用工像の設置を宣言し、
募金を集めて銅像を制作した。
韓国政府は「外交問題を引き起こす」として
はっきりと反対の意を示したものの、
団体側はどこ吹く風だ。
徴用工の問題は2005年、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時
2014-03-07 12:27 シンシアリーのブログより

を通じ、既に終わった問題と結論付けられた。

これを再び持ち出して韓日の摩擦を高めようとするのは

韓国の外交的信頼度を低下させる自殺行為だとの指摘が出ている。
■外交部と釜山市は設置を認めず…市民団体は設置強行へ
 同団体はメーデーに当たる5月1日午後1時30分、
釜山市東区の日本総領事館前で記者会見を開き、
午後2時から労働者大会を開催する予定だ。
労働者大会には民主労総釜山本部の組合員5000人と
徴用工像の設置を支持する市民約1000人の
計6000人が集まる予定だという。
徴用工像は午後3時50分から設置される。

 釜山警察庁は、日本総領事館から
100メートル以内での集会やデモの実施を禁じる方針を定め、
1日には総領事館周辺に約3000人の要員を配置して
徴用工像の設置を阻止する予定だ。
しかし市民団体側は
「徴用工像を設置する敷地の選択権は釜山市民にある」
として設置を強行する構えだ。
 外交部(省に相当)、釜山市、東区は
徴用工像の設置を認めない方針だ。
過去にも設置されたケースはあったが、
領事館前への設置は今回が初めてだ。
これらの機関の関係者は4月24日、釜山で
合同会議を開くなど緊張感に包まれている。
外交部は同17日、釜山日本総領事館付近への
徴用工像の設置について
「外交公館の保護および関連する国際礼譲と
慣行の面から適切ではなく、外交問題を招く可能性が高い」
として、国立日帝強制動員歴史館(釜山市南区)など
適切な場所に設置するのが望ましいとの公文書を
釜山市、東区、民主労総釜山本部に送付した。

 釜山市も早々に、徴用工像設置に反対の立場を定め、
国立日帝強制動員歴史館内への設置を市民団体側に促した。
しかし釜山市によると
「団体側は提案に対し全く聞く耳を持たなかった」という。
 釜山市東区は最近まで「法は国民感情には勝てない。
民主労総が設置すると言うのなら、
少女像のように設置を阻止する方法はない」との立場だった。
しかし、設置強行の動きが加速すると、
一転して設置を認めない方針を示した。

■専門家ら「過去にこだわりすぎて摩擦招くだけ」
 専門家らは徴用工像設置の動きについて、
過去にとらわれ過ぎて未来を遮る行為だと指摘する。
朝鮮通信使記録物の
国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界記憶遺産登録を
韓日共同で推進した際の学術委員長だった
姜南周(カン・ナムジュ)氏は
「日本による強制徴用は忘れてはならない悪行だが、
過去にとらわれて未来のために何もできず、
対立ばかりしていては国家的に消耗するだけだ」と指摘した。
東西大日本研究センターの趙世暎(チョ・セヨン)所長は
「日本総領事館の目の前に徴用工像を設置すれば、
韓国にとって必ず外交的な負担になる」として
「韓国国民の一人として、
より合理的な案を考えなければならない」と述べた。

 釜慶大のチェ・ゴンシク教授(日語日文学部)は
「韓日間の外交問題などを考えると、
時期や設置場所について韓日両国、政府と地方自治体、
設置を進める市民団体の間で
もう少し話し合いが必要だと思われる」と指摘した。

釜山= 朴柱栄(パク・チュヨン)記者 , 
権慶勲(クォン・ギョンフン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


検索キーワード「釜山」に一致する投稿を関連性の高い順に表示

2016年12月30日金曜日
釜山市東区、日本総領事館前に再び少女像設置

2015年11月26日木曜日
鈴置高史氏、一歩踏み出した韓国の核武装論 

2014年12月19日金曜日
歴史認識がかみあわないのに、なぜ? 

2015年3月31日火曜日
【世迷い言】人身売買と我が軍への反発、18歳への責任回避論、

2015年3月6日金曜日
韓国に“最後通告” 外務省HP表現変更  

0 件のコメント:

コメントを投稿