いろんな報道: 【アイヌ新法】「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界遺産に推薦決定。【ch北海道】日本人の定義とは? 「我ら兄弟!日本列島民族」[H31/2/26]。内閣官房アイヌ総合政策室、国土交通省北海道開発局 アイヌ関連施策。ブログス、国会提出のアイヌ新法をめぐる小林よしのり ・香山リカ両氏の激しい論争の中身。田中英道「アイヌは”先住民族”ではありえない」第63回 日本国史学会 連続講演会 2019年2月9日 拓殖大学。毎日新聞、自民・青山氏発言を批判「本当のアイヌ2割」/北海道。“アイヌ新法” 法案を閣議決定。カッパえんちょーEx、2月8日、青山繁晴 ニコニコ動画 「アイヌ協会、血を引く方は2割?理解し難い!」 アイヌ協会抗議へ。 【緊急特番】アイヌ問題を問う ~丸山穂高議員に聞く[桜H31/2/14]。 【頑張れ日本全国行動委員会】1.29 日本分断解体阻止! アイヌ新法絶対反対!緊急国民行動[桜H31/2/1]。 【梅原猛】梅原 猛 (著)、アイヌは原日本人か ―新しい日本人論のために。 【HTBセレクションズ】アイヌ新法の概要 明らかに 広がる落胆の声。

Translate

2019年8月22日木曜日

【アイヌ新法】「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界遺産に推薦決定。【ch北海道】日本人の定義とは? 「我ら兄弟!日本列島民族」[H31/2/26]。内閣官房アイヌ総合政策室、国土交通省北海道開発局 アイヌ関連施策。ブログス、国会提出のアイヌ新法をめぐる小林よしのり ・香山リカ両氏の激しい論争の中身。田中英道「アイヌは”先住民族”ではありえない」第63回 日本国史学会 連続講演会 2019年2月9日 拓殖大学。毎日新聞、自民・青山氏発言を批判「本当のアイヌ2割」/北海道。“アイヌ新法” 法案を閣議決定。カッパえんちょーEx、2月8日、青山繁晴 ニコニコ動画 「アイヌ協会、血を引く方は2割?理解し難い!」 アイヌ協会抗議へ。 【緊急特番】アイヌ問題を問う ~丸山穂高議員に聞く[桜H31/2/14]。 【頑張れ日本全国行動委員会】1.29 日本分断解体阻止! アイヌ新法絶対反対!緊急国民行動[桜H31/2/1]。 【梅原猛】梅原 猛 (著)、アイヌは原日本人か ―新しい日本人論のために。 【HTBセレクションズ】アイヌ新法の概要 明らかに 広がる落胆の声。


2019/08/01 書籍紹介「北海道が危ない!」
砂澤陣著、育鵬社…アイヌ利権を永続化するアイヌ新法、
数々の不正、チュチェ思想を媒介した「沖縄との共闘」

「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界遺産に推薦決定
国の文化審議会は「北海道・北東北の縄文遺跡群」を
2021年の世界文化遺産登録に向けてユネスコに
推薦する候補に決定しました。

 北海道・北東北の縄文遺跡群は日本最大級の
縄文集落跡の三内丸山遺跡など、北海道と青森、岩手、秋田の
3県に点在する17の資産で構成されています。
30日に開かれた文化審議会の部会で、この縄文遺跡群が
2021年の世界文化遺産登録を目指す候補に選ばれました。
縄文遺跡群は去年、2020年の世界文化遺産への登録を
目指す推薦候補に選ばれましたが、
政府が1年に1枠の国内候補を絞るなかで自然遺産の
「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」
が優先されたため、2020年の推薦は見送られていました。
「北海道・北東北の縄文遺跡群」公式ホームページ
チャンネル北海道 2019/02/26
北海道 心はひとつ 私の心 みんなの心
チャンネル北海道は、正直で元気な北海道情報を
まるごとお送りしています! 
キャスター:門間ユウジ(キャスター)
      若狭 亮子(キャスター)
■今日の北海道  日本人にとってイカは重要な食文化!
不漁、不足の原因は中国!?  
高校野球の話題「札幌大谷高校が春の選抜に初出場決定!」
プロ野球の話題「札幌地下鉄東豊線の車両がファイターズ仕様に!」
■奈々の思うことあり 
◆チャンネル北海道公式HP http://ch-hokkaido.jp/

和泉晶裕 内閣官房アイヌ総合政策室室長代理

激論を交わす香山リカさんと小林よしのりさん
http://www.tsukuru.co.jp/books/2015/06/kayama-kobayashi.html


篠田博之 ブログス
2019年02月17日 11:25 2
国会提出のアイヌ新法をめぐる小林よしのり
 今の国会にアイヌ新法が提出されるとあって、
アイヌをめぐる様々な論争が再燃している。
アイヌ新法はアイヌを「先住民族」として
初めて明記するというのだが、
これに賛成反対両方の意見があるほか、
今年に入って再びアイヌへのヘイトデモと
それに対するカウンターの行動も起きており、
大きな論争になりつつある。
ただこの論争、もともとわかりにくいこともあって、
一般の関心はいまひとつだ。
ここでは月刊『創』でも行われてきた
漫画家の小林よしのりさんと精神科医の香山リカさんの
論争を紹介しながら、
何が問題になっているのか紹介しておきたい。

小林さんが『SPA!』の「ゴーマニズム宣言」で批判


 小林さんが『SPA!』の「ゴーマニズム宣言」で
「デマ拡散は最悪の罪なり」と題してこの問題を
取り上げたのは1月15・22日号だった。
きっかけになったのはライターの古谷経衡さんが
「現代ビジネス」に11月29日に書いた
「『特権デマ』は他のマイノリティへ」だった。
小林さんは、そこに書かれた自身についての記述がデマだと批判、
その記事を立憲民主党の公式ツイッターが拡散したとして
強く抗議した。
かつその中で『創』で香山さんと対談した時のことを取りあげ、
香山さんを批判した。

 続いて『SPA!』2月5日号「ゴーマニズム宣言」で
「シュマリと表現の自由」、2月12・19日号で
「アイヌ民族に関する新法案?」と題して
連続してこの問題を取り上げた。

 それに対して香山さんは、2月7日発売の『創』
3月号の連載コラム「『こころの時代』解体新書」で
「アイヌ新法の国会提出と雑音」と題して反論した。

 香山さんの反論は、ヤフーニュース雑誌に全文公開した。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190211-00010000-tsukuru-soci
アイヌ新法の国会提出と雑音(香山リカ)

 この論争については、2015年に小林さんと香山さんが
直接対面して激しく議論した内容をまとめた冊子
『対決対談!「アイヌ論争」とヘイトスピーチ』
(創出版刊。本体価格500円)を読んでいただくのが
一番よいと思う。
資料も含めて、この問題についての論点を
わかりやすくまとめたものだ。

 ここでは、その冊子の中から第1章の一部を紹介しよう。
こうした論争で当事者が直接顔を合わせて議論するという
ケースはあまり多くないのだが、これは異例のケースで、
対談現場は、まさに火花が散るといった状況だった。
私が前書きに書いた解説の一部を紹介するとこうだ。

《それぞれいまや保守派とリベラル派の代表的論客と
されているおふたりだが、一対一で対決するのは
これが初めてのことだ。

 こうして文字にしてしまうと互いに冷静に
議論しているように見えるが、実際には、
途中で声が大きくなったり、一方が席を立ちかねない
緊迫した場面が何度もあった。
そもそも対談開始早々、香山さんが
「今日は小林さんの主張を撤回してもらいたいと思って来ました。
そうしていただかないと私は帰れません」と、
いきなりの宣戦布告。対談予定時間は当初2時間だったが、
議論は尽きず、双方とも「このままでは帰れない」と、
結局、3時間以上にわたる激論となった。》

 その激しいバトルを収録した冊子の
「第1章 「アイヌ民族はいない」のか?」から引用しよう。

「アイヌ民族はいない」のか?

《香山 小林さんはブログで「『アイヌは出て行け』とか
『アイヌは死ね』とか、差別しているわけではない」、
そして「既得権益バッシングでもない」ということを
おっしゃっていますね。
差別意識はないという上で
「アイヌ民族はいない」と言っています。

 しかし厄介なのは、ご存知のように
2014年8月11日に札幌の金子快之市議(当時)が
ツイッターでこうつぶやいた。

「アイヌ民族なんて、いまはもういないんですよね。
せいぜいアイヌ系日本人が良いところですが、
利権を行使しまくっているこの不合理。
納税者に説明できません」

 それに対して質問も殺到したのですが、
金子市議はその後「アイヌは自己申告制ですからね」
「私も選挙に落ちたら、○○○になろうかな」など
(○○○とはアイヌのことですよね)、
先の発言を撤回するどころか、
むしろさらにエスカレートさせました。

 差別的発言だとして市議会からは辞職勧告がありましたが、
その後も自ら辞職はしませんでした。
同時に彼を応援するということで北海道議会の
小野寺まさる議員(当時)も
「アイヌが先住民族かどうかは非常に疑念がある。
グレーのまま政策が進んでいることに危機感を持っている」
と発言しています。

 今非常に問題なのは、ツイッターなどでアイヌに関する
いろんな言葉が飛び交っているのですが、
その中には明らかなデマ、たとえば
「アイヌは利権を得るためになりすましている」
といった話までがあちこちで語られています。》

《2014年11月には、ヘイトスピーチデモが
アイヌにも矛先を向けた。
アイヌを自認する人に対してもツイッターで
「お前もなりすましているんだろう」とか
「おいしい思いしやがって」「税金泥棒」
「帰れ」といった言葉が投げつけられています。
ヘイトスピーチがアイヌに対しても攻撃を拡大している。
そういった人たちが拠り所にしているのが、小林さんなんです。

 小林 なんでわしが(笑)。

 香山 ご本人にそのつもりはなくても、
いわゆる小林チルドレン、小林グランドチルドレンといった
ような人たちがあふれ返っています。
「従軍慰安婦」や在日朝鮮人などの問題と同じように、
日本の誇りを傷つけている原因がここにあるんじゃないか、
あるいは特権を享受して不正を働いている、
その資格もない人までがなりすましているといったような
特権妄想ですね。
そうした排外主義の対象がアイヌになっているといった印象です。

 そうした現状を鑑みると、私としては小林さんには、
「アイヌは民族である」そして「先住民族である」
ということを認めていただかない限り、今日は帰れません。

 小林 ムチャクチャなこと言うなあ(笑)。

 香山 私は今日、それを認めていただくために来ました。
そうしないとこの騒動は収まらない。

 小林 どういう話の回路なわけ?(笑)

 香山 逆に聞きたいのですが、
なぜアイヌが民族であると問題なのですか?

 もちろん日本国民であるという前提で、
なおかつアイヌ民族であり、先住民族であるということで、
何の不都合があるのでしょうか?

 小林 わしも元々はアイヌ民族っているかと思ってたのよ。
で、アイヌ協会(元ウタリ協会。2009年に名称変更)に
インタビューの依頼をしたのよ。
「誇りあるアイヌ」っていうタイトルにするつもりだから
話を聞かせてくれと。

 香山 小林さんがアイヌに関心をもったきっかけは、
2008年の「アイヌ民族を先住民族とすることを求める国会決議」
ですよね。

 小林 それよりもっと前に、中曽根康弘が
「日本は単一民族だ」と発言して、非難を受けて
発言を撤回させられている。
だから多民族国家なのかなあと思っていた。

 アイヌだという人たちがいるんだったら
その生活を見ておくべきだし、知っておかなければならないと、
わしは思ったのよ。
それでアイヌ協会に取材を依頼したんだけど……。

『わしズム』『日本のタブー』で描いたアイヌ
 香山 ちょっと確認したいのですが、『わしズム』や
『日本のタブー』によると、国会決議を受けて、
「これは特権が発生するのでは」と思って
北海道に行ったと書かれているのですが。

 小林 そういう順番で書いてた?

 香山 そうですよ。国会で満場一致で議決された。
そこで「特権が発生するのだろうか」と疑問をもって
調べるようになり、北海道に行った、となっています。

 小林 漫画は取材の後に書いているから
そう書いたのかもしれないけれど、最初の時点では
特権のことなんてわからなかったよね。
でも、国会決議をさせるということは、
「(アイヌ民族は)いる」と言うことによって、
それなりのお金が出されるわけでしょ? 
何かの予算をつけるという話になるんだろうな、と。

 香山 「いる」というか、これは
「先住民族である」ということを認めたわけですけどね。
それはさておき、国会決議に対して、
どちらかというと否定的に疑問を持たれたということですね?

 小林 それは思うね。

 香山 どうしてそう思われたんですか?

 小林 国会議員が、アイヌっているのかいないのか、
知ってるはずがない。
明確にそれを論理で説明できる人間がいるわけがない。
だから偽善だということはわかった。

 香山 でも国会決議の前年に、国連で
「先住民族の権利に関する国際連合宣言」が出されましたよね。
だから国会議員も何も知らないわけではないと思いますが、
でも小林さんとしては、ちょっとにおったわけですね?

 小林 におったね。何かおかしい、偽善っぽいなと思った。
ただ、それでもアイヌ民族がいるならば「誇りあるアイヌ」として、
国民の中で容認していく方法を考えようと思って、
アイヌ協会に取材を依頼したんだけど。
で、事前に向こうから渡されたテキストも読んで
「さあ」という時に、向こうから断ってきたんですよ。
「小林よしのりに対する不信のため」という理由で、
取材を受けないと。

 香山 私はアイヌ協会の回し者でも何でもないですが、
ひとつ私が思うのは、『ゴーマニズム宣言』や『戦争論』
などを出された小林さんが、もし私が勤めている
精神科の病院に取材に来たいとおっしゃったとしますよね。

 そしたら、ちょっと私は警戒すると思うんです。
今度は何か精神病に関する不正があるとか
書こうとしているんじゃないかな、とか。
小林さんだけでなく、これまでも先住民族のことを
熱心に研究されてきた方も一緒に来るということであれば、
「まあどうぞ」となったかもしれないですが。

 小林 アイヌ協会というのは公的な機関でしょ。
わしに対して何か疑問があったとしても、
わしを説得しなきゃだめなんじゃないの?

 香山 もちろん取材を受けた方が良かったとは思うけれど、
小林さんを警戒した、及び腰になった気持ちは、
わからなくもないです。

 小林 だったらもう、わしがどのような発言をしようと、
後で抗議して潰すということもできないよね。
あるいは本を出した時点でも、反論はできたはずだよね。

 香山 それは自分も反省しています。
今こうやって言うんだったらその時に反論していればって。

 小林 だからね、経緯をまとめるとこういうこと。
わしのスタッフの時浦君は北海道出身だけど
「アイヌの人に会ったことがあるか」と訊いたら全然ないという。
会ったこともない、見たこともない、何も知らないのに、
国会決議までされている。
これは何なんだ、だったらわしが北海道に行って取材しよう、
その結果を漫画に描こうとなるわけだよね。
ところが先方が取材を拒否したために
「これはヤバいことがあるのか」と、
当然こっちも猜疑心がわいてしまう。

 で、実際に北海道に行った。
アイヌの血が混じっているという人にも会った。
でも実際には、誰もアイヌ語はしゃべれない。
アイヌ語でものを考えているわけでもない。
親のどちらかがアイヌ系であるというだけ。
それも、ハーフやクオーターどころではない。
もっと血は薄まっていると。

 まあそれはそうだよな。アイヌの絶対数が少ないんだから、
アイヌという民族が純血で保てるわけがない。
和人との混血を重ねていけば、もう何百分の一しか
アイヌの血は残らない。それでもアイヌ民族だと言い張る。
これは一体何なんだろうと思ったわけですよ。
アイヌ民族っていうのは何なんだろうと。
「ない」と結論せざるをえない。

「民族とは何か」というそもそもの問題
 香山 経緯はわかりましたが、これはそもそも、
「民族とはなにか」という話になっていくと思うんです。

 小林 うん、そうだね。

 香山 小林さんは民族というものを、
ご著書に描かれているような、髭をたくわえて
昔ながらの真正さとでも言うのかな、昔から変わらぬ姿で
ずっと暮らしている、すごく確立された共同体で、
言葉もアイヌ語だけというようなものだけを
民族と定義されていると思うのですが。

 小林 わしはそもそも民族主義というものが嫌いなのね。
それを言い始めたら「わしは熊襲じゃない?」とか
「いや、隼人じゃない?」「朝鮮系かもしれない」
とかキリがない。で
もそれは今、全部和人に包摂されているわけでしょ?
 何で括るかといったら「国民」しかないのよ。
それなのに「自分は和人ではない、アイヌ民族だ」
と言うからには、何をもってそう言うのか?
もはや姿も違う、風習も違う、アイヌ語もしゃべれないのに。

 香山 佐藤知己氏の論文「アイヌ語の現状と復興」には、
「アイヌ語話者の正確な人数を知ることは極めて困難である」
とあります。
なぜ出てこないかというと、差別されるから
隠している方が多いんです。》

 論争はこの後も続くのだが割愛しよう。
この問題をめぐっては国会でも論戦が始まると思うので、
ぜひ『対決対談!「アイヌ論争」とヘイトスピーチ』
を読んでいただきたい。
アイヌに対する民族差別の問題、
あるいはそもそも「民族」とは何なのかという論争が、
小林さんと香山さんという、
今の日本の言論界で代表的な論客によって
激しく議論されているものだ。

Hidemichi Tanaka 2019/02/16
田中英道「アイヌは”先住民族”ではありえない」 
第63回 日本国史学会 連続講演会 平成31年2月9日
拓殖大学 ◇田中英道(東北大学名誉教授、当会代表理事)
◇主催:日本国史学会 http://kokushigaku.com 
◇田中英道ホームページ | 「美の探究者、歴史と思想を語る」 
※撮影環境に問題があり、
映像や音声に見苦しい部分がありますこと、ご了承ください。
☆アイヌ新法案 青山繁晴 ※ツイートに動画あり
18:47 - 2019年2月11日 ちぢれ麺@chidiremen11
「アイヌって『アイヌの血を引いた日本人』。
国連人権委からアイヌと沖縄県民は先住民族、
日本は虐待したんだと認めろと。
アイヌの血を引く日本人って法律で定義が無い。
北海道開拓使の事実に反する歴史を
慰安婦・応募工・南京と喧伝される恐れがあるから、
待って考えるべき」
☆アイヌ新法案② 青山繁晴 ※ツイートに動画あり
19:07 - 2019年2月11日 ちぢれ麺@chidiremen11
「平安・奈良・福岡や沖縄文化と同じようにアイヌ文化があって、
廃れて、単なる観光資源になりつつあり、
偏見を持つ人がいるのも事実だから無くしていこうって主旨は正しい。
同時にアイヌ系の日本人はこういう人だと。
まず私達の歴史を政府が見解を出さなきゃいけない」

「アイヌ協会、血を引く方は2割」

自民党の青山繁晴参院議員(比例代表)が
今月、北海道アイヌ協会(加藤忠理事長)の構成員について
「本当にアイヌの血を引く方は2割くらいしかいない」と発言し、
高橋はるみ知事は15日の記者会見で、
「誤解も甚だしい」と批判した。

 高橋氏は「事実を把握して発言すべき問題にもかかわらず、
軽々しい発言をされたのは遺憾」と不快感を示した。
同協会によると、会員の要件は(1)アイヌの系譜を持つ人
(2)その配偶者(3)アイヌの系譜を持つ人の養子、
のいずれか。戸籍を確認して認定しているという。

 青山氏は今月7日、
アイヌ民族を支援する法案に関連して発言した。【山下智恵】

2019年2月17日日曜日
【橋下徹氏】朝日新聞、大阪「出直しクロス選」へ
【討論】反日アイヌ新法の欺瞞[桜H31/2/9]。

“アイヌ新法” 法案を閣議決定
02月15日 11時06分 NHKニュース
政府は、15日の閣議で、アイヌ民族を先住民族として
初めて位置づけ、アイヌ文化を生かした地域振興策を
行うための交付金の創設などを盛り込んだ
新たな法律案を決定しました。

閣議決定された法律案では、
アイヌ民族を「先住民族」と初めて明記し、
「アイヌの人々が民族としての誇りを持って
生活することができ、その誇りが尊重される社会の実現を図る
としています。
また、国や自治体がアイヌ政策を実施していく責務を
負っているとした上で、地域の活性化を目指して
アイヌ文化を生かした事業を計画する自治体を対象に、
新たな交付金を創設することも盛り込まれています。
さらに、アイヌの人たちが独自の文化を継承するのを
後押しするため、国有林で樹木を採取したり、
川でサケを捕獲したりできるよう手続きを
簡素化し規制緩和を行うなどとしています。
政府はこの法律案をいまの国会に提出し、
早期成立を図りたいとしています。
石井国土交通大臣は15日の閣議の後の記者会見で、
「地域振興や観光振興に向けた施策を、
交付金を使って総合的に推進し、
アイヌの人々の抱える課題に応えていきたい」と述べました。

国のアイヌ政策推進会議の委員を務めた
北海道アイヌ協会の加藤忠理事長は、
法案で初めてアイヌ民族が先住民族と明記されたことについて、
「深い眠りから覚めた感じがする。
アイヌと和人が一緒に共生社会を建設する第一歩だ」と述べ、
今後アイヌ民族への理解が広がり、
先住民族としての権利が確立することにつながると
期待感を示しました。
その一方で加藤理事長は、法案に協会が
これまで求めてきたアイヌ民族個人への
生活支援などが盛り込まれていないとして、
「一歩一歩進んでいくことが大事だと思っているが、
全体の完成度は70%だ」と述べました。
 
【菅長官「課題解決に取り組む」】
菅官房長官は15日午前、閣議のあとの記者会見で、
「アイヌの方々が民族としての名誉と尊厳を保持し、
次世代に継承していくことは、多様な価値観が共生し、
活力ある共生社会を実現するために必要だ。
アイヌの人々に寄り添いながら、
未来志向のアイヌ政策という観点から
アイヌの人々の抱えている課題の解決に向けた
取り組みを着実に実施していきたい」と述べました。

(法案の正式名称は
~丸山穂高議員に聞く[桜H31/2/14]
SakuraSoTV 2019/02/14
菅官房長官の肝いりで進められるも、各方面から
「逆差別」「国民分断」の懸念が尽きない「アイヌ新法」。
ようやく国会議員間でもその危険性が認知されてきた中、
その先陣を切って2月5日の衆議院予算委員会で
この問題を取り上げた丸山穂高議員をお訪ねし、
政治家として抱く問題意識と、
今後の見通しをお聞きしていきます。
 出演:丸山穂高(衆議院議員)
・水島総(日本文化チャンネル桜代表)
丸山穂高 日本維新の会
Kazuhiko GODA 2019/02/05
アイヌ新法についての質疑部分 アイヌ協会による
不透明なアイヌ認定と、アイヌ協会による不正会計、
および憲法の定める門地血統に依る差別を行わない
法の下の平等に反するのでは?
という疑義についての国会発言
SakuraSoTV 2019/01/31
【頑張れ日本全国行動委員会】1.29 日本分断解体阻止!
アイヌ新法絶対反対!緊急国民行動1月29日に国会議事堂正門前
~衆議院第二議員議員会館前で行われた、
「1.29 日本分断解体阻止!アイヌ新法絶対反対!
緊急国民行動」の模様を
ダイジェスト版にてお送りいたします。
※チャンネル桜では、
自由且つ独立不羈の放送を守るため、
『日本文化チャンネル桜二千人委員会』
の会員を募集しております。
以下のページでご案内申し上げておりますので、
全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、
何卒宜しくお願い申し上げます。
◆チャンネル桜公式HP 
アイヌは原日本人か―新しい日本人論のために
 (小学館創造選書) 単行本 – 1982/10
梅原猛 (著), 埴原和郎 (著) Amazon
梅原 猛
【HTBセレクションズ】アイヌ新法の概要明らかに
広がる落胆の声
HTBニュース 2019/01/15
政府が3月の成立を目指す「アイヌ新法」。
年末にその概要が明らかになったが、
アイヌ民族の復権を求めてきた関係者から、
一様に落胆の声があがっている。 
生活の向上策やサケ漁の権利について訴えてきた
アイヌの男性は 
「我々の言うことを一つも反映していない」と嘆いた。 
専門家は、新法の内容は、先進国が取り組んでいる
先住民族政策と逆行していると話し、
「さらなる同化政策ではないのか」との指摘さえ出てきた。 
政府が「未来志向のアイヌ政策」を目指して検討を進める新法。
アイヌの人々は今、どのように受け止めるのか。 
(2019年1月15日 イチオシ!で放送)


https://ja.wikipedia.org/wiki/北海道異体文字
北海道異体文字(ほっかいどういたいもじ)は、
1886年(明治19年)頃に北海道で発見された文字。
アイノモジ[注釈 1]、アイヌ文字[1]とも呼ばれる[注釈 2]

手宮洞窟は,北海道小樽市手宮にある海蝕洞窟に残された
洞窟遺跡である。
1866(慶応 2)年,石工の長兵衛という人が,
偶然発見したと伝えられる。
この洞窟内部の壁面に陰刻による彫刻があり,
一躍人々の注目するところとなった。

発見以来,多くの学者がこの地を訪れ
壁面の彫刻を模写しいろいろな学説を発表している。
最初に学会に発表したのは英国人ジョン・ミルンであった。
以後,開拓使をはじめ,数多くの学者が研究を重ね,
中にはこの彫刻を「文字」として解読した研究者も出現した。

その後一時期,手宮洞窟内彫刻偽作説が流れたが,
1980 年に隣町,余市町で同種の彫刻を壁面にもつ
フゴッペ洞窟が発見されてからは,
その学術的価値が再確認され,
一層注目されることになった。
フゴッペ洞窟の壁面彫刻と比べると,
人物などの具象的な彫刻は少ないが,
その類似性からみて
続縄文文化期(約 1500 年前)の遺跡とされる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/続縄文時代
続縄文時代(ぞくじょうもんじだい)は、
北海道を中心に紀元前3世紀頃から紀元後7世紀
弥生時代から古墳時代)にかけて、
擦文文化が現れるまで続いた時代で、続縄文文化に対応する。
縄文時代から引き続くものとして山内清男により名づけられ、
実際に連続する要素は多い[1]。 
南部に恵山文化、中央部に江別文化、
その終末期(5 - 6世紀、古墳時代中期から末期)
の北大文化など、内部には
地域と時代により異なる文化が含まれる。

小樽市 :小樽市手宮洞窟保存館

トビニタイ文化(トビニタイぶんか)は、
9世紀ごろから13世紀ごろにかけて、
北海道の道東地域および国後島付近に存在した
文化様式の名称である。
1960年に東京大学の調査隊が
羅臼町飛仁帯(とびにたい)で
発見した出土物が名称の由来である。

アイヌは原日本人か
 (小学館ライブラリー) ペーパーバック
– 1993/3 Amazon
梅原 猛 (著), 埴原 和郎 (著)
内容紹介 目次
はしがき/梅原猛
一 日本人へのアプローチ
二 人類は大進化とともに小進化する
三 最新の人類学の方法と成果
四 日本人-二つの背景
五 日本人論の先達たち
六 旧石器から弥生時代の日本人
七 アイヌは原日本人である
八 アイヌ文化は日本文化の基層
九 アイヌは和人以上に日本人である
あとがき/埴原和郎
「小学館ライブラリー」版へのあとがき/埴原和郎


出版社からのコメント
自然人類学者・埴原和郎と、

アイヌ語に取り組む哲学者・梅原猛が、
壮大な仮説をもとに、
日本人の起源とその謎を徹底的に追求した
注目の対談の全記録。

アイヌは原日本人か (小学館ライブラリー)
梅原 猛,埴原 和郎 読者メーター

0 件のコメント:

コメントを投稿